実力派ラーメン店がさらに進化!新たな挑戦を続ける愛知の人気店

2018年10月10日 14:11更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

コアなラーメンファンを魅了し続けている実力派ラーメン店も、一時の成功に気を緩めることなく、時代の移り変わりや人々のニーズに応え挑戦を続けている!今回は、そんな気鋭のラーメン店を3店を紹介。

岡崎の名店が移転して、おしゃれラーメン食堂に!

のれんが和菓子店のような雰囲気を醸し出していて入りやすい!

豚骨醤油が人気の「まるぎん商店」(愛知県岡崎市)が、移転リニューアル!中華ソバ(750円)、塩セレブ(800円)などあっさり系のメニューを増やし、女性客や家族連れでも訪れやすい店になった。なかでも、えぐ味を感じさせないよう煮干しの炊き込みをギリギリで抑えた「煮干しソバ」(800円)は、上品な煮干しスープと背脂のこってり感がマッチしており、絶品だ。

【写真を見る】煮干し油と背脂で濃厚さをプラス!「煮干しソバ(塩)」(800円)+「ちょいのせ」(200円)

ラーメンと一緒に頼みたい「ニッポンの焼き餃子」(350円)は、しっかりした味付けで、タレなしで食べてもおいしい。口の中で旨味がジュワッと広がる

住所:愛知県岡崎市鴨田町田起49-13/電話:0564-25-8578/時間:11:30~14:00、18:00~22:00 ※売切れ次第終了/休み:水曜

全国初!超人気店同士が奇跡のコラボ出店!!

豚骨ラーメンの名店「一風堂」のフードコート専門業態「RAMEN EXPRESS」と、ベジラーメンで知られる「ソラノイロ」のダブルネームラーメン店が話題のららぽーとに誕生!「一風堂」の滑らかな豚骨スープ&細麺の豚骨ラーメンと、「ソラノイロ」の野菜のうまみを生かしたラーメンの、互いの特徴を生かした限定メニューが登場する。「ソラノイロ ベジとんこつ」(842円)は、濃厚な豚骨とトマトの酸味が重なりあうスープが魅力で、豚骨のコクと野菜のさわやかな味が楽しめる一杯だ。

モチモチの平打ち麺と まろやかなスープがマッチ!「ソラノイロ ベジとんこつ」(842円)

ここでしか味わえない限定メニュー「ベジリゾット」(421円)。チキンの旨味と爽やかなトマトの甘味、風味が合う

住所:愛知県名古屋市港区港明2-3-2 ららぽーと名古屋みなとアクルス 3Fフードコート内/電話:052-304-7799/時間:10:00〜21:00(LO20:30)/休み:施設に準じる

三重の塩ラーメンの雄が新ブランドをオープン!

三重県四日市市で絶大な人気を誇る「ぐんじ」は、沖縄とモンゴルの塩を使った塩ラーメンが自慢のお店。スープをさらに進化させ、2018年8月に「RAMEN 英」として名古屋・栄に進出した!注目は、国産丸鶏を香味野菜と炊き込んだスープと、利尻昆布・干しシイタケ・ソウダカガツオなどで取ったダシを合わせたダブルスープ。しっとりとしたレアチャーシューと、トロトロ食感の炙りチャーシューもたまらないおいしさだ。「本節塩らー麺」(820円)は、旨味たっぷりのスープが、讃岐うどんの粉を混ぜた麺によく絡むのが特徴。最後はご飯(昼は無料、夜は100円)を投入してお茶漬け風に!

「本節塩らー麺」 (820円)+「味玉」 (120円) 丸鶏&節の進化したダブルスープは 飲み干したくなる深い味わい

全ての画像を見る(8件)

「つけまぜそば」(880円)もオススメ。つけ麺を半分ほど食べたらスタッフに声かけ。まぜそばになって戻ってくる斬新な一杯だ

住所:愛知県名古屋市中区栄4-12-19 栄タワービル1F/電話:052-725-9600/時間:11:30~14:30、18:00~22:00/休み:日曜

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る