東海ノスタルジーグルメ ~懐かしの味を求めて…~

2017年11月06日更新

東海ノスタルジーグルメ ~懐かしの味を求めて…~

地元で長年愛される味、歴史感じる店構え、やさしく朗らかな店主――。そんな、昔ながらの名店を求め編集部が東海を探訪。\n大衆食堂、洋食料理店、ラーメン店など、どこか懐かしくも味わい深い“ノスタルジーグルメ”の決定版をお届けする。

目次

  1. 第62回 “名古屋カレーうどん”の元祖、「本店 鯱乃家」。歴史を語る一杯を求めて
  2. 編集部イチオシ!愛され続けてきた愛知県の名店5選
  3. 岐阜県の飛騨・高山エリアのご当地グルメ!ノスタルジック系高山ラーメンの店5選
  4. お腹も心も満たされる!名古屋の懐かし食堂5選
  5. 懐かしい味わいを求めて…愛知県のノス系中華そば5選!
  6. あのころにタイムスリップ。懐かしさ薫る、三重県伊勢市のレトロ食堂5選
  7. 愛され続けるわけがある。昔懐かし、岐阜県のレトロ食堂5選
  8. 第70回 秘伝の焼肉タレで作る進化形きしめんが話題!名古屋駅界隈の老舗「朝日屋」
  9. 第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」
  10. 第59回 ナマズやウナギを中心とする川魚料理の名店、岐阜・千代保稲荷の「やまと本店」
  11. 第68回 提供スピードの速さに驚き!地元・岐阜市に根付くそばの老舗「更科」
  12. 第67回 名物マスターに会いに行きたくなる洋食店「グリル プランセス」
  13. 第66回 岐阜・郡上八幡で愛され続ける、変わらない味と存在「松葉屋」
  14. 第65回 大正3年から続く伊勢の“ハイカラ”な洋食店「開福亭」
  15. 第64回 “細く長く”を信条とする、発祥の店「元祖 天むすの千寿」
  16. 第63回 料理の質と低価格の両立にこだわり続ける岐阜・千代保稲荷の老舗「稲金本店」
  17. 第61回 名古屋・岩塚の「とんかつオゼキ 鈍池店」。名物の“焼きとんかつ”を味わう
  18. 第60回 多くの有名人が舌鼓を打った伊勢うどんの老舗「ちとせ」
  19. 第58回 味噌煮込みうどんの原型と噂される「太田屋本店」
  20. 第57回 職人気質と愛嬌で慕われる名古屋・内田橋の大衆食堂「天麺 大黒屋」
  21. 【第19回】創業から108年を数える洋食店「勝利亭」。その味は、父の仕事を見て学んだもの
  22. 第56回 「ほかと全然違う」と好評な、伊勢うどんの老舗「中むら」
  23. 【第3回】東京オリンピックがつなぐ、天ぷら専門店「天寅」の真摯な想い
  24. 第55回 名古屋ご当地ラーメンの雄。“好来系”の元祖「好来道場」
  25. 第54回 “早い、うまい、安い”を守り続ける三重・四日市の「あさひ食堂」
  26. 第53回 昭和初期から続く岐阜・八百津の名物食堂「三勝屋」
  27. 第52回 おいしいものを追求する名古屋市東区の老舗「森田屋」
  28. 第51回 食の安全にこだわる隠れた名店、岐阜・多治見の「こもり食堂」
  29. 【第48回】店自慢のオリジナルメニュー開発が受け継がれる、名古屋市緑区の「とんかつキッチン カナン」
  30. 【第50回】職人の“焼き”がここにある。名古屋のウナギ専門店「炭焼きの店 うな豊」
  31. 【第49回】思わず撮影したくなる!インスタ映えする極太きしめん「芳乃家」
  32. 【第47回】家族経営のアットホームな老舗焼鳥店、愛知・春日井「泉屋」
  33. 【第46回】名鉄堀田駅から少し歩けばたどり着く、長屋の居酒屋「どての品川」
  34. 【第45回】変わらないことを目指す、“とんちゃん”の店「美奈登」(名古屋市瑞穂区)
  35. 【第44回】昭和23年創業の大須を代表する老舗焼鳥店「初鳥」
  36. 【第43回】幸運と工夫で愛され続ける“元気なおかあちゃんの店”、三重・四日市「おかめ堂」
  37. 【第42回】老舗食堂を救った“職人の味”「大森屋 本店」
  38. 【第41回】老若男女の憩いの場。にぎわいが絶えない和菓子店「和泉屋」
  39. 【第40回】おしどり夫婦が営む岐阜・大垣のアットホームな老舗うどん店「東京庵」
  40. 【第31回】夫婦の優しさに包まれた「旭家食堂」――永く守り続けたい懐かしの味に出合う
  41. 【第39回】伊勢うどんの新スタイルを拓く三重・伊勢「駒鳥食堂」
  42. 【第38回】初代から変わらない味。丁寧にいれたコーヒーの香り漂う「珈琲処カラス」(名古屋・伏見)
  43. 【第37回】和風ソースの「カツ丼」は1度食べたらクセになる!?岐阜・大垣「鶴岡屋 本店」
  44. 【第36回】地域に愛されながら続いてきた岐阜・大垣の老舗うどん店「盛田屋」
  45. 【第35回】昭和初期に開業した「レストサカエ」で、元祖・みそかつを
  46. 【第34回】家庭の味が恋しくて。働く男たちが憩う場所「日光橋食堂」
  47. 【第33回】夜の手みやげは今も昔もこれで決まり!!注文の電話が絶えない「ぎょうざの美鈴」
  48. 【第32回】昭和のテイストを家族5代で守り続ける「江戸屋」
  49. 【第30回】ころかけうどんの元祖として知られる岐阜・多治見の名店「信濃屋」
  50. 【第25回】2017年で創業100周年!大正時代から変わらぬ味の中華そばが食べられる「丸デブ 総本店」
  51. 【第2回】老舗麺処「山田屋」が継承し続けるソウダガツオ節のツユに、“シンプル”の極意を見た
  52. 【第4回】円頓寺の老舗食堂「はね海老」が貫く、曲げないエビフライの極意
  53. 【第6回】戦後すぐから脈々と続く、大須きっての老舗居酒屋
  54. 【第9回】3世代を重ねて愛され続ける、大須交差点の香ばしい誘惑「角屋」
  55. 【第8回】屋台風の立ち飲み居酒屋「のんき屋」。伝統の甘い味噌おでんで一杯
  56. 【第11回】思わず“ただいま”と言いたくなる、味と優しさを求めて。うどん店「河正」
  57. 【第10回】選べる“おふくろの味”、半世紀以上変わらない名古屋の「江戸っ子食堂」
  58. 【第16回】手打ち麺にこだわり続けて115年を数える「岩正手打ちうどん店」
  59. 【第7回】新旧の客が憩う「喫茶 ライオン」。店を愛し、引き継ぐ夫婦を訪ねる
  60. 【第5回】料理人歴45年以上の店主が営む中国料理店「上海屋」。自信に満ちた確かな味を堪能する
  61. 【第14回】昭和価格のケーキとコーヒーでひと息。常連が集う純喫茶「ボンボン」
  62. 【第13回】明治40年創業。全国にその名を知られた伏見の老舗居酒屋「大甚本店」
  63. 【第22回】大正時代のレシピが残る、矢合観音参道の食事処「小玉屋食堂」
  64. 【第20回】力士や相撲関係者も訪れる、ちゃんこ鍋が名物の老舗「柳ばし 角重」
  65. 【第17回】創業以来の継ぎ足し味噌ダレで煮込む、「味処 叶」の元祖・味噌カツ丼を求めて
  66. 【第21回】100年以上受け継がれる手打ちの技と“桜天”に魅了される麺処「丸一」
  67. 【第18回】父の作った空間と、母が選んだブレンドの味「純喫茶クラウン」
  68. 【第23回】名物のサンドイッチを目当てに。創業70年の名古屋喫茶チェーン「コンパル」
  69. 【第27回】創意工夫を重ねて81年、今池の名物パン店「中屋パン」
  70. 【第26回】ブラックミュージックで飾った古民家のノスタルジックな味「大栄軒製パン所」
  71. 【第24回】地元で愛され続ける昔ながらのパン屋さん「サカエパン」
  72. 【第29回】新しい一歩を控える鉄板スパゲティ発祥の店「喫茶ユキ」
  73. 【第1回】大須で創業80余年の大衆食堂「互楽亭」。浅田真央も愛した老舗の味を食す
  74. 【第15回】“細く長く”を目指す、明治時代から続く伝統の店「一八本店」
  75. 【第28回】大須商店街で変わらぬ味と時を刻み続けている「モカ珈琲店」
  76. 【第12回】1世紀を超えて在り続ける名古屋屈指の老舗洋食店「ラク亭」

