Colemanの広報担当者に聞いた!2021年春のキャンプギア売り上げトップ10

2021年10月4日 15:16更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

近年、人気上昇中のアウトドアアクティビティ。なかでもキャンプは、自然の中で家族や友人とゆったりとした時間を過ごせると爆発的流行を見せており、アウトドアの代名詞となっている。そこで今回は、アウトドアブランド「Coleman(コールマン)」の2021年春の売り上げトップ10を調査!「今年こそは挑戦してみたい!」と考えている人はもちろん、すでにハマっている人もぜひ、今のキャンプギアのトレンドをチェックして、アウトドアグッズ選びの参考にしよう!

ランタンのロゴが目を引くColemanは、アメリカ発の老舗ブランド


【ブランド紹介】Coleman

Colemanは、1901年にランタンメーカーとして創業したアメリカのブランド。キャンプに欠かせないランタンやテントといったギアはもちろん、調理器具やテーブルウェアなどの小物も充実している。また、キャンプやBBQをより楽しむためのイベントも日本各地で開催しているので、初心者は参加してみるのもおすすめだ。

コールマンジャパンの梅園さんにColemanの今シーズンのトレンドを伺うと、「ソロキャンプを楽しむ人が増えたので、キャンプギアも軽量化やコンパクト化が進んでいます。また、コロナウイルスの影響で巣ごもり期間が続いているので、ベランダや庭、お家の中で使えるギアも増えてきています」と教えてくれた。

それでは、Colemanの2021年春のキャンプギア売り上げトップ10を、梅園さんのコメントともに発表しよう!

2021年春のキャンプギア売り上げトップ10

【第10位】パックアウェイケトル/0.6L(2480円)

Coleman パックアウェイケトル/0.6L(2480円)

ティーブレイクを気軽に楽しめる、アルミ製コンパクトケトル。表面は傷がつきにくい加工で、持ち手は滑りにくいシリコンハンドルになっている。最後まで傾けてもフタが外れない設計で使いやすい。

「1〜2人の使用にぴったりなサイズのケトルです。キャンプ場でのリラックスタイムにおすすめですよ」(梅園さん)

【第9位】ファイアーディスク(6980円)

Coleman ファイアーディスク(6980円)

ビギナーにも使いやすいオールインワンモデル。BBQでも使えるうえ、オールステンレスでお手入れも簡単だ。ダッチオーブンなども使える耐荷重があり、コンパクトに収納できるのもうれしいポイント。

「キャンプ初心者の方でも簡単に設営でき、焚き火を楽しむことができます。BBQ用の炭を入れやすい焼網付きです」(同上)

【第8位】クアッドマルチパネルランタン(1万1000円)

Coleman クアッドマルチパネルランタン(1万1000円)

4つの発光パネルが取り外しできるLEDランタン。明るさは最大で800ルーメンあり、これ一つで十分な明るさを確保できる。USBポート付きでスマホなどの充電もできて便利だ。

「発光パネルを取り外せば、夜、トイレに行く際などにも個別に使用できます」(同上)

【第7位】ルミエールランタン(5980円)

【写真】おしゃれな見た目は、テーブルに置いておくだけで雰囲気抜群!Coleman ルミエールランタン(5980円)は7位※ガス缶は別売り

ろうそくのように揺れる光が辺りを優しく照らし、雰囲気のあるキャンプが楽しめるガスランタン。ほかのランタンの光量を落としてこれをメインにすれば、ゆったりとリラックスした時間を楽しむことができそうだ。

「キャンドル風の形状でムーディな雰囲気を演出できます」(同上)

【第6位】アウトドアワゴン(1万3800円)

Coleman アウトドアワゴン(1万3800円)

多い荷物も簡単に運べる収束型ワゴン。タイヤが大型なので移動が楽なのもポイントだ。ストッパーも付いていて、傾斜のある場所でも使いやすい。

「耐荷重100キロと多くの荷物を積むことができるので、キャンプやBBQ、フェスなどさまざまなシーンで活躍します」(同上)

【第5位】リゾートチェア(オリーブ)(2580円)

Coleman リゾートチェア(オリーブ)(2580円)

ひじ掛けとカップホルダー付きで、キャンプやBBQで活躍すること間違いなしのチェア。コンパクトに折りたためて、収納ケースも付属するので持ち運びも簡単だ。

「ベランダや庭でのくつろぎ時間にもおすすめです」(同上)

【第4位】テイク6(ブルー)(1980円)

Coleman テイク6(ブルー)(1980円)

容量4.7リットルのクーラーボックス。350ミリリットルの缶がすっぽり6本収まり、持ち運びしやすいハンドル付き。フタは汚れてもすぐに拭き取れる素材なので安心だ。

「高い保冷力を持ち、持ち運びやすいサイズ感。キャンプだけでなくちょっとしたおでかけの時にも使用できます」(同上)

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

ページ上部へ戻る