東海ノスタルジーグルメ ~懐かしの味を求めて…~

2017年11月06日 15:26更新

東京ウォーカー(全国版)

東海ノスタルジーグルメ ~懐かしの味を求めて…~

懐かしの名店を求め編集部が東海を探訪。“ノスタルジーグルメ”の決定版をお届け!

【第13回】明治40年創業。全国にその名を知られた伏見の老舗居酒屋「大甚本店」

【第13回】明治40年創業。全国にその名を知られた伏見の老舗居酒屋「大甚本店」

広小路伏見交差点の南東角に、100年以上も営業を続ける居酒屋がある。その名も「大甚 本店」。1907(明治40)年創業の老舗として、知名度はもはや全国区といっても過言ではない。 ■店主も女将もこの道...

【第24回】地元で愛され続ける昔ながらのパン屋さん「サカエパン」

【第24回】地元で愛され続ける昔ながらのパン屋さん「サカエパン」

JR岐阜駅の南口を出て、最初の交差点を渡ったすぐのところに店を構える「サカエパン」。誰もが気軽に食べられる“低価格でおいしいパン”をモットーに、1日あたり60~70種類のパンを焼いている。近所のお婆さ...

【第25回】2017年で創業100周年!大正時代から変わらぬ味の中華そばが食べられる「丸デブ 総本店」

【第25回】2017年で創業100周年!大正時代から変わらぬ味の中華そばが食べられる「丸デブ 総本店」

1917(大正6)年に創業し、2017年でちょうど100周年を迎えた岐阜・柳ヶ瀬の中華そば屋「丸デブ 総本店」。メニューは創業当時から変わらず「中華そば」と「わんたん」のみ。ラーメンがまだ支那そばと呼...

編集部イチオシ!愛され続けてきた愛知県の名店5選

編集部イチオシ!愛され続けてきた愛知県の名店5選

日本全国津々浦々。どの地域にも、後世まで語り継ぎたい老舗があるものだ。そんな“老舗”をテーマに、今回スポットを当てるのは愛知県。編集部イチオシの5店はココだ! ■昭和の初期から愛されてきた元祖みそか...

【第26回】ブラックミュージックで飾った古民家のノスタルジックな味「大栄軒製パン所」

【第26回】ブラックミュージックで飾った古民家のノスタルジックな味「大栄軒製パン所」

ジャズ、レゲエのステッカーやイラストなどで飾られたレトロな建物。外から見ただけでは何の店かわかりにくい佇まいだが、四日市の名物のように広く知られる人気パン店、それがこの「大栄軒製パン所」だ。 ■主人...

【第27回】創意工夫を重ねて81年、今池の名物パン店「中屋パン」

【第27回】創意工夫を重ねて81年、今池の名物パン店「中屋パン」

名古屋駅や栄などのデパートでも販売されている「あんドーナツ」で有名な「中屋パン」は、創業から81年を数える名古屋を代表する老舗パン屋さんである。 ■今池に在り続ける有名パン屋さん 「中屋パン」の...

【第28回】大須商店街で変わらぬ味と時を刻み続けている「モカ珈琲店」

【第28回】大須商店街で変わらぬ味と時を刻み続けている「モカ珈琲店」

大須観音の門前町として発展した大須(名古屋市中区)。1912(大正元)年に生まれたと言われる大須商店街には、古くから続く老舗のほかに、多様なカルチャーが集い次々と新しい店がオープンしている。新旧の顔を...

【第7回】新旧の客が憩う「喫茶 ライオン」。店を愛し、引き継ぐ夫婦を訪ねる

【第7回】新旧の客が憩う「喫茶 ライオン」。店を愛し、引き継ぐ夫婦を訪ねる

古風な看板、年代物のインテリア、深煎りのコーヒー――。 昔ながらの佇まいを残し、当時から変わらぬメニューと接客に懐かしさを覚える“レトロ喫茶”。名古屋・栄の広小路通沿いに店を構える「喫茶 ライオン」も...

第54回 “早い、うまい、安い”を守り続ける三重・四日市の「あさひ食堂」

第54回 “早い、うまい、安い”を守り続ける三重・四日市の「あさひ食堂」

昼間は大衆食堂、夜は大衆盛り場という2つの顔を持つ三重県四日市市の「あさひ食堂」。四日市名物のトンテキなど豊富なメニューをそろえ、昼からほろ酔いの人など常にたくさんの客でにぎわっている。 ■四日市一...

第51回 食の安全にこだわる隠れた名店、岐阜・多治見の「こもり食堂」

第51回 食の安全にこだわる隠れた名店、岐阜・多治見の「こもり食堂」

戦後の昭和20年代に創業し、60年以上の時を重ねてきた岐阜県多治見市の「こもり食堂」。ラー油から手作りしている「担々麺」や自家製の「餃子」など、「なるべく体にいいものを」をモットーに、食の安全にこだわ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

1/ 8(全76件中1〜10件)

ページ上部へ戻る