第62回 “名古屋カレーうどん”の元祖、「本店 鯱乃家」。歴史を語る一杯を求めて

第62回 “名古屋カレーうどん”の元祖、「本店 鯱乃家」。歴史を語る一杯を求めて

味噌カツ、味噌煮込みうどん、手羽先など、名古屋の食文化を語るうえで欠かせない“なごやめし”。そのなかの1つに「カレーうどん」も挙げられるが、名古屋ならではという…

編集部イチオシ!愛され続けてきた愛知県の名店5選

編集部イチオシ!愛され続けてきた愛知県の名店5選

日本全国津々浦々。どの地域にも、後世まで語り継ぎたい老舗があるものだ。そんな“老舗”をテーマに、今回スポットを当てるのは愛知県。編集部イチオシの5店はココだ!

岐阜県の飛騨・高山エリアのご当地グルメ!ノスタルジック系高山ラーメンの店5選

岐阜県の飛騨・高山エリアのご当地グルメ!ノスタルジック系高山ラーメンの店5選

岐阜県の飛騨・高山エリアと言えば、鶏ガラベースのあっさり醤油スープで、極細ちぢれ麺を使う高山ラーメン(中華そば)が有名だ。今回は、同エリアで長年愛され続けた、ノ…

お腹も心も満たされる!名古屋の懐かし食堂5選

お腹も心も満たされる!名古屋の懐かし食堂5選

初めて訪れたのに、なんだか懐かしくて温かい気持ちになれる。そんな空気感が漂う、古きよき時代を生きてきた名店が名古屋には多くある。味よし、人よし、雰囲気よしの店を…

懐かしい味わいを求めて…愛知県のノス系中華そば5選!

