コーヒーで旅する日本/四国編|高知のコーヒーシーンの新風。幅広い提案で地元で新たな嗜好を広げる「sommarlek coffee roaster」

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

“地元のコーヒー”を日常の選択肢として提案

ドリップの抽出には、ブレが少ないシンプリファイを使用

またコーヒーのみならず、礒部さん含む県内の3つのロースターの豆を使ったビーンズチョコレートや、DADA NUTS BUTTERとコラボしたコーヒースプレッドなど、オリジナルアイテムも開発。「ちょっとずつ横のつながりも出てきました」と、店の存在感も徐々に増してきている。そして、地元のロースターとのつながりから、2023年にはコーヒーのテイスティングイベントを初めて開催。コーヒースタンドのCoils 、JOKI COFFEE、「sommarlek coffee roaster」の3店が、同じ銘柄の豆を焙煎した3種の豆のセットを販売し、それぞれの作り手の個性を比べてもらおうというものだ。

好みの豆が選べるハンドドリップコーヒー(480円)


「最初はCoilsさんとの話から始まって、JOKIさんにも声をかけて、みんなでやりましょうということになりました。焙煎機の種類も違うし、店主のキャラクターも違うのはおもしろいと。基本は浅~中煎りのレンジで、今回のテーマはホンジュラスでしたが、お題を毎回変えて、みんなが楽しみ続けられるイベントになれば」と礒部さん。浅煎りのスペシャルティ未体験の人が多い土地柄、もっと魅力を広めたいという思いを体現したイベントは、先入観を持つ人々のイメージを変える格好の場になる。「試し続けてもらうのが大事ですが、その過程で極端な味に出合うと拒否感が強くなり、興味関心がリセットされてしまうことにもなります。そのためには、まず普段から味作りを追求し、飲む機会を増やすこと。今回は、そのはじめの一歩ですね」。より多くの人にコーヒーを届けるべく、現在、隣接している焙煎所を移設し、もう一つの拠点を作る構想も温めている。

店舗を持たなかった開業当初に比べ、市内に移転してからは日々訪れる新たな常連客も増えたり、店先を通るときに手を振る子どもたちの姿も見られたりと、実店舗ならではのコミュニケーションの楽しみも実感してきた礒部さん。「高知ではまだまだロースターは少ないですが、せっかくなら地元のコーヒーを飲んでほしい。そのとき、専門店として選択肢として入れてもらえる店にしていきたい」。6年を経て、その思いはより大きくなっている。

カフェラテ(500円)は、+50円でデカフェの豆に変更可能


礒部さんレコメンドのコーヒーショップは「JOKI COFFEE」

次回、紹介するのは、高知県北部、本山町の「JOKI COFFEE」。
「高知で浅煎りのコーヒーをいち早く提案してきた、先駆け的存在です。のんびりしたロケーションと対照的に、洗練されたメニューは店主の大下さんの感性が感じられます。長年、県外で飲食店に携わった経験から、フルーツのカットや盛り付け一つにもこだわっていて、店を手伝っていたときには随所にクオリティの高さを感じました。高知らしいゆるさとは一線画した、店作りの感覚を発揮されている一軒です」(礒部さん)

【sommarlek coffee roasterのコーヒーデータ】
●焙煎機/フジローヤル5キロ(直火式)
●抽出/ハンドドリップ(シンプリファイ) 、エスプレッソマシン(ラ・マルゾッコ)
●焙煎度合い/浅~中深煎り
●テイクアウト/あり(480円~)
●豆の販売/ブレンド1種、シングルオリジン4~5種、150グラム1050円~

取材・文/田中慶一
撮影/直江泰治

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

ページ上部へ戻る