スタジオジブリ約3年ぶりの東京展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」開催決定

2019年1月10日 19:35更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年4月20日(土)~5月12日(日)の期間、神田明神に2018年新設された文化交流館「EDOCCO」内の神田明神ホールおよびその周辺エリアにて「鈴木敏夫とジブリ展」が開催される。

スタジオジブリ約3年ぶりの東京展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」開催決定(C)TS (C)Studio Ghibli

同展は、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏の“言葉”に注目した展覧会。広島、名古屋、金沢で開催された「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元に、さらにジブリの魅力を詰め込みバージョンアップした内容となる。

【写真を見る】鈴木敏夫氏による揮毫の様子撮影:山本 彩乃

会場では、鈴木敏夫氏が書き下ろした書やイラストの展示をはじめ、来場者に新たな時代へのメッセージを投げかける特別企画や、本企画展の会場となる神田明神とジブリのコラボレーショングッズの販売も予定しているという。

鈴木氏による書やジブリ作品の資料を用いてスタジオジブリの秘密に迫る展覧会。ジブリファンは要注目だ。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る