懐かしい味わいを求めて…愛知県のノス系中華そば5選!

昭和の香りが漂う店内。初めて来たはずなのに、なぜか懐かしく感じてしまう雰囲気。そんなノスタルジックな店で、食べると思わず心が落ち着く一杯を味わおう。今回は、愛知…

あのころにタイムスリップ。懐かしさ薫る、三重県伊勢市のレトロ食堂5選

あのころにタイムスリップ。懐かしさ薫る、三重県伊勢市のレトロ食堂5選

昔懐かしい雰囲気を持つ店には、現在まで受け継がれてきたおいしい歴史がある。なぜ今も愛され続けるのか。その理由は、店に入ってこそ分かるものだ。今回は、三重県伊勢市…

愛され続けるわけがある。昔懐かし、岐阜県のレトロ食堂5選

愛され続けるわけがある。昔懐かし、岐阜県のレトロ食堂5選

路地裏やビルの地下など、愛され続けるレトロ食堂は街並みに溶け込んでいる。見つけられていないだけで何気ない街角に、おいしい歴史が息づいているのだ。今回は、岐阜県の…

第70回 秘伝の焼肉タレで作る進化形きしめんが話題!名古屋駅界隈の老舗「朝日屋」

第70回 秘伝の焼肉タレで作る進化形きしめんが話題!名古屋駅界隈の老舗「朝日屋」

名古屋駅と亀島駅の中間地点に位置する、名古屋市中村区の「朝日屋」。こちらは昔ながらのうどん店でありながら、名古屋名物きしめんの進化形メニューが味わえるとあって、…

第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」

第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」

三重県伊勢市の宇治山田駅に隣接した商業施設「宇治山田ショッピングセンター」の中に、“伊勢のソウルフード”を出すと評判の店がある。「まんぷく食堂」だ。

■ 板前が…

第59回 ナマズやウナギを中心とする川魚料理の名店、岐阜・千代保稲荷の「やまと本店」

第59回 ナマズやウナギを中心とする川魚料理の名店、岐阜・千代保稲荷の「やまと本店」

“おちょぼ稲荷”や“おちょぼさん”の名で親しまれている、岐阜県海津市の千代保稲荷神社。門前町には、昔から川魚料理の名店が並ぶ。そのなかでもひときわ高い人気を誇っ…

第68回 提供スピードの速さに驚き!地元・岐阜市に根付くそばの老舗「更科」

第68回 提供スピードの速さに驚き!地元・岐阜市に根付くそばの老舗「更科」

岐阜市の官庁街に店を構え、特に昼時はビジネスマンでにぎわう老舗そば店「更科」。来店する客の8割が注文するという「冷やしたぬき」は、この店の代名詞ともいうべき名物…

第67回 名物マスターに会いに行きたくなる洋食店「グリル プランセス」

第67回 名物マスターに会いに行きたくなる洋食店「グリル プランセス」

名古屋市千種区にある洋食店「グリル プランセス」は、まるでタイムスリップしたかのように感じるほど昭和の空気がそこかしこに漂う。味の評判の高さはもちろん、80歳を…

第66回 岐阜・郡上八幡で愛され続ける、変わらない味と存在「松葉屋」

第66回 岐阜・郡上八幡で愛され続ける、変わらない味と存在「松葉屋」

かつて城下町として栄え、今なお古い建物が多く残る郡上八幡エリア。この町で大正時代から営業を続けている「松葉屋」は、今も多くの客を迎えている。

■ 1世紀以上の月…

第65回 大正3年から続く伊勢の“ハイカラ”な洋食店「開福亭」

第65回 大正3年から続く伊勢の“ハイカラ”な洋食店「開福亭」

三重県伊勢市、伊勢市駅の北西にある「しんみち商店街」とその周辺には、長い歴史を持つ店舗がたくさんある。洋食店として営業を続けてきた「開福亭」もその1つで、191…

第64回 “細く長く”を信条とする、発祥の店「元祖 天むすの千寿」

第64回 “細く長く”を信条とする、発祥の店「元祖 天むすの千寿」

三重県の県庁所在地、津市にある大門町は、エビの天ぷらを包んだおにぎり“天むす”が発祥した地だ。ここで長年営業を続けている「元祖 天むすの千寿」による登録商標であ…

第63回 料理の質と低価格の両立にこだわり続ける岐阜・千代保稲荷の老舗「稲金本店」

第63回 料理の質と低価格の両立にこだわり続ける岐阜・千代保稲荷の老舗「稲金本店」

岐阜県海津市にある千代保稲荷神社。参拝した後は、やはりなんといっても名物のナマズやウナギ料理を味わいたい。それもできるだけリーズナブルに。そんな時にうってつけの…

