名古屋の人気ラーメン店「愛ごや」の新展開!本誌だけに明かす最新情報をスクープ!!

2019年11月3日 08:15更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東海ウォーカーで毎月ラーメン店を取材しているチームだからこそわかる、ラーメン界のトレンドをお届け。今回は、人気ラーメン店「愛ごや」の驚きのニュースの真相を、名コンビとして名を馳せてきた師弟に直撃した。「愛ごや」移転!?跡地に新店がオープン!?気になる新展開を見逃すな!

「らぅめん 愛ごや」移転後の新作とは…?


「らぅめん 愛ごや」は2019年11月初旬、愛知県名古屋市から刈谷市に移転する。移転を機にメニューを一新。看板メニューだった「金嘉そば」「汁なし金嘉そば」をやめ、今までの経験を発展させた豚骨、限定で人気を博した醤油、ゼロから作る新メニューの塩を用意する。ラーメン+αの定食メニューも登場!

「営業時間をしっかり守れるよう目標は1日150杯!ラーメン用とうどん用、2つの製麺機があるので、超多加水麺にも挑戦したいです」と店主の小池さん / らぅめん 愛ごや


【写真を見る】透明感のあるスープに熟成した塩の旨味がよく合う!「熟成塩ダレの出汁麺」(782円) / らぅめん 愛ごや


注目の新作は「熟成塩ダレの出汁麺」(782円)。スープは水出しにすることで繊細かつまろやかな仕上がりに。1週間寝かせて旨味を増大させた熟成塩ダレも加わった、滋味豊かな一杯だ。

■らぅめん 愛ごや / 住所:愛知県刈谷市井ケ谷町青木31 / 電話:0566-95-3955 ※オープンまでは不通 / 時間:11:00~14:00、18:00~22:00 ※スープがなくなり次第終了 / 休み:月曜

弟子の店「えびそば 緋彩(ひいろ)」がオープン!圧倒的なエビの存在感に注目!!


「愛ごや」に弟子入りして経験を積んだ佐野さんが、1年半の修業期間を経て「えびそば 緋彩(ひいろ)」(名古屋市瑞穂区)を、2019年11月6日(水)にオープン予定。店舗を引き継ぎ、テーブル席を新設するなど改装を計画している。メニューは、エビを使いつつ多彩なバリエーションに挑戦。麺はもちろん自家製麺!

仕上げに使用する自家製の甘エビ油は、透明感のある鮮やかな緋色 / えびそば 緋彩


甘エビの頭や殻も使用した豚鶏白湯と、魚介節と甘エビから抽出した和ダシのダブルスープ / えびそば 緋彩


こだわりは、甘エビの頭や殻も使用した豚鶏白湯と、魚介節と甘エビから抽出した和ダシのダブルスープ。泡立てるとエビの香りや味が一層膨らむ。また、仕上げに使用する自家製の甘エビ油は、透明感のある鮮やかな緋色。これを加えてラーメンを緋色に彩ることが、店名の由来になった。

圧倒的なエビの存在感!麺にはもち大麦を配合した「濃厚えびそば」(税込 900円) / えびそば 緋彩


なかでもイチオシなのが「濃厚えびそば」(税込 900円)。豚骨には店主の故郷である山梨県のブランド豚、甲州富士桜ポークを使用。麺は豊橋産もち大麦を配合したモチモチの多加水麺だ。

澄んだスープの中に、強烈なエビの香りを感じられる「えびそば」(税込 860円) / えびそば 緋彩


「えびそば」(税込 860円)は、澄んだスープの中に強烈なエビの香りを感じられるように調整。タレには魚醤を使用し、少しクセのあるほかにない仕上がりを目指しているそう。

「未経験からこの業界に飛び込みました。ダシの取り方、製麺技術のほか、卵黄を使ったタレや美しい泡系スープも師匠直伝です!」と店主の佐野さん / えびそば 緋彩


■えびそば 緋彩 / 住所:愛知県名古屋市瑞穂区明前町13-19 堀田グリーンハイツ / 電話、時間、休み:未定

東海ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る