品質で勝負をかけたい。宮城県のベンチャー酒蔵「一ノ蔵」の挑戦【 12 / 13 】

2018年10月7日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版) 栗原祥光

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

若い蔵人が櫂(かい)でもろみをかき混ぜる。「新人は3日間働くと、筋肉痛で起き上がれなくなります」と門脇さん。設備は近代的だが、酒をつくるのは今も人の力だ

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る