極上の“和ダシラーメン”を巡る!愛知県で今年注目の新店3選

2018年10月8日 10:30更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今年も愛知県ではラーメンの新店が続々オープンしている。そんな新店のなかから、えりすぐりの素材や製法など、とにかくダシにこだわった実力店をピックアップしてご紹介!味わい深い至高のスープを堪能あれ!!

煮干しの独特な風味を生かした絶品スープ

●「だし・麺 未蕾(みらい)」(愛知県蒲郡市)

【写真を見る】「だしそば しょうゆ」(780円)。煮干しの香りが鮮烈であとひく味わいになっている/「だし・麺 未蕾(みらい)」

蒲郡を愛する店主が地元で独立した「だし・麺 未蕾」。煮干し主体の一杯が早くも評判を呼んでいる。スープは鶏ガラと豚肉を炊いてから1回寝かせ、煮干しを加えて再加熱。「雑味も旨い」と、あえて煮干し独特の風味までも生かしたパンチある一杯に仕上げている。「だしそば しょうゆ」(780円)には、動物系の旨味と煮干しの風味を生かしたスープに、3種類の醤油で作るタレでコクをプラス。煮干しの香りが鮮烈であとひく味わいだ。

[店舗DATA]住所:愛知県蒲郡市本町1-25/電話:0533-55-6010/営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00/休み:水曜、月曜火曜の夜

ホッと心安らぐ優しい醤油味

●「ラーメン 歩く花」(愛知県豊橋市)

「鶏ダシ醤油ラーメン」(750円)。ほのかな甘味を感じる優しい味わい。店内で製麺し、温度と時間を考慮して麺を熟成。スープとよく絡むよう、1つずつ手もみする/「ラーメン 歩く花」

全ての画像を見る(12件)

中学校の同級生という2人の職人がそれぞれメニューを考案する「ラーメン 歩く花」。1つの店に2つのラーメン店が同居しているようなユニークなスタイルで営業している。おすすめは「鶏ダシ醤油ラーメン」(750円)。ほのかな甘味を感じる優しい味わいと、手もみ縮れ麺の食感が好評だ。醤油ラーメンとつけ麺は、同じ醤油味でも全く異なるアプローチで作られているので、食べ比べてみよう。

[店舗DATA]住所:愛知県豊橋市牛川通1-19-11/電話:なし/営業時間:11:00~15:00、木曜金曜11:00~、18:00~21:00/休み:水曜

余韻に浸りたくなる優しい味

●「らーめん 柊(ひいらぎ)」(名古屋市西区)

「しおラーメン」(750円)。 ラーメンは塩と醤油の2種類。醤油は豚骨をより前に出しているので、魚介を感じたいなら塩がおすすめだ/「らーめん 柊」

懐石料理の板前、うどん店店主を約30年務め、新たにラーメン店に転身し誕生した「らーめん 柊」。カツオを中心とした節系スープと豚骨で作るスープは、バランス感覚が絶妙と話題を集める。「和ダシはうどんと似ているがラーメンの方が可能性を感じる」と語る店主が日々、一杯と向き合う。豚骨とカツオ、両方の旨味を存分に感じられる「しおラーメン」(750円)がおすすめだ。

[店舗DATA]住所:名古屋市西区新道2-1-18/電話:052-571-0263/11:30~14:00、18:00~22:00/休み:日曜、第3月曜

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る