ハワイ生まれのバナナを使ったヘルシーなソフトクリームが日本初出店

2018年11月29日 17:53更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

バナナの自然な味と香りが口元に広がり、食べ応えもあるバナナソフトクリームの常設店が日本初登場!
(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

全ての画像を見る(8件)

ハワイで人気のバナナソフトクリーム店「バナン」が2018年8月17日、そごう横浜店に進出!バナンとはフランス語でバナナの意味で、同店のソフトクリームは砂糖、乳製品を用いず、バナナのみで作っている。バナナソフトクリームにフルーツやトッピングが満載の看板メニュー「The Original」(1,001円)や、フレッシュのパパイヤを器に見立てて、豪快にバナナソフトクリームをのせた「Papaya Boat」(1,620円)などメニューは5種。また、「フリーズドライ小豆」など追加できるトッピング(101円~)も豊富にある。

ポイント1:砂糖、乳製品を用いず、バナナのみで作るソフトクリーム

【写真を見る】「The Original」(1,001円)は、バナナソフトクリームにパパイヤ、キヌアパフなどをトッピング(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

主役となるソフトクリームは、砂糖、乳製品を使わずに、バナナ約2.5本のみで作ってるのが特徴。食べるとじわりとバナナ本来の味わいが際立ち、しつこい甘さやあと味のくどさはなくさっぱりと食べられる。バナナのみなので体にもヘルシーだ。

注文してから1つずつ目の前で作ってくれる(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

ポイント2:豊富なトッピングからチョイスしてカスタマイズ!

好きなトッピングを加えて、自分のオリジナルを作ろう!(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

「フリーズドライ小豆」「パパイヤ」「キヌアパフ」「ココナッツ」「はちみつ」「ゆず」など、トッピングは20種近く(101円~)もある。通常のメニューに好きなトッピングをプラスし、自分好みの味にアレンジしよう!

日本限定の「BLocals Only」(1,001円)は、抹茶やフリーズドライ小豆などをオン(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

ポイント3:生まれ変わったビューティフロアに登場

化粧品などを販売するビューティーフロアの一角にオープン(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

店舗は、2018年8月17日にリニューアルオープンした「そごう横浜店」1階のビューティーフロアの一角にオープン。鮮やかなイエローとグリーンに囲まれ、ナチュラルな雰囲気を演出している。スタンディングで利用できるイートインスペースで食べよう。

スタンディング用のテーブルがある。SNS用に写真撮影する人も多数(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

取材担当・Qの感想

生のパパイヤの上にバナナソフトクリームなどをのせた「Papaya Boat」(1,620円)(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

バナナのみで作ったアイスクリームと聞いて、どんな味わいか興味津々でした。食べると、くどい甘さはなく、バナナ本来の旨味が引き立ち、凍らせたバナナのデザートを食べている感じでした。食べ応えもあり、食事の代わりなるほどのボリューム!ローカロリーなのも魅力です。

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る