ラーメンWalkerグランプリ2019結果発表。1位はやっぱり強かった! 神奈川の総合ベスト3発表

2019年11月13日 13:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が行っている、旨いラーメン店を決めるランキング「ラーメンWalkerグランプリ」。「神奈川総合」と「神奈川新店」の2部門で、百麺人とガチの読者投票で決まる「ラーメンWalkerグランプリ」の最新ランキングを発表!今回はそのなかから、神奈川総合ベスト3を紹介。ラーメン大国・神奈川を制したのは、やはりこのレジェンドの店だ!<情報は「ラーメンWalker神奈川2020」(2019年10月3日発売)より>

【1位】家系総本山 吉村家(横浜)

「ラーメン」(710円)。白濁しつつもさらっとした喉越しのスープは、コクがありつつもキレがあり、あと味もスッキリ。開発に3年もの時間をかけて完成した特注麺は艶やかで、なめらか

「ラーメン」(710円)。白濁しつつもさらっとした喉越しのスープは、コクがありつつもキレがあり、あと味もスッキリ。開発に3年もの時間をかけて完成した特注麺は艶やかで、なめらか

すべての画像を見る(12件)

醤油、味噌などのジャンルの一つにまでなった「家系」の始祖「吉村家」。毎朝3時から店主が煮込むスープは、代名詞の豚骨醤油で、多い日には1日1,200玉分ものラーメンが売れる。無敵の一杯は「ラーメン 厚木家」、「杉田家」ど直系に伝わり、全国へ広がっている。19年10月1日以降も価格据え置きと良心的だ。

開店から40年経つが、いまも早朝からスープを仕込むなど、味を追求し続ける吉村氏。ラーメンへの情熱は衰えることはない

開店から40年経つが、いまも早朝からスープを仕込むなど、味を追求し続ける吉村氏。ラーメンへの情熱は衰えることはない

平日、休日にかかわらず、朝から開店時間まで行列が絶えることはない。待つのも楽しみの一つとさえ言われる

平日、休日にかかわらず、朝から開店時間まで行列が絶えることはない。待つのも楽しみの一つとさえ言われる

■家系総本山 吉村家

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 電話:045-322-9988 時間:11:00~22:00(LO) 休み:月曜(祝日の場合翌日) 席数:29席(カウンター25、座敷4) ※禁煙 駐車場:なし アクセス:JR線ほか横浜駅西口より徒歩8分

【2位】地球の中華そば(伊勢佐木長者町)

「海老ワンタン醤油そば」(1,150円)。滋味深いスープは名古屋コーチン、青森シャモロックの丸鶏、讃岐コーチンのガラなどを使用。プリっとした自家製ワンタンも絶品

「海老ワンタン醤油そば」(1,150円)。滋味深いスープは名古屋コーチン、青森シャモロックの丸鶏、讃岐コーチンのガラなどを使用。プリっとした自家製ワンタンも絶品

19年10月20日に5周年を迎えた。澄んだスープの「塩そば」(880円)など人気だが、シンプルに見えても重層的な味わいが広がり、どこかに上品さを感じる‟地球中”(ほしちゅう)ならではの逸品は5年間で進化。今後は、丼を有田焼にするなど、お客さんにさらにおいしく食べてもらえるよう、食材以外にもこだわりをみせる。

店主の樋上正径さん。しっかりと素材の下処理を行うなど、手間を惜しまずに真摯にラーメンに向き合う。

店主の樋上正径さん。しっかりと素材の下処理を行うなど、手間を惜しまずに真摯にラーメンに向き合う。

アットホームな店内は、常に多くの客でにぎわう。淡麗のほか、白湯も人気がある。

アットホームな店内は、常に多くの客でにぎわう。淡麗のほか、白湯も人気がある。

■地球の中華そば(ほしのちゅうかそば)

住所:神奈川県横浜市中区長者町2-5-4 電話:045-319-4248 時間:11:30~15:00、18:00~21:00(各LO)※材料がなくなり次第終了 休み:日曜・月曜 席数:10席(カウンター6、テーブル4) ※禁煙 駐車場:なし アクセス:横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅A4 出口より徒歩6分

【3位】中村麺三郎商店(淵野辺)

「海老ワンタン醤油らぁ麺」(1,100円)。4種の醤油に魚介ダシを加えた醤油ダレは、香りが高いのが特徴。

「海老ワンタン醤油らぁ麺」(1,100円)。4種の醤油に魚介ダシを加えた醤油ダレは、香りが高いのが特徴。

鶏をベースとしたスープに、存在感がしっかりとでタレの味わいが全体を引き締めるラーメンで多くのファンをとりこにしている店。スープはもちろん、春よ恋など4種の国産小麦をブレンドした自家製麺も人気で、中細麺でさらに加水率高めの麺は、しなやかで、スープとの絡みも抜群だ。

店主の中村健太郎さん。豚骨スープで有名な「麺の坊 砦」で修業。淡麗だけではなく、修業経験を生かした「白湯らぁ麺」(850円)も人気

店主の中村健太郎さん。豚骨スープで有名な「麺の坊 砦」で修業。淡麗だけではなく、修業経験を生かした「白湯らぁ麺」(850円)も人気

和食店のような趣が感じられる。淵野辺は学生の街でもあるので多彩なメニューも展開

和食店のような趣が感じられる。淵野辺は学生の街でもあるので多彩なメニューも展開

■中村麺三郎商店(なかむらめんざぶろうしょうてん)

住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺4-37-23 電話:042-707-7735 時間:11:30~15:00、18:00~21:00(各LO)※材料がなくなり次第終了 休み:火曜の夜、水曜 席数:17席(カウンター12、テーブル5) ※禁煙 駐車場:4台(無料) アクセス:JR線淵野辺駅北口より徒歩5分

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る