沖縄出身・JO1の與那城奨が「連続ドラマW フェンス」に出演!「この作品が沖縄のことを知るきっかけになったら嬉しい」

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア
JO1の與那城奨が「連続ドラマW フェンス」に出演! 撮影=booro/ヘア&メーク=西尾さゆり/スタイリスト=増田翔子

グローバルボーイズグループJO1のリーダー、與那城奨(よなしろ・しょう)が、連続ドラマに初出演。その作品は、「アンナチュラル」(TBS系)「フェイクニュース」(NHK)「MIU404」(TBS系)など、ドラマファンの支持が高い野木亜紀子脚本による書き下ろし「連続ドラマW フェンス」(WOWOW・毎週日曜 午後10:00~11:00)。世界最大の米軍基地の抱える沖縄の現状に迫る、エンターテインメント・クライムサスペンスに挑む。

「連続ドラマW フェンス」

沖縄は、出てみるとめちゃくちゃいいところだなってわかる


――沖縄の基地問題から人種やジェンダーの問題を描く社会派の作品ですが、出演にためらいはありませんでしたか?

重たい内容ですし、正直に言えば最初は「大丈夫かな」という想いがよぎりました。でも、これは沖縄出身の僕だからこそ演じられるし、自分自身が沖縄の問題を再認識できるチャンスなので、絶対に出たいと思いました。ボーイズグループのメンバーだからといって、何かを失うようなことはないんじゃないか、むしろ、得ることのほうが多いのではないかと。僕が出演させていただくことで、沖縄を取り巻く現状を若い世代や同世代に知ってもらい、伝えることができるのなら、光栄です。

――演じた仲本颯太はどんな役ですか?

颯太は基地の中で働いているのですが、本心では今の状況から抜け出したいと思っています。でも、あまり家庭環境に恵まれているとはいえず、長男として家族のために働かなければいけないと、自分で責任を背負い込んでしまっている。そうした心の葛藤を抱えたキャラクターです。沖縄県民って、若い時に一度は「沖縄を出たい」と思うんですよ。僕もその一人で、大学進学を機に東京に出ました。沖縄ってずっといると、何もないと思っちゃうんですよね。いざ出てみると、めちゃくちゃいいところだなってわかるんですけど、出ないと気づけないんです。

「連続ドラマW フェンス」場面写真

――役をどんなふうに膨らませていきましたか?

自分の中である程度、颯太が抱えている気持ちや、置かれている板挟みの状態をイメージとして持っておいて、現場で監督さんと擦り合わせていきました。監督のイメージと違う時は「もう少し重めのトーンでいこうか」など具体的に指示をいただき、役を作っていった感じですね。

「連続ドラマW フェンス」場面写真

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

この記事の画像一覧(全16枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!今が見頃の花見スポットはこちら

ページ上部へ戻る