第61回 名古屋・岩塚の「とんかつオゼキ 鈍池店」。名物の“焼きとんかつ”を味わう

第61回 名古屋・岩塚の「とんかつオゼキ 鈍池店」。名物の“焼きとんかつ”を味わう

油で揚げず、鉄板の上で香ばしく焼き上げる“焼きとんかつ”。戦後間もなく、独自の調理法でこのトンカツを開発したのが「とんかつオゼキ」の初代店主だ。その味を確かめる…

第60回 多くの有名人が舌鼓を打った伊勢うどんの老舗「ちとせ」

第60回 多くの有名人が舌鼓を打った伊勢うどんの老舗「ちとせ」

三重県伊勢市、宇治山田駅の近くにある「ちとせ」は、伊勢うどんの店が多いこの地域で、とりわけ長い歴史と老舗らしい佇まいを残している店だ。

■ 有名人に愛された「ち…

第58回 味噌煮込みうどんの原型と噂される「太田屋本店」

第58回 味噌煮込みうどんの原型と噂される「太田屋本店」

愛知県一宮市を東西に走る国道155号線。真清田神社があるあたりの住宅地にたたずむ「太田屋本店」は、味噌煮込みうどんの店として古くから地元に愛される老舗である。

第57回 職人気質と愛嬌で慕われる名古屋・内田橋の大衆食堂「天麺 大黒屋」

第57回 職人気質と愛嬌で慕われる名古屋・内田橋の大衆食堂「天麺 大黒屋」

名古屋市西区の円頓寺、南区の柴田と並び称され、知多街道の入り口としてかつてにぎわいをみせた内田橋エリア。今では静かな雰囲気になってしまった商店街だが、ここで長年…

【第19回】創業から108年を数える洋食店「勝利亭」。その味は、父の仕事を見て学んだもの

【第19回】創業から108年を数える洋食店「勝利亭」。その味は、父の仕事を見て学んだもの

東西に伸びる円頓寺商店街、その東端にある「勝利亭」は、老舗が数多く残る商店街のなかでも、とりわけ長い年月を重ねた老舗洋食店だ。

■ 日露戦争の勝利を祝した店名に…

第56回 「ほかと全然違う」と好評な、伊勢うどんの老舗「中むら」

第56回 「ほかと全然違う」と好評な、伊勢うどんの老舗「中むら」

伊勢市駅と伊勢神宮外宮の間に位置する伊勢うどんの店「中むら」は、1916(大正5)年に創業した老舗である。当初からこの場所で営業をはじめ、長年古い店舗のままだっ…

【第3回】東京オリンピックがつなぐ、天ぷら専門店「天寅」の真摯な想い

【第3回】東京オリンピックがつなぐ、天ぷら専門店「天寅」の真摯な想い

円頓寺商店街の脇道、ひっそりとたたずむ天ぷら専門店「天寅」。1964(昭和39)年の創業当時は、天ぷらの知名度が低く、なかなか苦労したのだとか。

■ 真心を込…

第55回 名古屋ご当地ラーメンの雄。“好来系”の元祖「好来道場」

第55回 名古屋ご当地ラーメンの雄。“好来系”の元祖「好来道場」

好来系(こうらいけい)、というラーメンをご存知だろうか。名古屋市千種区に店を構える「好来道場」を元祖とするラーメン店の総称で、今では全国区の知名度となった台湾ラ…

第54回 “早い、うまい、安い”を守り続ける三重・四日市の「あさひ食堂」

第54回 “早い、うまい、安い”を守り続ける三重・四日市の「あさひ食堂」

昼間は大衆食堂、夜は大衆盛り場という2つの顔を持つ三重県四日市市の「あさひ食堂」。四日市名物のトンテキなど豊富なメニューをそろえ、昼からほろ酔いの人など常にたく…

第53回 昭和初期から続く岐阜・八百津の名物食堂「三勝屋」

第53回 昭和初期から続く岐阜・八百津の名物食堂「三勝屋」

1933(昭和8)年の創業から80年以上の歴史を誇り、岐阜県八百津町の名物食堂として知られている「三勝屋(さんかつや)」。名物の「パーコー」をはじめとする豊富な…

第52回 おいしいものを追求する名古屋市東区の老舗「森田屋」

第52回 おいしいものを追求する名古屋市東区の老舗「森田屋」

国道19号線、赤塚の交差点から少し南西に行くと見つかる「森田屋」は、1888(明治21)年に創業したそば・うどん店だ。道路が整備された現在では、大通りから1本入…

第51回 食の安全にこだわる隠れた名店、岐阜・多治見の「こもり食堂」

第51回 食の安全にこだわる隠れた名店、岐阜・多治見の「こもり食堂」

戦後の昭和20年代に創業し、60年以上の時を重ねてきた岐阜県多治見市の「こもり食堂」。ラー油から手作りしている「担々麺」や自家製の「餃子」など、「なるべく体にい…

