鮮やかな灯で地方創生!宮崎県国富町で「真冬のたなばたイルミネーション」開催

2019年11月12日 19:31更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宮崎県国富町の冬の風物詩となり好評を博している「真冬のたなばたイルミネーション」が、11月16日(土)から2020年1月17日(金)まで、国富町役場敷地内、市街地広場(2カ所)で開催される。

手作りされたイルミネーションに暖かさがある「真冬のたなばた」

手作りされたイルミネーションに暖かさがある「真冬のたなばた」
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

平成5年に結成された「21世紀まちづくりフォーラム」のメンバーが主体となって開催している「真冬のたなばた」は、「元気のあるまちづくり」「夢のあるまちづくり」「美しいまちづくり」を目指す活動の中心的イベント。毎年約10万球のイルミネーションを国富町役場敷地内に設置し、12月には関連イベントも開催する手作り感満載のイルミネーションだ。

さらに、町商工会により宮崎市、国富町、綾町をつなぐ県道26号線宮崎須木線沿道街路樹に、イルミネーションを約20万球設置する「光り輝くまちづくり」事業も行われ、イルミネーションが輝く光景が冬の風物詩となっている。

【写真を見る】幻想的な世界へと誘う花火とイルミネーションの光の饗宴

【写真を見る】幻想的な世界へと誘う花火とイルミネーションの光の饗宴写真は主催者提供

また、12月7日(土)には太鼓やダンスチームの出演によるステージイベントと真冬の花火大会を開催。イベントのクライマックスとも言える花火とイルミネーションの光の饗宴は必見だ。

「真冬のたなばたイルミネーション」に出かけて、手作りのイルミネーションを堪能しよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る