東海大の歴代柔道部選手も愛好!大盛りカツカレーが人気の「ボルボ」

2018年4月16日 10:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1974(昭和49)年にオープンした飲食店。東海大学出身の柔道家なら誰もが知っている「カツカレー(大盛り)」(1,100円)は、ホテルテイストのカレールーとカツで、丼2~3杯分の山盛りご飯もスルスル食べられる。

ガッツリ食べたい時、ちょっと休憩したい時にもおすすめ

【写真を見る】ボリューム満点の「カツカレー(大盛り)」(1,100円)。空腹時にたまらないメニューだ

注文後に揚げられるカツはサクサクで美味

大盛りのご飯に、国産豚ロース肉のカツとあふれるほどのルーを乗せた「カツカレー(大盛り)」(1,100円・ドリンク付き)。注文後に揚げるサクサクした食感のカツと、野菜が溶け込み、コク、辛味、甘味のバランスが良いルーは、運動後の学生たちの食欲を十分に満たしてくれる。

レトロでシックな雰囲気の店内

全ての画像を見る(3件)

また、「コーヒー」(400円)を飲みながら、レトロな雰囲気の店内でのんびりと過ごす人も多い。少しひと休みしたい時にも行ってみたいお店だ。

ふとした時に立ち寄れる「ボルボ」。ぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る