斬新な組み合わせが光る!アイデア豊富な野菜酒場「野菜酒場 あしおと」

2019年9月3日 8:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都の人気居酒屋グループ「五十家コーポレーション」出身の店主による一軒家酒場が登場。京都・宇治産の新鮮な野菜を使った多彩な創作メニューがそろうほか、野菜やフルーツのサワーも充実。<※情報は関西ウォーカー(2019年18号)より>

京都・烏丸に一軒家酒場が登場「野菜酒場 あしおと」

アボカドとこぼれいくらのタルタル最中(2ヶ・950円・手前)、万願寺唐辛子と海老ちゃん天ぷら(4ヶ・850円・奥左)、蜂蜜漬けトマト(650円・奥右)/野菜酒場 あしおと

アボカドとこぼれいくらのタルタル最中(2ヶ・950円・手前)、万願寺唐辛子と海老ちゃん天ぷら(4ヶ・850円・奥左)、蜂蜜漬けトマト(650円・奥右)/野菜酒場 あしおと

すべての画像を見る(3件)

最中の皮とアボカドのタルタル、イクラの組み合わせが斬新。万願寺唐辛子にエビとつくねをはさんだ天ぷらも美味。

【写真を見る】煮アナゴの天ぷらを1匹丸ごと混ぜ込んだごぼうと揚げアナゴの土鍋ご飯(1800円)。最後はダシをかけて/野菜酒場 あしおと

【写真を見る】煮アナゴの天ぷらを1匹丸ごと混ぜ込んだごぼうと揚げアナゴの土鍋ご飯(1800円)。最後はダシをかけて/野菜酒場 あしおと

「野菜酒場と名乗るだけあって、見慣れない季節野菜が並んでいることも。シンプルな焼き野菜(400円~)やサラダだけではなく、肉や魚介などとの意外な組み合わせが楽しめる料理がそろっています。見た目や食べ方にアイデアが詰まっていて、運ばれてくるたびに歓声をあげてしまいました! 気さくな接客も好感度大」(ライター・油井)

路地にたたずむ京町家をリノベートした店内。1階のカウンター席には、ずらりと旬の野菜が並ぶ。2階は吹き抜けが心地いいテーブル席/野菜酒場 あしおと

路地にたたずむ京町家をリノベートした店内。1階のカウンター席には、ずらりと旬の野菜が並ぶ。2階は吹き抜けが心地いいテーブル席/野菜酒場 あしおと

「丸ごと入ったトマトを崩して味わう蜂蜜漬けトマトなど、野菜や果物そのものを味わえるサワーはぜひ。自然派ワイン(グラス・650円~)も人気です」とスタッフのなみぞーさん。

■お店DATA/個室:なし 飲み放題:あり クレジット:可 コース:あり 予算:4000円

■野菜酒場 あしおと<住所:京都市下京区堺町通綾小路下ル永原町153-14 電話:075-371-8717 時間:17:30~24:00 休み:水曜 席数:31席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急烏丸駅、地下鉄四条駅より徒歩5分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る