高校野球連載 第16回/高校野球好きアイドル・衛藤美彩が見た兄の涙

2018年6月29日 13:33更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

“高校野球大好き”な著名人が甲子園の魅力を語るスペシャル連載「”ワタシ”が語る甲子園~100年の熱狂ストーリー~」。情報誌「関西ウォーカー」と連動してスタートしたWEB版連載では、誌面に掲載しきれなかった未公開トークを含むスペシャル版を前後編で掲載。

連載第16回目は、“日本一カワイイ高校野球ファン”との呼び声も高い、乃木坂46の衛藤美彩さんのインタビュー(前編)をお届け!

球児だったお兄さんの話や、高校野球の魅力を語ってくれた衛藤美彩さん


兄の影響でハマった高校野球!甲子園に手が届かず号泣する姿に感動


—衛藤さんが野球をよく見るようになったのはいつごろですか?

衛藤「兄が子供のころからずっと野球をやっていて、父と弟も野球好きという野球一家で育ちました。大分県出身なので、ダイエー時代から隣の福岡県までホークスの応援に家族全員で出かけることもよくありました。その流れで、兄が高校球児になると、私も高校野球を見るようになったんです」

—お兄さんの野球の腕前は?

衛藤「県内の強豪校に野球推薦で入学して、1年生からレギュラーをまかされていました。甲子園出場には残念ながら手が届きませんでしたが、試合がある日は当時中学生だった私も母と一緒に兄のためにおにぎりを作って、球場まで応援に駆けつけたこともありました。まあ、最初は、おにぎり作りは母にやらされていた感はあったんですが(笑)、兄が高校3年生になると、『もう何回かしか作ってあげられないんだ』と、ちょっと寂しく思ったこともありましたね」

「練習日や試合日は、母を手伝い兄のおにぎりを握りました。最初は面倒でしたけど徐々に気持ちがこもりました」


—印象深い試合など、お兄さんのプレーで思い出すことは?

衛藤「兄はいつもポーカーフェースで、試合中は笑うこともなく、感情を表に出さない人なんです。『もっとガッツポーズとかすればいいのに』とよく思っていました。でも、大分県大会の高校最後の試合は、兄の打席でゲームセットになって敗れてしまったのですが、その時ばかりは兄も崩れ落ちて号泣して…。チームメイトや監督さんが抱きかかえないと動けないほどでした。あのポーカーフェースの兄が…と驚いたし、私も一緒に号泣しちゃいました。『男の人もあんなに泣くんだ』とビックリしたのを覚えています」

—それくらい本気で野球と向き合っていたんですね。

衛藤「それもあると思いますが、実はその年、兄の幼なじみの選手が甲子園に出場していたんです。千葉県代表の成田高校で、唐川侑己投手(現千葉ロッテ)とバッテリーを組んでいた西田和也選手なのですが、小学生のころは大分県に住んでいて、私たちとは家族ぐるみの付き合いがありました。そんな西田選手が千葉県に引っ越すことになって、兄は『お前がいない中学で野球を続けても意味がないから』と、学校の野球部には入らずにリトルシニアでプレーすることになり、西田選手とは『甲子園で会おう』と約束していたみたいなんです。甲子園の大会が終わったあと、西田選手から甲子園の土が届いて、兄に見せてもらったのはいい思い出です。『ちょっとちょうだい』と言ったら、『ダメ!』って言われましたけど(笑)」

衛藤さんが見た、魅力的な選手たち


「兄がショートだったこともあり、試合ではついついショートの守備に見とれがちです」とのこと


—お兄さん以外で、思い出深い選手はいますか?

衛藤「兄がリトルリーグのころ、中田 翔選手(現日本ハム)と対戦をしたことがあって、私もその試合を見ているんです。高校以前の中田選手を知っているのは、かなり貴重なんじゃないかなと。夏の甲子園で一番夢中になって見たのは、私が中学2年生だった2006年、駒大苫小牧の田中将大選手(現ヤンキース)と、早稲田実業の斎藤佑樹選手(現日本ハム)による『延長引き分け再試合の決勝』という熱戦があった年ですね。あの年は、今プロ野球を支えている選手たちが大勢出ていて、すごい大会だったなぁと改めて思います」

—地元、大分県の選手では?

衛藤「私が高校1年生のとき、大分県の代表として甲子園に出場したのが明豊高校3年生だった今宮健太選手(現ソフトバンク)。『今年の明豊はスゴイ!』と聞いて、球場まで見に行ったこともありました。あと、高校時代を見ているわけではないのですが、大分県出身の内川聖一選手(現ソフトバンク)のお父様が私の学校の先生だった縁もあって、内川選手を何度か見かけたことがあります。野球部の選手たちも『今日、内川選手来るみたい』と小声で囁きあっていて、野次馬がすごかったですね。今も、大分の学校はもちろん、ほかの九州勢の活躍も応援しています。九州勢同士の試合があると、見るのがツラいときもあるんですが、皆さん、頑張って欲しいです」



〈今回の語り部〉

衛藤美彩(乃木坂46)/1993年1月4日生まれ。大分県出身。乃木坂46の1期生としてマルチに活躍。18年4月より「プロ野球ニュース」(フジテレビONE)の月曜日担当キャスターに就任した

オグマナオト、トライワークス

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る