小樽・屋台村で味わう新たな名物!「小樽地鶏」でチョイと一杯

2018年8月11日 20:00更新

北海道ウォーカー プランB(菅原雄一)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

小樽名物と言えば、お寿司にあんかけ焼きそば、なるとの半身揚げなど、いろいろ挙げられますが、新たな名物として、いま注目を集めているのが「小樽地鶏」。果たして、どんなトリなのでしょうか? 小樽地鶏を扱う店が「おたる屋台村レンガ横丁」にあると聞き、早速、足を運んできました。

「おたる屋台村レンガ横丁」のサンモール1番街側の入口から入って2つ目が「鳥ま津」

全ての画像を見る(5件)

JR小樽駅を出て右手、花園町方面に7~8分ほど歩いたところにある「おたる屋台村レンガ横丁」。寿司屋から居酒屋、バーなど個性的な店が軒を連ねていますが、その中の一軒「小樽地鶏本舗直営 鳥ま津(とりまつ)」が今回のお目当ての店。こちらは『小樽地鶏』の生産と販売している小樽地鶏本舗の直営店なんです。店内はカウンターのみで、いわゆる立ち飲みスタイル。気軽に入れる雰囲気が良いですね。

落ち着いた雰囲気のカウンター。うまい鳥料理をアテにチョイと一杯というのが、こちらのスタイル

メニューは炭火焼(400円~)を始め、だし巻き卵(400円)、霜降りささみ(500円)、小樽地鶏のすき焼き(1人前1500円)にいたるまで、すべて「小樽地鶏」を使ったものばかり。さて、どれから味わってみようかと決めあぐねていると、「小樽地鶏の味を知りたいんだったら、まずは『むねもも焼』(450円)を食べてみるといいよ。シンプルな味付けの分、本来の味を楽しめるから」と荒澤店長。とても気さくなナイスミドルだ。薦められるままに、「手羽焼」(450円)と「小樽地鶏のスープ鍋」(800円)もオーダー。

手慣れた手付きで「小樽地鶏」を炭火でていねいに焼き上げる荒澤店長。隠し味にネギ醤油をサラリとひと塗り

「この『小樽地鶏』はね、ウチのオーナーが血統の配合から、飼育方法までこだわって育てあげたの。鶏本来のコクとうま味はしっかりとあるのに、トリ肉臭さがないのが自慢なのさぁ」。元々、『小樽地鶏』を開発した「小樽地鶏本舗」のオーナーはレース鳩をしていて、その経験を生かし『小樽地鶏』づくりに取り組み始めたそう。

レース鳩という競技は血のスポーツ。強い鳩を作るため、さまざまな特徴を持つ血統を緻密に掛け合わせ、餌や環境など育て方にもこだわります。そのノウハウを生かし、天然記念物で入手困難な在来種の比内鶏を卵で購入、ヒナをかえして交配を重ねたのだとか。そして構想20年、飼育を始めて7年後に、ようやく現在の味が誕生。飼料には穀物類に地場産のニンニクや海藻粉末、牡蠣殻など豊富なミネラルを配合していて、栄養たっぷり、滋味豊かな味わいを感じられるそう。

(写真手前より時計回りに)「むねもも焼」450円、「小樽地鶏のスープ鍋」800円、「手羽焼」450円。ほか、モツ系の各種焼き物など、小樽地鶏を余す所なく味わえる

マスターの話に聞き入っていると、お待ちかねの料理が到着。おすすめの「むねもも焼」からいただくことに。やや赤みのあるのがモモ肉、白っぽいほうがムネ肉です。まずはモモから……おお、地鶏らしい歯応え! 特に皮に弾力があり噛めば噛むほど、肉汁が染み出してきます。ムネはやや上品で、その分、肉のうま味をじっくり楽しめます。どちらも酒の肴には最高! 「手羽焼」は皮に脂が乗っており歯応えも十分。思わずビールが欲しくなります。「小樽地鶏のスープ鍋」は、一人でいただくにはちょうど良いサイズ。あっさり系の味付けで、飲んだ〆にも良さそうですね。

「ウチは雄雌、両方のお肉を出しているの。雄はやや歯応えがあって、うま味が強い。雌は雄よりもジューシーで肉質は柔らか。でも、その日によって雄雌どちらの肉が入ってくるかわからないの。育てられた日数もそれぞれだし、自然に近い状態で育てているから脂の乗りにも個体差がある。でも、それも個性。常連さんとは『今日の雌は脂が乗ってるよ』とか『今日の雄は生後165日で歯応え抜群だよ』なんて、やり取りをしていますよ」と荒澤店長。お寿司屋さんでのやり取りみたいで、何だか楽しそうですね。

店舗は商店街の名物・ストリートピアノの隣りにあり、ピアノの旋律をBGM代わりに一杯やれる。ただし、クオリティは奏者次第ですが

飲み始めてしばらくすると、どこからか美しいピアノの生音が。「ああ、あれね。ウチの店、サンモール一番街の名物・ストリートピアノの隣にあるの。上手な人が弾いてる時は、いいBGMになるよ」。幸いにして今日は上級者が弾いているようです。美しい旋律に耳を傾けつつ、うまい鶏を肴にさらに酒が進むのでありました。

小樽地鶏本舗直営 鳥ま津 ■住所:小樽市稲穂1-4-15 おたる屋台村レンガ横丁内 ■電話:090・8706・2211 ■時間:18:00~23:00 ■休み:月曜 ■席数:8席(喫煙可)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る