【成田ー佐賀が片道3980円の日も…!?】佐賀県×スプリング・ジャパンのサウナ路線で“究極にととのう”『サ旅』を体験してみた

2022年9月23日 13:38更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

【1日目:ランチ】佐賀の「肉」を食す!ミシュラン1つ星の名店はランチもおすすめ!


この日、サウナ路線の航空便が九州佐賀国際空港に到着したのが「11時20分」、ちょうどお腹も空いてきた頃合いだ。空港から佐賀市内への道すがら、のどかな田園風景を楽しみながらレンタカーで走ること20分、市内に到着した有賀編集長が向かった先は『ミシュランガイド福岡・佐賀 2014 特別版』『ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎 2019 特別版』に一つ星として掲載された「佐賀牛レストラン 季楽(きら) 本店」。

本場の佐賀牛が堪能できる「佐賀牛レストラン 季楽(きら)本店」


有賀編集長とカメラマンは、“お手頃ランチ”としてスタッフにおすすめされた「きらランチ(国産牛)」と「焼肉重ランチ」をオーダー。甘くて、ホロっと口の中で溶ける絶品の国産牛に二人して感嘆の声をあげたのだった。これぞサウナーたちにオススメしたい“ご当地グルメの逸品”だ。

きらランチ(国産牛)は、口の中で甘くホロっととろける食感

焼肉重ランチは、プリップリの牛肉とご飯の相性が抜群

写真でも伝わる“シズル感”が食欲をそそる


【1日目:夜サウナ】サウナシュラン3年連続1位!「御船山楽園ホテル」の“非日常感”がヤバイ!

【男性 水風呂】16度に冷却した武雄温泉の源泉


ランチを終え、佐賀「サ旅」のメインスポット・御船山楽園ホテル 大浴場「らかんの湯」へ出発。同ホテルは「今行くべき全国のサウナ施設」としてランキング&表彰しているサウナシュランで3年連続1位に輝いた、全国のサウナーにとって垂涎の的となっているサウナだ。

女性露天風呂

男性露天風呂


近年、世界的アート集団・チームラボが手掛けたロビーフロアがメディアやSNSで話題を集めることも多く、「TVやSNSで見た」という人も多いのではないだろうか。暗がりの空間は御船山の森の最深部を、天井から伸びる無数のムラーノ・ガラス(ベネチアン・グラス)は森の花々や木の実、木漏れ日をイメージ。その明かりの色は御船山の四季に応じて変化する。ホテル内に一歩足を踏み入れれば幻想的な世界観に息を吞むこと必至。サウナ体験前から圧倒されまくりの有賀編集長なのだった。

チームラボが手掛けたロビーフロアが“非日常”を演出


“究極にととのう”を体感


男性大浴場には、セルフロウリュ(御船山の天然水と佐賀嬉野産ほうじ茶)を楽しめるドライサウナと16度に冷却した温泉水を使った水風呂、御船山の大自然を感じられる大露天風呂、そして外気浴スペースを備えている。

2021年10月にオープンした“薪サウナ”は、薪ストーブとして世界最大級(横2×縦1.8メートル)を誇る

【女湯ドライサウナ】サウナストーブに積み上げているサウナストーンの上に、クーゲル(アロマ氷)を乗せて1~2分経つと、クーゲルが溶け出し、サウナ室がアロマの香りに包まれる

【男湯ドライサウナ】男湯では「御船山の天然水」とサウナ専用に焙煎・抽出した佐賀県嬉野産「ほうじ茶」」を用意

新設されたプライべートサウナ付きの特別室。忘れらない思い出を


女性大浴場には、セルフロウリュ(御船山の天然水)とクーゲル(サウナストーブに乗せて香りを愉しむアロマボール)を楽しめるドライサウナ、17度に冷却した温泉水を使った露天風呂、スチームサウナ、水風呂、外気浴スペース、喫茶スペースを有し、まさに“究極にととのう”ために考え抜かれた施設となっている。支配人の前田さんは、「自然との境界線を取り払い、自然調和を体験できるボーダレスサウナとなっている」と語った。

御船山楽園ホテルの魅力を語る支配人・前田亮さん


【1日目:夕飯】佐賀の夜は活造り「呼子のイカ」


「ととのう」を体験した有賀編集長は、佐賀牛と同様に人気を博すご当地グルメ「呼子のイカ」を晩御飯として選択。向かった先は佐賀駅すぐの「さかなや道場 佐賀南口店」。玄海の海で育った活イカは、「これがイカの身…?」と疑ってしまうほど透き通った身とコリコリした食感が特長で、佐賀県でしか味わえない逸品!「サウナで“ととのった”体に流し込むビールは格別」と有賀編集長も大満足。

佐賀といえば「呼子直送 活イカ姿造り」特大サイズ3278円

漁港が近く刺身の鮮度も抜群!「本日の鮮魚入り刺身5点盛り(中サイズ・魚種、マグロ、真鯛、カンパチ、タコ、サーモン)」1318円※時期によって魚種産地など内容変更する場合があります


【2日目:朝サウナ】朝サウナで追い込みの「ととのう」


極限まで佐賀の「サ旅」を楽しみたい有賀編集長は、日曜・祝日は朝7時から営業している「源泉掛け流し温泉 佐賀の湯処 こもれび」へ。同施設は源泉かけ流しの多彩なお風呂と家族湯、国内最大規模のサウナ、本格的なレストランを備えた温浴施設となっていて、男女ともにスクリーンやロウリュ、熱波師によるアウフグースを五感で愉しめるサウナとして人気を博している。さらに、女湯には樽型のバレルサウナを導入している点にも注目だ。支配人の久保さんは「朝の清々しい空気の中でサウナを楽しんでください!」と笑顔で語った。

「国内最大級のスタジアムサウナとなっております」と力説する支配人の久保光平さん

ココロとカラダが“ととのう”新感覚サウナ 「こもれび」

熱したサウナストーンアロマ水を掛け、熱気・蒸気・香りを熱波師がタオルや団扇などで仰ぐ

女湯のみ「バレルサウナ」を導入

その名の通り、木々の枝葉の間から降り注ぎ、季節ごとに表情を変える「こもれび」の外観


【2日目:昼】空港に到着するまで、佐賀県を余すことなく楽しむ!


こうして、佐賀県のサウナやグルメを堪能し“究極にととのった”有賀編集長は、佐賀市内から空港までの道中にある「佐賀城跡」に立ち寄ったのち、九州佐賀国際空港へと向かった。その道すがら、さえぎるものが何もない広大な地平線に身も心もデトックス!まさに、癒やしが詰まった佐賀の「サ旅」となった。

これからの紅葉シーズン。サウナを楽しみつつ佐賀の絶景紅葉スポットを巡ってみるのもよいだろう。

佐賀市のシンボルともいえる鍋島36万石の居城の跡を観光

サ活を満喫した有賀編集長。最後に佐賀の風景を目に焼き付けていた


取材・文・撮影=若狭健太郎

※施設の許可をとって撮影時のみマスクを外しています。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全36枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る