光が織りなす銀河の世界!静岡県御殿場市で「ひかりのすみか」開催中

2019年11月12日 19:23更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

静岡県御殿場市にある、宿泊・温泉・食事・スポーツ・アクティビティなどの“癒し&遊び”が集結した御殿場高原のリゾート施設「御殿場高原 時之栖(ときのすみか)」。2020年3月15日(日)まで、大人気のイルミネーションイベント「時之栖イルミネーション 2019-2020 ~ひかりのすみか~」が開催中だ。

他の追随を許さない迫力の噴水レーザーショー「ヴェルサイユの光」

他の追随を許さない迫力の噴水レーザーショー「ヴェルサイユの光」
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

18回目となる今年は、新しい時代への思いも込めた「希望~光の彼方へ~」がメインテーマ。「スーパーサーチライト」が時之栖の上空を照らし、壮大な宇宙・銀河・星空をイメージした世界が敷地全体に広がる。

注目は、日本一の高さを誇る噴水ショー会場「王宮の丘」にできた新たなスポット、巨大な体感型総合芸術作品「LIGHT OF MAGIC WONDER CIRCUS」だ。躍動したまばゆい光に包まれたドームの中は、視線や角度により表情を変え、魔法にかけられたような不思議な空間に変化する。

【写真を見る】体感型の光の総合芸術作品「LIGHT OF MAGIC WONDER CIRCUS」

【写真を見る】体感型の光の総合芸術作品「LIGHT OF MAGIC WONDER CIRCUS」写真は主催者提供

敷地中央に位置する「光のトンネル」では、時間の流れと共にゆっくりと変化を繰り返す幻想的な光が来場者を包み込む。そして「光のトンネル」を抜けると、200メートル続く銀河の下、12星座をモチーフとした「ランタン・オブジェ」が「王宮の丘」へと続いていく。

まばゆい光が織りなす幻想的な世界を体感しに「時之栖イルミネーション 2019-2020 ~ひかりのすみか~」へ出かけよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る