DODの広報担当者に聞いた!2021年春のキャンプギア売り上げトップ10

2021年6月11日 12:14更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

近年、人気上昇中のアウトドアアクティビティ。なかでもキャンプは、自然の中で家族や友人とゆったりとした時間を過ごせると爆発的流行を見せており、アウトドアの代名詞となっている。そこで今回は、アウトドアブランド「DOD(ディーオーディー)」の2021年春の売り上げトップ10を調査!「今年こそは挑戦してみたい!」と考えている人はもちろん、すでにハマっている人もぜひ今のキャンプギアのトレンドをチェックして、アウトドアグッズ選びの参考にしよう!

DODは、大阪発の比較的新しいアウトドアブランド


【ブランド紹介】DOD

ウサギのマークが印象的なDODは、ユニークな商品を数多く作る大阪発のブランド。自らを「クレイジーなアウトドアブブランド」としており、遊び心あるネーミングや特徴的な見た目にも注目だ。テントやタープといった大型ギアはもちろん、テーブルやチェアなども充実しており、キャンプに必要なギアのほとんどを揃えることができる。

DODのキャンプギアは、ユニークなネーミングで選ぶのも楽しい


広報担当の辻さんにDODの今シーズンのトレンドを伺うと、「女性や軽自動車キャンパーでも持ち運びやすいような、軽量でコンパクトなギアが増えています。また、おうちキャンプやテレワーク用でも使えるテーブルやチェアの注目度が高まっています」と教えてくれた。

それでは、DODの2021年春のキャンプギア売り上げトップ10を、辻さんのコメントとともに発表しよう!

2021年春のキャンプギア売り上げトップ10

【第10位】バベコロ2(オープン価格)※参考価格1万1000円

DOD バベコロ2(オープン価格)※参考価格1万1000円

BBQで食材や調理器具がどこにあるか分からない、そんなイライラを解消する大型クーラーバッグ。冷蔵庫のような縦型形状なので、段ごとに整理して目的の食材を簡単に取り出すことができる。棚は取り外しが可能なので大きいものの収納も可能。

「ありそうでなかった縦型形状のソフトクーラー。ごちゃごちゃしてしまいがちなBBQの食材や道具をスッキリと整理整頓できます」(辻さん)

【第9位】わがやのシュラフ(オープン価格)※参考価格9900円

DOD わがやのシュラフ(オープン価格)※参考価格9900円

4人家族が一緒に寝ることができる、幅230センチの特大サイズ寝袋。大人2人、子供2人であればゆとりもある。家族全員で仲良く寝られるので、添い寝が必要な小さな子供がいても安心。家族全員分の寝袋が1分以内で片付けられるのもうれしいポイントだ。

「準備・片付けが簡単なので、その分家族団らんの時間を長くとれます」(同上)

【第8位】キャナリーテーブルM(1万4300円)

DOD キャナリーテーブルM(1万4300円)

3段階の高さ調整ができるキャナリー(かなりいい)テーブル。さまざまなチェアとの組み合わせに対応できるだけでなく、低い状態で使用すれば、お座敷スタイルに対応可能なちゃぶ台としても使える。ファミリーで使いやすいサイズ感で、リビングテーブルとして活躍間違いなし!

「おしゃれな天然木のウッド天板は、どんなテントにも合わせやすいです」(同上)

【第7位】放浪ソロリマグ(2970円)

DOD 放浪ソロリマグ(2970円)

マットな質感が珍しい国産ホーローマグ。ホーロー素材だと匂いも移りにくいので、ステンレスマグにありがちな金属臭も少なく、こびりつきやすい汚れもお手入れ簡単だ。取っ手とフタがついているのも便利。

「直火加熱OKなホーロー素材のマグカップ。取っ手が取り外せるので、家族分を重ねてコンパクトに持ち運べます」(同上)

【第6位】いつかのタープ(オープン価格)※参考価格9700円

DOD いつかのタープ(オープン価格)※参考価格9700円

キャンプで自然をぐっと身近に感じさせながら快適な空間を作り出すオープンタープ。扱いやすいので、初心者にもおすすめだ。厚みのある生地を使用しており、遮光性能が高く快適に過ごすことができる。

「ペグやポールの買い足し不要で立てられるオールインワンセット。『いつかオープンタープをかっこよく立ててみたいなあ…』、そんな“いつか”をかなえます」(同上)

【第5位】キノコテント(3万8500円)

DOD キノコテント(3万8500円)

ワンタッチ構造を採用し、取扱いやすさと快適性を追求した寝室用テント。コンパクトな床面積ながら、サイドウォールが垂直に立っているので圧迫感を覚えにくい。ソロで余裕を持って使用したり、2〜3人でゆったり使用したり、子供を含めた4人の寝室用テントとして使用したり、使い方はさまざまだ。

「ニョキッとすぐ立つワンタッチテント。かわいらしい赤色ドットでキャンプ場の人気者になれること間違いなしです!」(同上)

【第4位】めちゃもえファイヤー(オープン価格)※参考価格1万4500円

DOD めちゃもえファイヤー(オープン価格)※参考価格1万4500円

一味違う焚き火を楽しみたい人におすすめの焚き火台。通常の焚き火では見ることのできない、二次燃焼の炎がきれいに見える特殊構造になっている。二次燃焼とは、薪が燃えた際に煙として排出される可燃性ガスを再度燃焼させること。通常の焚き火と比べて煙が少なくなるのもうれしい。

「炎がきれいに見える観賞用焚き火台。2回目以降は組み立て不要ですぐに焚き火を始められ、薪の燃焼スピードも早いので、サクッと焚き火を楽しみたい時にぴったりです」(同上)

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る