【第48回】店自慢のオリジナルメニュー開発が受け継がれる、名古屋市緑区の「とんかつキッチン カナン」

【第48回】店自慢のオリジナルメニュー開発が受け継がれる、名古屋市緑区の「とんかつキッチン カナン」

バラエティ豊かなとんかつがそろう店として知られる、名古屋市緑区の「とんかつキッチン カナン」。個性的なラインナップに目を奪われがちだが、それはとんかつの味とコス…

【第50回】職人の“焼き”がここにある。名古屋のウナギ専門店「炭焼きの店 うな豊」

【第50回】職人の“焼き”がここにある。名古屋のウナギ専門店「炭焼きの店 うな豊」

名古屋市瑞穂区の瑞穂公園や山崎川に程近い、「炭焼きの店 うな豊」。ふっくらとした焼き上がりに定評があり、名古屋でも指折りのウナギ料理の老舗として知られる。

■ …

【第49回】思わず撮影したくなる!インスタ映えする極太きしめん「芳乃家」

【第49回】思わず撮影したくなる!インスタ映えする極太きしめん「芳乃家」

名古屋市昭和区の住宅街にある、創業60年を超える麺処。一見、地元で愛される昔ながらの店という印象だが、思わず写真を撮りたくなるインパクトのある麺が話題となり、遠…

【第47回】家族経営のアットホームな老舗焼鳥店、愛知・春日井「泉屋」

【第47回】家族経営のアットホームな老舗焼鳥店、愛知・春日井「泉屋」

1939(昭和14)年に大衆食堂として創業し、時代と共に店の形態を変えながら、80年に近い歳月を刻んできた愛知県春日井市の「泉屋」。アットホームで良心的な焼鳥店…

【第46回】名鉄堀田駅から少し歩けばたどり着く、長屋の居酒屋「どての品川」

【第46回】名鉄堀田駅から少し歩けばたどり着く、長屋の居酒屋「どての品川」

名古屋市瑞穂区下坂町は、かつて路面電車が走っていた時代には終点駅があり、にぎわいを見せていた地域だ。今ではすっかり住宅地になっているが、往時と変わらぬたたずまい…

【第45回】変わらないことを目指す、“とんちゃん”の店「美奈登」(名古屋市瑞穂区)

【第45回】変わらないことを目指す、“とんちゃん”の店「美奈登」(名古屋市瑞穂区)

かつて商店街だったが、すっかり住宅地になった瑞穂区平郷町の界隈。最寄り駅からは徒歩15分ほどかかる立地ではあるが、1度足を運べば、やがてまた行きたくなる店。個性…

【第44回】昭和23年創業の大須を代表する老舗焼鳥店「初鳥」

【第44回】昭和23年創業の大須を代表する老舗焼鳥店「初鳥」

焼鳥好きのあいだで名店として有名な「初鳥(はつとり)」。この道およそ50年の大将が、炭やタレ、塩などすべてにこだわりながら、長い経験に裏打ちされた絶妙な焼き加減…

【第43回】幸運と工夫で愛され続ける“元気なおかあちゃんの店”、三重・四日市「おかめ堂」

【第43回】幸運と工夫で愛され続ける“元気なおかあちゃんの店”、三重・四日市「おかめ堂」

三重県四日市市、住宅街にある黄色い屋根の小さな店舗。この「おかめ堂」は、地元の老若男女から愛される、知る人ぞ知る名店だ。この店で食べられるメニューは、どれをとっ…

【第42回】老舗食堂を救った“職人の味”「大森屋 本店」

【第42回】老舗食堂を救った“職人の味”「大森屋 本店」

三重県津市にある、だいたて商店街。そこで3代続く「大森屋 本店」は、中華そばで知られる老舗食堂だ。周囲には「大森屋 ○○店」といった似た名称の店が数軒あるが、そ…

【第41回】老若男女の憩いの場。にぎわいが絶えない和菓子店「和泉屋」

【第41回】老若男女の憩いの場。にぎわいが絶えない和菓子店「和泉屋」

岡崎城がある岡崎公園にほど近い商店街。シャッターが閉まったままの店も多い街並みで、人だかりが絶えず目を引くのが、創業から80年を超える和菓子店「和泉屋」だ。

■…

【第40回】おしどり夫婦が営む岐阜・大垣のアットホームな老舗うどん店「東京庵」

【第40回】おしどり夫婦が営む岐阜・大垣のアットホームな老舗うどん店「東京庵」

1923(大正12)年に創業した岐阜県大垣市の「東京庵」。3代目夫婦の温かい人柄や、名物の中華そばなど昔ながらの優しい味が、地域のたくさんの人に愛されている。

【第31回】夫婦の優しさに包まれた「旭家食堂」――永く守り続けたい懐かしの味に出合う

【第31回】夫婦の優しさに包まれた「旭家食堂」――永く守り続けたい懐かしの味に出合う

「こんな古い店によう来てくれたね」。明るく歓迎してくれるお母さんの笑顔に、自然と顔がほころぶ。岐阜県土岐市に店を構える「旭家食堂」は、創業90余年を迎える小さな…

