2月末まで多良駅に特急列車が停車!冬の味覚と銘酒を求めて、鉄道とバスで旅する佐賀県太良&鹿島

2019年1月22日 19:10更新

九州ウォーカー 冨永陽子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

カキ小屋発祥の地といわれている佐賀県太良町まで博多駅発の特急「かもめ」で約70分。列車なら車よりも約40分移動時間を短縮できる!「たらカキ焼海道」を歩きながら自分だけのお気に入りのカキ小屋を探してみては?おなかが満たされたら電車に揺られ県内一の酒どころ鹿島へ。酒蔵を巡り、ほろ酔い気分で旅しましょ。

一度食べればヤミツキ!カキのチーズフォンデュ

農産物や有明海で水揚げされた魚介など、“太良の旬”が集まる「道の駅 太良 直売所 たらふく館」。ミカンの登録生産者数は100人を超え、1、2月は約25品種が並ぶ。隣接の「御食事処 漁師の館」では、“スペイン生まれ太良育ち”のみかん「クレメンティン」を使ったカキのチーズフォンデュが味わえる。[道の駅太良前バス停すぐ]

「御食事処 漁師の館」のカキのチーズフォンデュ(500円、カキは別途1カゴ1000円)。白ワインでじっくりと煮込んだクレメンティンの皮が味のアクセントに

全ての画像を見る(19件)

道の駅オリジナル商品「クレメンティンパイ」(6個入り600円)はみやげに人気

特産品を販売する「直売所 たらふく館」

国道207号沿いに位置

[道の駅 太良 直売所 たらふく館/御食事処 漁師の館]佐賀県藤津郡太良町伊福甲3488-2 / 0954-67-9117(たらふく館)、0954-67-2808(漁師の館) / 9:00〜18:00、漁師の館〜17:00 / 無休

2018年のニューフェイス!かき焼き 肥前屋

地元食材と、九州ではなかなかお目にかかれない北海道の名産を共に楽しめる複合施設。物産館で購入した北海道産の毛ガニやホッケを竹崎カキ、竹崎カニと一緒にBBQで焼いて食べられる、魚介好きにはたまらない一軒だ。敷地内のベーカリーでは、太良町産のゴールドキウイを使ったソフトクリームを販売。[野上バス停より徒歩約2分]

竹崎カキ(1カゴ1000円)、竹崎カニ(700円〜)はハイボールや生ビールともよく合う。電車&バスで行けば、運転手だけお酒が飲めない!なんて心配も不要だ

108円均一のベーカリーや、うどん店も併設する

[かき焼き 肥前屋]佐賀県藤津郡太良町大浦丁 / 0954-68-8777 / カキ小屋11:00〜18:00、 物産館・ベーカリー 9:00〜、うどん店〜19:00 / 火曜休み

酒米を使った菓子など個性豊かな商品が充実

2017年にリニューアルした峰松酒造場の「観光酒蔵 肥前屋」。オリジナルの菓子や食べ歩きができる「浜宿ミンチ天」などを販売する新館が登場した。試飲コーナーでは約30品を飲み比べできるのがうれしい。 酒米の米ぬかで作ったバウムクーヘン「肥前屋バウム」(1/4カット380円)はおみやげにぜひ。[肥前浜駅より徒歩約7分]

鉄道旅の醍醐味といえば、やっぱりお酒! ズラリと並べられた試飲ボトルを飲み比べ

酒米の米ぬかを練り込んだ「肥前屋バウム」(1/4カット380円)。外はカリッ、 中はもっちり

食用米を使った特別限定酒「龍の瞳」(1620円)。こちらも試飲OK

自社製品に加え、佐賀の芋焼酎などもそろう

酒蔵見学ができる本館。菓子の購入は隣接する新館へ

[峰松酒造場(観光酒蔵 肥前屋)]佐賀県鹿島市浜町乙2761-2 / 0954-63-2468 / 9:30~最終入館16:30 / 無休

人気の梅酒や純米大吟醸も試飲OK!

日本酒仕込みの梅酒、糖類無添加の甘酒など、女性ファンも多い観光酒蔵「幸姫酒造」。一日1000個の売上を記録した「地酒ソフトクリーム」(350円)は冬場も変わらずの人気ぶり。今なら数量限定の「純米酒 幸姫しぼりたて生原酒」(1400円)を購入できるチャンス![肥前浜駅より徒歩約15分]

梅酒や甘酒の試飲もできるので、お気に入りの1本を探してみて

看板商品の純米大吟醸「幸姫」(2700円)

酒蔵見学はスタッフがアテンドしてくれる

地酒に加え、酒粕をふんだんに使用した奈良漬やわさび漬けなども販売する

「日本酒の消費を盛り上げたい」と観光酒蔵として開放

[幸姫酒造]佐賀県鹿島市古枝甲599 / 0954-63-3708 / 9:00~17:00、酒蔵見学は最終受付16:00 / 無休

佐賀MAP

■アクセス情報

2019年2月28日(木)までJR多良駅に特急列車が停車(1日2便)

JR博多駅から特急「かもめ」に乗車し、JR多良駅 まで約70分(乗車料金大人2750円)。JR多良駅から祐徳バスに乗車し、各スポットへ

この記事の画像一覧(全19枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る