フィギュアスケート・中部ブロック大会レポート3 【ノービスA男子、ノービスB男子、ノービスB女子】

2016年10月22日 18:28更新

東京ウォーカー(全国版) 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

現在、ジュニア世代が大活躍を見せる日本勢だが、続くノービス世代にもホープが続々と育ってきている。中部ブロックにおいても、将来を嘱望される選手が多数見られた。今週末の全日本ノービスでも活躍が期待される選手達だ。

全日本ノービスでも活躍が期待される、佐々木晴也

佐々木晴也、中部ブロックでの演技

佐々木晴也、中部ブロックでの演技

すべての画像を見る(16件)

昨シーズンの全日本ノービスでも2位入賞の活躍を見せた、ノービスA男子の佐々木晴也。その後、同じクラブのライバル、壷井達也が急成長を見せる一方、佐々木選手は春から夏にかけてはうまく行かない時期もあったが、秋のシーズン入りに合わせて見事に調整をしてきた印象だ。この日の演技は素晴らしく、全日本ノービスでの優勝も十分視野に入るものだ。

「今日の滑りは、いつも通りスピードが出せて良かったんですが、2本ほど失敗したジャンプもありました。全日本ノービスに向けて改善していきたいです。全日本ノービスではもちろん1位を取りたい」

力強い優勝宣言を聞くことが出来た。壷井達也がトリプルアクセルへの挑戦を続けていることもあり、佐々木選手もトリプルアクセルへの意識は高いようで、今後の目標として「トリプルアクセルと、3+3をしっかり決められるようになりたい」と語ってくれた。昨年の全日本ノービスでも感じたことだが、とてもクレバーな選手。将来が楽しみだ。

全日本ノービス連覇を狙う、中村俊介

中村俊介、中部ブロックでの演技

中村俊介、中部ブロックでの演技

今週末の全日本ノービス、ノービスB男子においても名古屋の選手が優勝候補だ。既に昨シーズン、初年度にして全日本ノービスを制した中村俊介。今季は更に成長した姿を見せてくれた。

「サルコウを転んでしまったことが残念です。ジャンプを失敗した後、恐怖心はなく、かえって頑張ろう、と思えました。今日の演技の出来は90点ぐらい。サルコウの失敗、スピンでのミスが反省点です。サルコウをちゃんと決められるようにしたい」

その演技が出来れば、もちろん全日本ノービスでも優勝を狙えるはずだ。この選手のポテンシャルは極めて高く、気が早いようだが全日本ノービス4連覇も十分に可能な逸材だ。今後の成長が実に楽しみだ。

ノービスB女子の記録に迫る演技を披露、手嶋里佳

練習では3フリップ+3トウループを降りているほどの選手だ

練習では3フリップ+3トウループを降りているほどの選手だ

難度の高い技に低い年齢から挑戦する傾向が強まった昨今のフィギュアスケートだが、それでもノービスBクラスとなると複数の種類のトリプルを跳べる選手は少なく、全日本ノービスの優勝スコアは70点台に留まることが多い。ちなみに全日本ノービスでのノービスB女子クラスの記録は、2012年の本田真凜、90.41だ。これは5種類のトリプルを組み込んだ圧巻の演技だったが、今年の手嶋里佳はこれに匹敵する演技をするかもしれない。中部ブロックの優勝スコアは86.16だった。

「86点は初めて取りました。宮本賢二先生振付の新しいプログラムに変えたことが良かったんだと思います」

手嶋選手、実は練習では3フリップ+3トウループも跳んでおり、3月の愛知県大会では試合でも挑戦した。が、ノービスBではジャンプのボックスが5つしかない。ダブルアクセルは必ず入れなければならず、コンビネーションは2つしか使えないため、ノービスBにおいてはこの大技に挑むメリットがあまりないのだ。そのため、2アクセル+3トウループ+2トウループの3連続ジャンプを軸とした構成にしている。「ルッツはエッジエラーが気になるので、頑張って練習したい。フリップは確率を上げていきたい」と、課題をいくつも挙げた手嶋選手だが、おそらく全日本ノービスに向けて最もポイントとなるのはルッツのクオリティだ。今回の中部ブロックではアテンションの判定だった。ルッツが加点のもらえるジャンプになればスコアは大きく上昇する。

「全日本ノービスでは優勝が目標です。ライバルと思うのは同じクラブの吉田陽菜選手です。でも他の地方にも上手な選手がいると思います」

その同じクラブのライバル、吉田陽菜だが、こちらもルッツ、フリップを含む4トリプルの構成で80.35という素晴らしいスコアだった。当然、全日本ノービスでも優勝候補だ。

手嶋選手はジャンプだけではなく、表現の面でも昨シーズンに比べて大きく進歩を見せている。“白鳥の湖”から黒鳥の部分を使っているのだが、「宮本賢二先生に教えてもらったことですが、肩を後ろにする、そうするとバレエっぽく見えるんです」と表現のコツを伝授されたようだ。バレエの経験はほんの少しだけだというが、とても美しい黒鳥に仕上がっていた。そして憧れの選手は荒川静香だという。なるほど、と得心の行く美しい演技だった。

「将来はトリプルアクセルを跳べるようになりたい」

その高い目標に向かって、順調に歩んでほしい。

【東京ウォーカー/取材・文=中村康一(Image works)】

この記事の画像一覧(全16枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る