【第39回】伊勢うどんの新スタイルを拓く三重・伊勢「駒鳥食堂」

【第39回】伊勢うどんの新スタイルを拓く三重・伊勢「駒鳥食堂」

三重県伊勢市の伊勢神宮。その周辺には地元の名物である伊勢うどんを出す店が多い。JR伊勢市駅の北西にある新道商店街で長年営業を続ける「駒鳥食堂」は、おいしい伊勢う…

【第38回】初代から変わらない味。丁寧にいれたコーヒーの香り漂う「珈琲処カラス」(名古屋・伏見)

【第38回】初代から変わらない味。丁寧にいれたコーヒーの香り漂う「珈琲処カラス」(名古屋・伏見)

1972(昭和47)年創業の「珈琲処カラス」は、名古屋市のオフィス街・伏見にある。伏見通から三蔵(みつくら)通に入ってすぐの場所に位置しており、レンガ造りの趣あ…

【第37回】和風ソースの「カツ丼」は1度食べたらクセになる!?岐阜・大垣「鶴岡屋 本店」

【第37回】和風ソースの「カツ丼」は1度食べたらクセになる!?岐阜・大垣「鶴岡屋 本店」

岐阜県大垣市には「鶴岡屋」の屋号を名乗るうどん店が3軒ある。その本店が、1902(明治35)年創業のこちら。オリジナル和風ソースの「カツ丼」が一番の名物だ。

■…

【第36回】地域に愛されながら続いてきた岐阜・大垣の老舗うどん店「盛田屋」

【第36回】地域に愛されながら続いてきた岐阜・大垣の老舗うどん店「盛田屋」

JR大垣駅から南東へ徒歩8分、大垣城の城下町に店を構える「盛田屋(もりたや)」。親子2代で協力しながら豊富なメニューを取りそろえ、地域に密着した良心的な経営を続…

【第35回】昭和初期に開業した「レストサカエ」で、元祖・みそかつを

【第35回】昭和初期に開業した「レストサカエ」で、元祖・みそかつを

名鉄瀬戸線・尾張瀬戸駅から歩いて5分、銀座通商店街のほど近くに「レストサカエ」はある。現在は2代目店主と3代目が肩を並べて料理をふるまう。元祖みそかつをはじめ、…

【第34回】家庭の味が恋しくて。働く男たちが憩う場所「日光橋食堂」

【第34回】家庭の味が恋しくて。働く男たちが憩う場所「日光橋食堂」

のんびりとした田園地帯と、多くの企業が集う臨海工業地帯が共存する愛知県海部郡飛島村。その国道23号名四バイパス沿い付近に立ち、トラック運転手たちの憩いの場となっ…

【第33回】夜の手みやげは今も昔もこれで決まり!!注文の電話が絶えない「ぎょうざの美鈴」

【第33回】夜の手みやげは今も昔もこれで決まり!!注文の電話が絶えない「ぎょうざの美鈴」

伊勢神宮外宮から車で5分ほどの宮町に、地元客も観光客も列を成す店がある。昭和30年代、三重県伊勢市周辺に餃子を広めたと言われる専門店「ぎょうざの美鈴(みすず)」…

【第32回】昭和のテイストを家族5代で守り続ける「江戸屋」

【第32回】昭和のテイストを家族5代で守り続ける「江戸屋」

愛知県岡崎市の岩津天満宮の近くにある「江戸屋」。1929(昭和4)年創業、地元の人たちに愛されている食堂である。大正初期に建てられた店舗は交通量の多い道路沿いに…

【第30回】ころかけうどんの元祖として知られる岐阜・多治見の名店「信濃屋」

【第30回】ころかけうどんの元祖として知られる岐阜・多治見の名店「信濃屋」

うどんに冷たいツユをかけて食べるころかけうどん。東海地方ではごく一般的な食べ方だが、その発祥とされているのが岐阜県多治見市にある「信濃屋」だ。独特の食感を持つ手…

【第25回】2017年で創業100周年!大正時代から変わらぬ味の中華そばが食べられる「丸デブ 総本店」

【第25回】2017年で創業100周年!大正時代から変わらぬ味の中華そばが食べられる「丸デブ 総本店」

1917(大正6)年に創業し、2017年でちょうど100周年を迎えた岐阜・柳ヶ瀬の中華そば屋「丸デブ 総本店」。メニューは創業当時から変わらず「中華そば」と「わ…

【第2回】老舗麺処「山田屋」が継承し続けるソウダガツオ節のツユに、“シンプル”の極意を見た

【第2回】老舗麺処「山田屋」が継承し続けるソウダガツオ節のツユに、“シンプル”の極意を見た

名古屋市役所や愛知県庁など官庁街に程近い「山田屋」。うどんや名古屋名物のきしめんが味わえる、戦前から人気の麺処だ。長年愛され続けるそのワケを、3代目店主の息子で…

【第4回】円頓寺の老舗食堂「はね海老」が貫く、曲げないエビフライの極意

【第4回】円頓寺の老舗食堂「はね海老」が貫く、曲げないエビフライの極意

スペイン料理やベトナム料理など、多国籍な飲食店が増えてきている円頓寺商店街。東側の通り、昔ながらの和食と洋食が味わえる食堂「はね海老」がそこにある。

■ 伯父か…

【第6回】戦後すぐから脈々と続く、大須きっての老舗居酒屋

【第6回】戦後すぐから脈々と続く、大須きっての老舗居酒屋

名古屋を代表する商店街の1つ、大須商店街。そのなかでもひときわ歴史が長く、多くの常連客から愛され続けている居酒屋が「大須亭」だ。同店は「1度使えばまた行きたくな…

