兼六園

  • イベントなし
  • 駐車場なし
  • 送迎なし
  • 歴代の加賀藩主が作り上げた日本三大名園の1つ

  • 多彩な樹木が植栽され四季折々の彩りが楽しめる

石川県の天気
本日6℃1℃
明日11℃1℃
住所

石川県金沢市兼六町1番[地図]

アクセス

【電車】JR金沢駅からバスで兼六園下・金沢城下車徒歩5分 【車】北陸自動車道金沢西ICまたは金沢東ICから約30分

営業期間

通年

営業時間

3月1日から10月15日まで7:00~18:00、10月16日から2月末日まで8:00~17:00

定休日

なし

駐車場

なし。 

近隣に有料駐車場あり

料金

こちらよりご確認ください

電話番号1 076-234-3800 石川県金沢城・兼六園管理事務所
[公式ホームページなど、兼六園の詳しい施設情報を見る]

日本三名園に数えられる、金沢を象徴する特別名勝

金沢のシンボルで国の特別名勝であり、日本三名園の1つに数えられる庭園。江戸時代に加賀藩主により、長い年月をかけて作られたが、13代藩主の前田斉泰が現在のような一大庭園に造り上げた。複数の池と、それを結ぶ曲水があり、掘り上げた土で山を築き、多彩な樹木を植栽しているため、林泉廻遊式庭園と言われる。その広さは約11万4000平方メートルに及び、明治7(1874)年に藩主の庭から広く市民の庭へと解放された。数ある見どころの中でも、琴の糸を支える琴柱に似ていることから名付けられた徽軫(ことじ)灯籠は、兼六園を代表する景観となっている。また、雪害から樹木を守る雪吊りは北陸の冬の風物詩として毎年11月1日から作業が行われる。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

石川県スポットランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

よく使われる検索条件

ページ上部へ戻る