豚・牛・鶏の3種のチャーシューだけじゃない。「中華そば You Lee」の“第4の肉”もスゴかった!

2018年4月27日 18:00更新

東京ウォーカー 取材・文=河合哲治郎/撮影=野中弥真人

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2018年3月3日にオープンした「中華そば You Lee」(東京・北綾瀬)。豚・牛・鶏の3種のチャーシューがのったコスパ抜群の「中華そば」がウリだが、さらにサイドメニューには“第4の肉”も存在した。

3種のチャーシューがのって750円とコスパ抜群の「中華そば 白」。「鴨丼 小」(350円)と一緒に味わいたい

3種のチャーシューがのって750円とコスパ抜群の「中華そば 白」。「鴨丼 小」(350円)と一緒に味わいたい

すべての画像を見る(6件)

中華そばのトッピング、または丼から選べる絶品鴨チャーシュー

その“第4の肉”が鴨。塩で下味を付けた鴨ロースの旨味を逃さないよう真空パックし、低温のお湯で45分かけてボイルしている。

さらに仕上げにフライパンで表面をさっと焼くことで、香ばしくジューシーに仕上げている。

【写真を見る】プリプリした食感が心地よい鴨ロースのチャーシュー。表面をこんがり焼いていて、脂はジューシー

【写真を見る】プリプリした食感が心地よい鴨ロースのチャーシュー。表面をこんがり焼いていて、脂はジューシー

「中華そば」に追加でトッピングされる「鴨そば 醤油」(980円)としても味わえるが、おすすめは「鴨丼 小」(350円)。甘辛いタレがかかったご飯の上に鴨ロース3~4枚(大きさによって異なる)がのり、卵黄、白ゴマ、刻み海苔が振りかけられている。

サイドメニューの「鴨丼 小」(350円)。柔らかでジューシーな鴨ロースと醤油ダレ&卵黄がマッチ

サイドメニューの「鴨丼 小」(350円)。柔らかでジューシーな鴨ロースと醤油ダレ&卵黄がマッチ

鴨ロース特有の柔らかな食感が楽しめ、噛むほどに広がるジューシーな脂がクセに。こってりと濃厚な味わいでご飯との相性抜群。淡麗系の中華そばのお供にもピッタリだ。

それぞれ異なる調理法で作る、豚・牛・鶏の3種のチャーシューもこだわりが満載

ノーマルの「中華そば」に3種のチャーシューがのることも、オープン当初から話題となっている。「コストはかかっていますが、自分が納得するものをお客様に味わってほしいので」という思いから、店主の林 伸浩さんが赤字覚悟で提供している。

豚チャーシューは肩ロースを2時間半かけてじっくりと低温調理。ほんのりとピンク色だが、しっかり熱が通っているので臭みは一切ない。ハムのようなしっとりとした食感が楽しめる。

豚チャーシューは肩ロースを使用。表面はややレアに見えるのが、低温調理でしっかり火が通っている

豚チャーシューは肩ロースを使用。表面はややレアに見えるのが、低温調理でしっかり火が通っている

牛チャーシューは旨味の強い外モモの部位を使用。こちらは豚チャーシューよりもやや低い温度で40分間ボイルしている。ローストビーフに似た食感で、噛むほどに赤身の旨味が増していく。

赤身の外モモの部位を使った牛チャーシュー。噛むほどに旨味が広がり、まさにローストビーフのよう

赤身の外モモの部位を使った牛チャーシュー。噛むほどに旨味が広がり、まさにローストビーフのよう

そして「実は一番こだわっている」と林さんが胸を張るのが、鶏チャーシューだ。山梨のブランド地鶏・信玄どりの胸肉をこちらも低温調理で仕上げている。その食感は驚くほど軽くてフワフワ。甘噛みするだけで口の中でスーッと溶けていく。

鶏チャーシューはブランド地鶏・信玄どりのムネ肉。そのフワフワの食感に驚かされるはず

鶏チャーシューはブランド地鶏・信玄どりのムネ肉。そのフワフワの食感に驚かされるはず

味と食感が異なる3種のチャーシューを食べ比べできる「中華そば」(白・黒各750円)。コスパ抜群の一杯を「鴨丼」と一緒に堪能しよう!

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る