園内を300万球のLEDを装飾!静岡県浜松市・フルーツパークのイルミイベント

2018年12月8日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

静岡県浜松市の広大なフルーツのテーマパーク・はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)で、フルーツをテーマに約300万球のLEDが輝くイルミネーションイベント「2018-19 フルーツイルミネーション@フルーツパーク」が開催中だ。

色々なフルーツが装飾された全長150mの光のトンネル

色々なフルーツが装飾された全長150mの光のトンネル

すべての画像を見る(3件)

約40社の企業・団体が参加する参加型イルミネーション「イルミュージアム」や、音・水・光のコラボレーションが見られる日本最大級の噴水ショー、高さ15メートルのくすのきツリーや光の階段、レインボーストリートなどで園内が彩られる。

【写真を見る】高さ15メートルのくすの木をイルミネーションで装飾

【写真を見る】高さ15メートルのくすの木をイルミネーションで装飾

昼間でも迫力満点な恐竜たちがライトアップされるなど、子供はもちろん、家族やカップルでも楽しめるイルミネーションが盛りだくさん。はままつフルーツパーク時之栖で、広大な空間に広がる光の世界を体感しよう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る