穏やかな時間が流れる須恵町をのんびり散策!

2015年11月20日 10:47更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡市の東側に位置し、ベッドタウンとして近年住宅数が増加している須恵町。散策が気持ちいい公園やカフェなど、穏やかな休日を過ごすのにぴったりの町だ。

「アップルパイの天野」のアップルパイ(1100円)。今の季節しか味わえない旬のスイーツを楽しもう!

全ての画像を見る(8件)

まずは、季節の味を求めて「アップルパイの天野」へ。リンゴの旬の時期に合わせ、10月から3月まで期間限定でオープンする。名物のアップルパイはシャキシャキとした食感のフレッシュなリンゴを厳選。約2個分のリンゴがぎっしり詰まっている。

若杉山麓に広がる「皿山公園」。季節ごとに異なる花が咲き、地元の散歩コースとしても人気の公園

アップルパイ片手に訪れたいのが、若杉山麓に広がる「皿山公園」。自然豊かな園内には遊歩道が整備されている。福岡市や博多湾を一望できる岳城山展望台までは歩いて片道50分程度なので、ハイキングコースとしてファミリーにも人気。

古刹と紅葉の共演が楽しめる「左谷山建正寺」。12月上旬までが見頃

紅葉を楽しみたいなら「左谷山建正寺(さたにやまけんしょうじ)」がおすすめ。最澄作と伝わる十一面観音立像が御本尊で、12月上旬までは境内のモミジなどが色づく。

住宅街にひっそりと建つ、売り場面積2坪ほどの「コーネル」

続いて隠れ家的店舗を2軒を紹介。住宅街にひっそりと建つ、売り場面積2坪ほどの小さなスペースの店「コーネル」。ライ麦や全粒粉をブレンドした風味重視のパンの他、店主が描いた絵皿や布小物も販売している。

ボリューム満点の煮込みハンバーグ(1110円)。ドリンクはスペシャルティコーヒーがおすすめ

城山団地の最奥、行き止まりにポツンとたたずむ穴場カフェ「小さなカフェ つき」。土間をしつらえた昔ながらの和風の建物を使い、のどかな時間が流れる。庭には四季を通じて、季節の花々が咲き、都会の喧騒を忘れさせてくれる。

のんびりした一日を過ごしたくなったら、須恵町に出かけてみよう。【福岡ウォーカー/PR】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る