クリスマスはまるっと1日丸の内で!グルメからイルミネーションまで、家族で過ごす特別な時間

Sponsored by 三菱地所株式会社

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

イルミネーションが見える席で特別なクリスマスディナー

分厚いお肉にパパも大満足!ほたるちゃんは、サクサクの海老フライが気に入った様子

今年のクリスマスは、窓際席でイルミネーションを見ながら贅沢ディナーを楽しむことに。ファミリーは、本場のフランス料理を堪能できる老舗洋食レストラン「グリル満天星」(丸ビル5階)へ向かった。

メインは魚介と肉料理を両方楽しめ、名物オムレツライスや、Xmas仕立てのデザートまで付いてくる贅沢なコース「Xmas2023スペシャルコース」(料理のみ6600円 ※12月1日(金)~12月25日(月)までの限定。要予約。ドリンクは別途)は、特別な夜にふさわしい一品。同店広報担当者は「オムライスに使用しているデミグラスは当店のシグネチャーで、1週間煮込み続けて作っています」と胸を張る。

天使の海老・スモークサーモン・ロースハム・パテなどが入る美食家風サラダや、蠣のクリーム煮&カキフライ、ローストビーフなども楽しめる「Xmas2023スペシャルコース」(写真奥は「お子様プレート」のメニュー)


また、「お子様プレート」(1540円 ※小学生まで)には、海老フライにハンバーグステーキ、ケチャップライスなど、子どもが好きな洋食がズラリ。「海老フライがサクサク!」と、ほたるちゃんも大喜びだった。

子どもが好きな洋食がそろった「お子様プレート」。スープやプリン、ジュースも付く


有楽町から大手町まで丸の内仲通りが光輝く!冬の風物詩「丸の内イルミネーション 2023」

光輝く丸の内仲通り。「丸の内イルミネーション」は今年で22年目を迎えた

約1.2キロメートルにおよぶメインストリート「丸の内仲通り」を中心としたエリアでは、2024年2月18日(日)まで、「丸の内イルミネーション 2023」を開催中。約360本を超える街路樹は、シャンパンゴールド色のLED約120万球で彩られ、温かく上質な景観を生み出している。

さらに今年は、2023年11月28日(火)~12月25日(月)の28日間、皇居外苑と東京駅を結ぶ「行幸通り」の一部にもイルミネーションが拡大(主催 行幸通りイルミネーション実行委員会)。これまで以上に楽しめること間違いなしだ。

丸の内はオフィス街というイメージが強いかもしれないが、さまざまなイベントやグルメなどが体験でき、実は一日たっぷりとクリスマスをエンジョイできる場所。ファミリーでおでかけしたくなる街となっているので、このシーズンにぜひ足を運んでみてほしい。

「丸の内エリアって働く場所というイメージだったのですが、今日いろいろと巡ってみると、子ども連れでも丸一日楽しめるところなんだなと思いました!」(ママ)


撮影=島本絵梨佳
取材・文=平井あゆみ

※新型コロナウイルス感染症対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

(C) 2023 Disney


丸の内エリアのクリスマス
「Marunouchi Bright Christmas 2023 『Disney DREAMS & WISHES』」
開催期間:2023年12月25日(月)まで

「丸の内イルミネーション 2023」
開催期間:2024年2月18日(日)まで
行幸通りイルミネーションは2023年11月28日(火)~12月25日(月)の28日間開催

「Marunouchi Street Park 2023 Winter」
開催期間:2023年11月28日(火)〜12月25日(月)まで

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全19枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!今が見頃の花見スポットはこちら

ページ上部へ戻る