町並みに灯る純白のXmasツリー!岐阜県美濃市で「和紙クリスマスツリー2019」開催

2019年11月26日 13:51更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

岐阜県美濃市の美濃市観光協会前ポケットパークで、12月1日(日)から25日(水)まで「和紙クリスマスツリー2019」が開催される。

西洋のイベントだが、和を感じる装いは和紙ならでは

西洋のイベントだが、和を感じる装いは和紙ならでは
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

美濃市には「うだつの上がる町並み」がある。「うだつ」とは屋根の両端に作られた防火壁のことで、江戸時代には火事の類焼を防ぐためのものだった。当時の豪商らは富を競うように、立派なうだつを設けていった。そんなうだつの上がる町は和紙の町としても知られる。同イベントでは、和紙の町ならではのクリスマスツリーが設置される。高さ4メートルのホワイトクリスマスツリーが町並みに優しく灯り、観る人の気持ちを優しくさせる。丈夫な和紙を使用しているので雨の日でも楽しめる。

【写真を見る】和紙を通すことで光は柔らかくなる

【写真を見る】和紙を通すことで光は柔らかくなる写真は主催者提供

担当者は「和紙を通して生み出されるクリスマスツリーのあかりは柔らかな美しさがあり、インスタ映え間違いなしです。美濃市ならではの和紙クリスマスツリーを、ぜひ大切な人と一緒にご覧ください」と呼び掛ける。

どこか懐かしさを感じる和紙のクリスマスツリー。柔らかで温かな光に癒やされよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る