【第9回】3世代を重ねて愛され続ける、大須交差点の香ばしい誘惑「角屋」

【第9回】3世代を重ねて愛され続ける、大須交差点の香ばしい誘惑「角屋」

大須通の「大須交差点」の角にある焼鳥店、その名も角屋。営業中には活気あるやり取りが店外に漏れ聞こえ、煙に乗せて焼鳥のおいしそうな香りを漂わせる。交差点を通りがか…

【第8回】屋台風の立ち飲み居酒屋「のんき屋」。伝統の甘い味噌おでんで一杯

【第8回】屋台風の立ち飲み居酒屋「のんき屋」。伝統の甘い味噌おでんで一杯

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅東側。駅から10分ほど歩けばたどり着く「のんき屋」は、周囲の都会的な景観とは明らかに異質な、昭和がそのまま残されたようなたたずまいで営…

【第11回】思わず“ただいま”と言いたくなる、味と優しさを求めて。うどん店「河正」

【第11回】思わず“ただいま”と言いたくなる、味と優しさを求めて。うどん店「河正」

百貨店やファッションビルが立ち並ぶ矢場町と大須を結び、若者も多く行き交う大通り沿いに「河正」はある。店を訪れる人にとっては、長年変わらぬ味と店を守る女性スタッフ…

【第10回】選べる“おふくろの味”、半世紀以上変わらない名古屋の「江戸っ子食堂」

【第10回】選べる“おふくろの味”、半世紀以上変わらない名古屋の「江戸っ子食堂」

歴史を重ねてきた事実がひと目で分かる外観。ガラガラと鳴る戸を開けて中に入ると、店主の元気な「いらっしゃい!」の声と、料理の香りが歓迎してくれる。名古屋市東区代官…

【第16回】手打ち麺にこだわり続けて115年を数える「岩正手打ちうどん店」

【第16回】手打ち麺にこだわり続けて115年を数える「岩正手打ちうどん店」

尾張徳川家の菩提寺、徳興山建中寺がある名古屋市東区筒井町には、長い年月愛され続ける名店がいくつかある。「岩正手打ちうどん店」もその1つだ。

■ お手頃価格の美食…

【第7回】新旧の客が憩う「喫茶 ライオン」。店を愛し、引き継ぐ夫婦を訪ねる

【第7回】新旧の客が憩う「喫茶 ライオン」。店を愛し、引き継ぐ夫婦を訪ねる

古風な看板、年代物のインテリア、深煎りのコーヒー――。 昔ながらの佇まいを残し、当時から変わらぬメニューと接客に懐かしさを覚える“レトロ喫茶”。名古屋・栄の広小…

【第5回】料理人歴45年以上の店主が営む中国料理店「上海屋」。自信に満ちた確かな味を堪能する

【第5回】料理人歴45年以上の店主が営む中国料理店「上海屋」。自信に満ちた確かな味を堪能する

東京や名古屋の名店で修業を積んだ店主と、上海出身の奥さんの夫婦で営む中国料理店「上海屋」。修業先を含めて料理人歴は45年以上にもなる、長年の熟練技が光る。

■ …

【第14回】昭和価格のケーキとコーヒーでひと息。常連が集う純喫茶「ボンボン」

【第14回】昭和価格のケーキとコーヒーでひと息。常連が集う純喫茶「ボンボン」

名古屋の食文化とは切っても切り離せない、喫茶店文化。なかでも、東区泉にある「ボンボン」は、栄や名古屋駅など街の中心地から少し外れた場所にあるにもかかわらず、いつ…

【第13回】明治40年創業。全国にその名を知られた伏見の老舗居酒屋「大甚本店」

【第13回】明治40年創業。全国にその名を知られた伏見の老舗居酒屋「大甚本店」

広小路伏見交差点の南東角に、100年以上も営業を続ける居酒屋がある。その名も「大甚 本店」。1907(明治40)年創業の老舗として、知名度はもはや全国区といって…

【第22回】大正時代のレシピが残る、矢合観音参道の食事処「小玉屋食堂」

【第22回】大正時代のレシピが残る、矢合観音参道の食事処「小玉屋食堂」

愛知県稲沢市には、江戸時代から矢合(やわせ)観音が祀られており、この地には霊験あらたかな井戸水が湧くと民間信仰で伝えられている。その参道入口に「小玉屋食堂」は店…

【第20回】力士や相撲関係者も訪れる、ちゃんこ鍋が名物の老舗「柳ばし 角重」

【第20回】力士や相撲関係者も訪れる、ちゃんこ鍋が名物の老舗「柳ばし 角重」

戦後間もない1948(昭和23)年ごろに創業を果たした名駅南の「柳ばし 角重(かどじゅう)」。一時代を築いた有名力士や大相撲名古屋場所の関係者にも愛されてきた名…

