素材のよさを生かした料理が豊富!気さくなスペインバル「Hablamos」

2019年5月23日 12:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

手ごろさ、素材の良さが魅力「Hablamos」

京都・五条のスペインバル「サントレス」の姉妹店「Hablamos」が京都駅エリアに。京都産の野菜や、新鮮な魚介を使用したタパスやパエリアなどが味わえる。スペイン産ワインや日本酒など、ドリンクも充実。<※情報は関西ウォーカー(2019年5月21日発売号)より>

イベリコ豚と九条ネギのパエリアM(手前・2678円)、ラムチョップフライ(中右・1本734円)、巨大マッシュルームのアヒージョ(奥・1274円)/Hablamos

イベリコ豚と九条ネギのパエリアM(手前・2678円)、ラムチョップフライ(中右・1本734円)、巨大マッシュルームのアヒージョ(奥・1274円)/Hablamos

すべての画像を見る(3件)

九条ねぎがのったパエリアは、Lサイズ(3596円)も。セモリナ粉とスパイスで揚げたラムチョップやアヒージョも人気。

【写真を見る】3種の貝が楽しめる、壺で貝蒸しプレーンM(2354円)。最後にご飯を入れる〆ロッソ(378円)もおすすめ/Hablamos

【写真を見る】3種の貝が楽しめる、壺で貝蒸しプレーンM(2354円)。最後にご飯を入れる〆ロッソ(378円)もおすすめ/Hablamos

中央アジアのアンティーク建具や、カウンターテーブルのタイルがおしゃれな雰囲気。カウンター席やテーブル席のほか、テラス席も)/Hablamos

中央アジアのアンティーク建具や、カウンターテーブルのタイルがおしゃれな雰囲気。カウンター席やテーブル席のほか、テラス席も)/Hablamos

「店名は、スペイン語で“話す”という意味。お話が弾む楽しい空間を目指しています! 料理やお酒でわからないことがあれば、お気軽に!」とスタッフのぐっさん。

■お店DATA/個室:なし 飲み放題:あり クレジット:可 コース:あり 予算:3500円

■Hablamos<住所:京都市南区東九条北烏丸町6-6 電話:050-3187-3833 時間:17:30~24:00(LOフード23:00、ドリンク23:30) 休み:火曜 席数:40席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:隠せん京都駅より徒歩5分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る