キャンプ場徹底解剖!「青川峡キャンピングパーク」(三重県いなべ市)【後編】|コテージやキャビンの快適性を調査!

2021年10月4日 16:01更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

テントは持っていない。外で寝るのは不安。でもキャンプをしたい!そんな人におすすめなのが、コテージやキャビンの利用。ファミリーキャンプからソロキャンプまで、さまざまなシーンに対応できる設備を整えた三重県いなべ市の「青川峡キャンピングパーク」で、コテージ&キャビン泊のリアルな使用感を取材した。

「青川峡キャンピングパーク【前編】|テント泊で気になる設備をとことんチェック!」記事はコチラ

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。

【写真】2018年デビューのキャビングサイト。カラフルなログ小屋がかわいいphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

車2台分の駐車スペースを完備する広々コテージ

アウトドアライフを存分に楽しむ「ログハウス」

ログハウスは3棟。ロフト付きのワンルームのみで、マットとシーツはあるが布団はなく、施設内にある建物のうち最も簡素な造りと設備になっている。数に限りがあるが、寝具は有料でレンタルもできる(シュラフ600円、毛布500円)。室内にはロフト、エアコン、床暖房、ウッドデッキに薪ストーブ、給湯器付きシンク、テーブル、イス、BBQ用ガスグリルがあり、トイレやシャワーは、サニタリー棟へ。清掃が行き届いているので、共有スペースでも安心だ(詳しくは 【前編】 を参照)。屋根付きのウッドデッキでBBQをしたり、建物の前に設けられた空きスペースで焚き火をしたり、自然との一体感を満喫できる。

設備は簡素だが、その分自然を近くに感じられる「ログハウス」photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

広々ウッドデッキの個性派「トレーラーキャビン」

トレーラーキャビンは1棟のみ。こちらもマットとシーツはあるが、布団はないため寝袋を用意しよう。室内にはエアコンと温水洗浄便座付きの水洗トイレ、洗面所が備わっている。天井が低いため室内の開放感はログハウスが上だが、広々としたウッドデッキは好評だ。冷蔵庫、給湯器付きシンク、テーブル、イス、BBQ用ガスグリルが用意されており、BBQやキャンプ飯をメインに楽しみたい人におすすめ。シャワーはサニタリー棟へ。寝袋を持っていない人はレンタルを利用しよう。

「トレーラーキャビン」のウッドデッキの暖房は薪ストーブで。さらに、防寒のために11月~4月下旬はウッドデッキを囲う透明なカバーを設置するphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

家族連れにちょうどいい設備が整った「ログキャビン」

山小屋の雰囲気とコテージの快適さを併せ持つ、ログキャビンは2棟。利用者からは「ひと家族で過ごすのにちょうどいいサイズ感と設備」だと評判だ。室内にはロフト、温水洗浄便座付きの水洗トイレ、シャワー、エアコン、床暖房、寝具に加え、冷蔵庫や炊飯器、電気ケトル、食器まで揃っている。ウッドデッキには給湯器付きシンク、テーブル、イス、BBQ用ガスグリル、薪ストーブがあり、調理はここで行える。

室内とウッドデッキの行き来がしやすい造りもポイントな「ログキャビン」photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

車いす対応もOK!4つの間取りから選べる「コテージ」

コテージは5棟。貸し別荘と比べても遜色ない設備が整い、最大8人、車2台まで対応できる広々空間だ。4種類あるタイプにはいずれも和室とロフトがあり、3世代で利用する人も多い。ウッドデッキはなく、代わりにテラスが設置されている。室内にはキッチン、温水洗浄便座付きの水洗トイレ、風呂、エアコン、寝具、冷蔵庫、炊飯器、電気ケトル、食器、調理器具が揃い、テレビや電子レンジ、トースターなどもある。段差のないユニバーサルデザインのUBタイプなら、車いす対応も万全だ。

スタンダードな「コテージA」。充実した設備に、自然の中にいることを忘れそうphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

料理好きにおすすめ!「アイランドコテージ」

アイランドキッチンのように、キッチンを囲んで皆が集まれるダイニングを持つコテージを指し、全部で5棟ある。和室がないなど間取りに少し違いがあるが、設備面はほかのコテージと同様、キャンプ場とは思えないほど充実している。キッチンからすぐテラスに出ることができ、BBQコンロを持ち込んでもOK。室内と屋外をフレキシブルに使いながら、アウトドアを満喫できる。

「アイランドコテージ」は天井が高く、室内でも開放感抜群だ。テラスでBBQを楽しむのもいいphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

  1. 1
  2. 2

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

ページ上部へ戻る