【第17回】創業以来の継ぎ足し味噌ダレで煮込む、「味処 叶」の元祖・味噌カツ丼を求めて

【第17回】創業以来の継ぎ足し味噌ダレで煮込む、「味処 叶」の元祖・味噌カツ丼を求めて

元祖・味噌カツ丼の店としてテレビや雑誌などのメディアに多数出演している「味処 叶(かのう)」。1949(昭和24)年の創業時から変わらぬ場所で、現在は2代目の主…

【第21回】100年以上受け継がれる手打ちの技と“桜天”に魅了される麺処「丸一」

【第21回】100年以上受け継がれる手打ちの技と“桜天”に魅了される麺処「丸一」

いつも多くの人でにぎわう大須商店街に近い、上前津にある麺処「丸一」。辺りは静かな住宅街だが、昼時ともなれば多くの客が集まってくる人気店だ。

■ 美しさとボリュー…

【第18回】父の作った空間と、母が選んだブレンドの味「純喫茶クラウン」

【第18回】父の作った空間と、母が選んだブレンドの味「純喫茶クラウン」

名古屋の繁華街“錦3”こと錦3丁目。その西側にある錦2丁目は、かつて繊維問屋街として全国有数の規模でにぎわいを見せていた地域だ。往時を知る「純喫茶クラウン」は、…

【第23回】名物のサンドイッチを目当てに。創業70年の名古屋喫茶チェーン「コンパル」

【第23回】名物のサンドイッチを目当てに。創業70年の名古屋喫茶チェーン「コンパル」

名古屋の喫茶文化を築き上げてきたとも言うべき、地元では誰もが知っている名店がある。創業70年の歴史を持ち、いち早くチェーン展開を成功させた老舗喫茶「コンパル」だ…

【第27回】創意工夫を重ねて81年、今池の名物パン店「中屋パン」

【第27回】創意工夫を重ねて81年、今池の名物パン店「中屋パン」

名古屋駅や栄などのデパートでも販売されている「あんドーナツ」で有名な「中屋パン」は、創業から81年を数える名古屋を代表する老舗パン屋さんである。

■ 今池に在り…

【第26回】ブラックミュージックで飾った古民家のノスタルジックな味「大栄軒製パン所」

【第26回】ブラックミュージックで飾った古民家のノスタルジックな味「大栄軒製パン所」

ジャズ、レゲエのステッカーやイラストなどで飾られたレトロな建物。外から見ただけでは何の店かわかりにくい佇まいだが、四日市の名物のように広く知られる人気パン店、そ…

【第24回】地元で愛され続ける昔ながらのパン屋さん「サカエパン」

【第24回】地元で愛され続ける昔ながらのパン屋さん「サカエパン」

JR岐阜駅の南口を出て、最初の交差点を渡ったすぐのところに店を構える「サカエパン」。誰もが気軽に食べられる“低価格でおいしいパン”をモットーに、1日あたり60~…

【第29回】新しい一歩を控える鉄板スパゲティ発祥の店「喫茶ユキ」

【第29回】新しい一歩を控える鉄板スパゲティ発祥の店「喫茶ユキ」

名古屋市には、卵を敷いた鉄板にナポリタンをのせて出す店がひと際多い。“鉄板スパ”や“鉄板ナポリタン”とも呼ばれるこのスタイルを生み出したのは、名古屋市東区・車道…

【第1回】大須で創業80余年の大衆食堂「互楽亭」。浅田真央も愛した老舗の味を食す

【第1回】大須で創業80余年の大衆食堂「互楽亭」。浅田真央も愛した老舗の味を食す

大衆食堂や老舗の麺処など、ノスタルジックな雰囲気が漂う飲食店を紹介するこの連載。記念すべき第1回は、先日現役引退を発表した浅田真央さんがよく訪れていたという大衆…

【第15回】“細く長く”を目指す、明治時代から続く伝統の店「一八本店」

【第15回】“細く長く”を目指す、明治時代から続く伝統の店「一八本店」

たくさんの仏具店がならぶ大須商店街の南側、名古屋市中区橘のあたりは、戦火を免れた古い建物が残る地域。この場所で明治時代からうどん店としてあり続ける店が「一八本店…

【第28回】大須商店街で変わらぬ味と時を刻み続けている「モカ珈琲店」

【第28回】大須商店街で変わらぬ味と時を刻み続けている「モカ珈琲店」

大須観音の門前町として発展した大須(名古屋市中区)。1912(大正元)年に生まれたと言われる大須商店街には、古くから続く老舗のほかに、多様なカルチャーが集い次々…

【第12回】1世紀を超えて在り続ける名古屋屈指の老舗洋食店「ラク亭」

【第12回】1世紀を超えて在り続ける名古屋屈指の老舗洋食店「ラク亭」

現在、住宅地として新しい建物が増えているなか、周辺とは一線を画す雰囲気で佇み続けている洋食店が、この「ラク亭」だ。

■ 創業から100年を超える老舗洋食店

ラク…

ページ上部へ戻る