焼肉の新トレンド!?名古屋で味わえるタンやハラミの「部位専門店」をチェック!

2020年1月3日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

焼肉で好きな部位を、お腹いっぱい食べてみたい...。そんな人におすすめなのが「部位専門店」。今回は、名古屋にある部位専門店を2つ紹介しよう。

昭和の懐かしさを感じる、新鮮ハラミの専門店

「はらみ専門店 き晴屋(きばらしや) ※「き」の漢字は「七」が3つ並んだもの」(名古屋市中区)は、1945年創業の定食店だった「き晴屋」から、暖簾(のれん)と店名を継承。人気部位のハラミに特化した焼肉店として生まれ変わった。国産の朝びきの豚など新鮮なものを使い、人気を博している。

「はらみ専門店 き晴屋」で味わえる「はらみ4種盛り」(1850円)

「はらみ専門店 き晴屋」で味わえる「はらみ4種盛り」(1850円)

すべての画像を見る(5件)

「はらみ4種盛り」(1850円)は、牛、馬、豚、鶏の4種類がのる。赤身と脂のバランスがよく、肉の旨味が楽しめる。牛(560円~)、馬(600円)、豚(440円)、鶏(330円)は、それぞれ追加も可能だ。

定食店だったころの面影を残し、懐かしさを感じさせる店構え。赤いひさしと提灯が目印 / はらみ専門店 き晴屋

定食店だったころの面影を残し、懐かしさを感じさせる店構え。赤いひさしと提灯が目印 / はらみ専門店 き晴屋

■はらみ専門店 き晴屋 / 住所:愛知県名古屋市中村区名駅南1-15-20 / 電話:052-526-6788 / 時間:11:30~14:00(LO 13:30)、17:00~23:00(LO 22:30)、土 11:30~23:00(LO 22:30) / 休み:日曜

和牛、豚、ラムなど、希少なタンが味わえる

国産の和牛や馬、猪、ラムなど珍しいタンがそろう専門店「肉亭 たんまみれ」(名古屋市中区)。この店では黒毛和牛をメインに使用し、その日の仕入れによりメニューが異なる。全体の約1~3%しか流通がない希少な和牛のタンが味わえると話題にもなった。タンのみではなく、山口県以外ではココでしか味わえない皇(すめらぎ)牛など希少な肉もある。

【写真を見る】和牛の牛タン半分をそのまま焼く豪華なメニュー「塊焼き」(4980円~) / 肉亭 たんまみれ

【写真を見る】和牛の牛タン半分をそのまま焼く豪華なメニュー「塊焼き」(4980円~) / 肉亭 たんまみれ

「塊焼き」(4980円~)は、和牛の牛タン半分をそのまま焼く豪華なメニュー。柔らかいタン元から食感がいいタン先まで、全部が味わえる。3日前までの予約必須のメニューなので、要注意だ。

白を基調とした、シンプルな店内。カウンターのみだが隣との空間も広くゆったりしている / 肉亭 たんまみれ

白を基調とした、シンプルな店内。カウンターのみだが隣との空間も広くゆったりしている / 肉亭 たんまみれ

■肉亭 たんまみれ / 住所:愛知県名古屋市中区平和1-15-32 / 電話:090-8157-8929 / 時間:11:30~14:00、17:00~22:00、土日祝 17:00~ / 休み:不定休

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る