品質で勝負をかけたい。宮城県のベンチャー酒蔵「一ノ蔵」の挑戦【 7 / 13 】

2018年10月7日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版) 栗原祥光

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

総杜氏の門脇豊彦さんは、勤続37年、一ノ蔵のたたき上げだ。あたたかく、時に緊張感を持って後進の指導にあたっている。蔵人が担う蒸し米の出来や麹の様子を確認して回る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る