味噌味の中華そば!?新感覚なのに懐かしい、名古屋の老舗の味が人気!

2019年6月5日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

創業63年以来、そばやうどん、きしめんをはじめ、ひやむぎや中華そばにいたるまで、自家製麺を守り抜く老舗「うどんのいなや」(名古屋市千種区)。今回は、そんな同店の魅力と人気メニューをご紹介する。

店舗は移転したが、変わらぬ味を守り続けている

店舗は移転したが、変わらぬ味を守り続けている

すべての画像を見る(4件)

「うどんのいなや」では、麺を一度茹でたあと冷水で締め、再度温めることで独特の食感を生み出している。ムロアジを主体とした数種類の魚介節を使う黄金色のダシも店の命。現在は、それらをすべて先代の孫が引き継いでいる。

慣れた手つきで麺を茹でる3代目の中村俊介さん

慣れた手つきで麺を茹でる3代目の中村俊介さん

豊富なメニューのなかでも、常連さんがついつい注文してしまうという人気メニューが「みそ中華」(510円)。ダシを効かせた中華そばのスープに、赤味噌ベースの特製ダレをブレンド。味噌煮込みと中華そばのいいとこ取りをしたような新感覚の一杯だ。

【写真を見る】「みそ中華」(510円)。和風ダシと赤味噌との組み合わせは、多くの名古屋人の好きな味だろう

【写真を見る】「みそ中華」(510円)。和風ダシと赤味噌との組み合わせは、多くの名古屋人の好きな味だろう

常連客の間では、「カレー中華」(570円)も人気メニューの1つ。さらに、麺(100円)、かけ汁(160円)、鍋セット(450円)などがテイクアウトできるのもうれしい。「うどんのいなや」で、新しいけれど懐かしい、不思議なメニューを味わってみよう!

■うどんのいなや / 住所:愛知県名古屋市千種区自由ケ丘3-2-27 自由ヶ丘プラザ102 / 電話:052-762-0178 / 時間:10:30~19:00、祝 ~16:00(LO15:50) / 休み:日曜

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る