京都で遊ぶなら!京都府の人気おでかけスポット7選

2020年6月25日 16:23更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

湯豆腐、湯葉料理、鱧料理、抹茶など、京都にはおいしいものが山ほどある。神社仏閣などの観光名所も豊富だが、京都には面白いおでかけスポットがまだまだ目白押しだ。

今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、京都府で人気のおでかけスポット7選を紹介しよう(データは2020年4月1日時点のもの)。

コカ・コーラ ボトラーズジャパン京都工場

ウェルカムゾーンでは、ビン入りのコカ・コーラも販売している画像提供:コカ・コーラ ボトラーズジャパン京都工場

のどかな田園風景が広がる、京都府久世郡久御山町にあるコカ・コーラ社の工場。製造工程が見られる工場見学とともに、「コカ・コーラ」の歴史や環境への取り組みなどを知ることができる。
同工場では、大きな窓から生産ラインを見学できるファクトリービューをはじめ、ミュージアム、ドリンクの試飲まで多彩な楽しみをそろえたファクトリーツアーが人気。「ウェルカムゾーン」や「スタディゾーン」など、3つのゾーンを巡ってコカ・コーラ社の歴史や文化に触れられ、ポップでアメリカらしいグッズも購入できる。見学は2名からで、要予約なので事前に確認しよう。

フォレストモール木津川

【写真】広々としたスペースと統一感のある建物デザイン画像提供:フォレストモール木津川

アメリカ西海岸の商業施設をモデルとし、地域に根ざした近隣型ショッピングモールとして2019年11月にグランドオープン。京奈和自動車道 木津インターチェンジより約2.8キロメートル、車で約5分とアクセスも良好。広々とした駐車場スペースを確保し、統一感のある建物デザインの商業施設で、季節を感じられる植栽も備える。
寿司店やファストフードをはじめ、ドラッグストア、スーパー、100円ショップ、体操クラブ、フィットネス、コインランドリー、クリニックなど、17店の多彩な店舗がそろっている。

おたべ本館

八つ橋を手作りできるおたべ体験道場画像提供:おたべ本館

京都を代表する土産として有名な「生八つ橋」。国道十条交差点近くのおたべ本館では、生八つ橋の製造工程が見られる工場見学と手作り教室を開催している。
自家製粉したコシヒカリの米粉を使い、おたべの生地(生八つ橋)を混ぜ合わせ、作るところからスタート。生地を蒸し上げ、蒸し上がったら生地をこねて伸ばし、自家製餡した「あん」を詰め、三角形のおたべが完成するまでを手作り体験できる(1週間前までの完全予約)。1階の売店では、多彩な種類の生八つ橋が試食可能となっている。

美術館「えき」KYOTO

モダンなJR京都駅ビル内にある美術館画像提供:美術館「えき」KYOTO

JR京都駅ビル内のジェイアール京都伊勢丹7階にある美術館。国際化する文化都市・京都で、多くの人に喜んでもらえる文化・情報発信基地となること、文化創造・交流の一助となることを願い、1997(平成9)年9月に開館した。大階段からも入場できるなど、気軽に訪れることができる場所となっている。
古典から現代アートまで、国内外の絵画や写真、アニメや絵本原画、ファッションなど、バラエティー豊かで文化性・話題性のある展覧会や企画展を随時行なっている。駅直結のためアクセスが便利で、ショッピングの合間などに気軽に立ち寄れるのも特徴だ。

京都府立山城総合運動公園(太陽が丘)ファミリープール

幼児プールと噴水プール、けい流プールは小川でつながっている

山城総合運動公園内にある屋外プールで、京都最大の面積を有し、25メートルと50メートルの2つのプールがある。
そのほかにも、川遊び感覚で楽しめるけい流プールや、白玉砂利を敷いた造波プール、滝があったり霧が出たりと遊び心あふれる遊泳プール、噴水・壁泉もある。また、水上ステージを備えた遊泳プール、10メートル、7.5メートル、5メートルの飛込みプール、7コースのトレーニングプールなど、多彩な趣向を凝らしたプールもあり、多くのプールで遊べる。2基ずつあるスライダーと専用マットで蛇行レーンを滑るウォーターボブスレーは無料なので、ぜひ体験しよう。

るり渓温泉 for REST RESORT

国内有数のラジウム含有量を誇る大浴場で疲れをいやす

大浴場や露天風呂のほか、本館バーデゾーンは水着着用で男女共に楽しめる温泉プールや露天風呂、サウナや打たせ湯、岩盤浴、フィッシュテラピーやランタンテラスなど多彩な設備がそろっている。施設内にはバーベキュー場もあり、必要な機材と食材がセットになった手ぶらプランは種類も豊富で、こだわりの食材を味わえる。屋根付き席も完備しているため、雨の日も安心して楽しむことができる。
温泉は、肩こりや疲れを癒やすラジウムを多く含む放射能泉。本館にはカラオケルームやまんがルームなどの娯楽施設、レストランやおみやげショップまでそろっているので、湯に浸かったあとはゆっくりとくつろぎたい。

けいはんな記念公園

水面から10メートルの高さの観月橋から庭園から一望できる

1995(平成7)年4月に開園した関西の学研都市、精華町に広がる公園。正式名称は京都府立関西文化学術研究都市記念公園で、園内は無料区域と有料区域に分かれている。
無料区域の広場は棚田状の大きな広場で、自由に遊べる芝生広場や子供向けの遊具広場がある。有料区域の水景園は回転式日本庭園で、ダイナミックな石組や滝など日本的な風情が感じられる。水景園内にある芽ぶきの森は永谷池を囲む里山林で、散策のほか、四季折々の草花や生き物・自然が満喫できる。また、ホタル鑑賞会や星空観察などさまざまなイベントを随時実施している。

時期によってアトラクションや展示内容が変更になる場合もあるので、事前にしっかりと確認を。何度でも訪れたい施設が豊富なので、今から予定を立てておこう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る