2021年以降オープンの新施設まとめ

2019年2月16日 8:05更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川県内で再開発ラッシュ!これから5年で横浜中心地エリアを筆頭に多彩な施設が登場する。そのなかから、今回は横浜市内に2021年以降オープンする施設や、駅周辺の再開発エリアをピックアップして紹介。※紹介している情報は2019年1月10日現在の情報です

「神奈川大学みなとみらいキャンパス」(みなとみらい・2021年4月OPEN)

「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の完成イメージ

「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の完成イメージ

すべての画像を見る(7件)

工事用囲いに描かれたイラストがSNS映えすると話題の神奈川大学の新キャンパス。ハラルフードなど多国籍な料理を味わえる学食や市民向け公開講座なども行う予定だ。

「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」(新高島・2022年OPEN)

【写真を見る】「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」の完成イメージ

【写真を見る】「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」の完成イメージ

LGホールディングス・ジャパンが手がける研究所。低層部には、エンターテインメント施設や体験型施設など、一般利用もできるフロアが設置される予定になっている。

「関東学院大学横浜・関内キャンパス」(関内・2022年4月OPEN)

「関東学院大学横浜・関内キャンパス」の完成イメージ

「関東学院大学横浜・関内キャンパス」の完成イメージ

法学部、経営学部、人間共生学部が金沢八景から移転。企業、自治体、市民に開かれた教育プログラムを設置するほか、ブックカフェ、ホール、ギャラリーなどを市民に開放する。

「横浜文化体育館(メインアリーナ)」(関内・2024年OPEN)

「横浜文化体育館(メインアリーナ)」の完成イメージ

「横浜文化体育館(メインアリーナ)」の完成イメージ梓設計・アーキボックス・大成建設 設計共同企業体

現横浜文化体育館の建て替えで誕生する。スポーツやコンサート会場として活用し、ホテルも設置。ひと足早く2020年7月には隣接して「横浜武道館(サブアリーナ)」もできる。

駅周辺の再開発も!

県内各所で次々と計画されている再開発。新しい施設の誕生に期待大!

再開発される瀬谷駅周辺の完成イメージ

再開発される瀬谷駅周辺の完成イメージ

瀬谷駅南口を再開発。1~2階に商業施設が入る10階建てのマンションをはじめ、3~4階には区民文化センターを設置する。2021年OPEN。

「ザ・パークハウス 本厚木タワー」の完成イメージ

「ザ・パークハウス 本厚木タワー」の完成イメージ

本厚木駅南口には「ザ・パークハウス 本厚木タワー」という22階建てのビルができる。店舗なども入るほか、駅前広場ペデストリアンデッキで結ばれる。2021年OPEN。

再開発される川崎駅西口のイメージ

再開発される川崎駅西口のイメージ

川崎駅西口には、川崎エリア最大級のオフィスフロアや飲食店のほか、子育て支援施設も登場。2020年春には「ホテルメトロポリタン川崎(仮称)」が先行開業。2021年春OPEN。

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る