東海唯一の一つ星ラーメンの魂がよみがえる!?あの味を継承・昇華する新店に注目!

2019年10月31日 8:00更新

東海ウォーカー 丹羽由芽

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年最も大きな話題をさらったラーメン店「ガチ麺道場」。ミシュランガイドでは全国で4店舗目となる一つ星ラーメン店となり、東海、ひいては全国のラーメン界を震わせた。しかし同店は2019年9月に閉店。秋以降に新業態の店をオープン予定だが、“ガチ麺道場ロス”の人も多いだろう。そこで今回は同店のDNAを受け継ぐ、注目店を紹介する。

店主はラーメン店を始める前から焼鳥店「Bird House」を経営。2019年1月のオープン時にスープの取り方や製麺技術を「ガチ麺道場」から受け継いだ / 侍麺

店主はラーメン店を始める前から焼鳥店「Bird House」を経営。2019年1月のオープン時にスープの取り方や製麺技術を「ガチ麺道場」から受け継いだ / 侍麺

名店の技を継承!

「侍麺(サムライヌードル)」(愛知県豊川市)は2019年1月に豊川稲荷駅前にオープンし、6月に諏訪駅付近に移転。店主がもともと夜に経営していた焼鳥店「Bird House」の昼営業として再スタートを切った。さらに移転を機にメニューを一新!スープの取り方や製麺技術を「ガチ麺道場」から受け継いだ。独自路線を突き進む、注目のラーメンの味は…?

店内は土足禁止。昼は座敷や個室は使用せず、ラーメン店のために改造したカウンター席のみ / 侍麺

店内は土足禁止。昼は座敷や個室は使用せず、ラーメン店のために改造したカウンター席のみ / 侍麺

アオサの風味を生かしたつけ麺など、新作をチェック!

看板メニューの鶏白湯(パイタン)つけ麺をバージョンアップした「鶏白湯の磯の汐」(税込 950円)。新たに加えたアオサの風味を生かすため、つけ汁は泡立てずにバランスを調整した。自家製麺は、小麦の香りをしっかりと感じられる。

【写真を見る】アオサの風味を生かした新作つけ麺をチェック!「鶏白湯の磯の汐」(税込 950円) / 侍麺

【写真を見る】アオサの風味を生かした新作つけ麺をチェック!「鶏白湯の磯の汐」(税込 950円) / 侍麺

「鶏泡白湯」(税込 900円)の三河赤鶏の優しい旨味を生かしたスープは、濃厚でも飲み干せるように意識。ツルツルモチモチの平打ちストレート麺との相性も抜群。

鮮やかなトッピングが目をひく「鶏泡白湯」(税込 900円) / 侍麺

鮮やかなトッピングが目をひく「鶏泡白湯」(税込 900円) / 侍麺

すべての画像を見る(6件)

1日20~25食で営業終了なので、気になる人は早めに訪れよう!

■侍麺 / 住所:愛知県豊川市諏訪3-88 / 電話:0533-74-5260 / 時間:11:00~14:00※売切れ次第終了、夜は「Bird House」として17:00~23:00(LO 22:30) / 休み:日曜・祝日(夜は月曜営業)

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る