江口のりこが民放ドラマ初主演!“ソロ活女子”への率直な考えを語る

2021年4月2日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ドラマ「半沢直樹」(TBS系)での国土交通大臣役で世間に強烈なインパクトを与えた女優の江口のりこ。それ以降、出演作は途切れず、1月期では「俺の家の話」(TBS系)や「その女、ジルバ」(フジテレビ系)の2作に出演。独特の存在感とリアリティのある演技でどんな役もこなし、舞台、映画、テレビドラマと多方面で活躍中だ。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


そんな江口が、4月2日(金)スタートのドラマ25「ソロ活女子のススメ」(テレビ東京ほか・毎週金曜24時52分)にて、満を持して民放ドラマ初主演を務める。

フリーライター・朝井麻由美の人気のエッセイ本「ソロ活女子のススメ」(大和書房刊)を原案に、主人公・五月女恵(さおとめ・めぐみ)が“ソロ活”に邁進しながら、新たな“ひとり○○”を体験していく本作。恵を演じる江口に、“ソロ活”への思いや、約22年間向き合う“芝居”について話を聞いた。

【写真】江口のりこのクールな表情を切り取った撮りおろしカット


「自分がしたことのない経験を楽しめるのでは」と期待

――民放ドラマ初主演で、“ソロ活女子”をテーマにした作品ですが、初めてこの役の話を聞いたときはどんな気持ちでしたか?また、ソロ活はされますか?

【江口のりこ】ソロ活女子ということで、いろいろな所に行くんだろうな、自分がしたことのない経験を楽しめたらいいな、と思いました。

恵は、焼肉、水族館、動物園をはじめ、あっちこっちひとりで行きます。たくさんのことに興味を持って、すごく活動的な人だなと感じましたね。

いい大人は、大体がソロ活をしているはず。私もひとりでご飯を食べに行くし、映画や芝居もひとりで観たりします。でも、恵のように「遊びに行くときは、全部ひとり」っていうわけではないですね。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


――恵を演じるにあたって、何か意識されていることはありますか?

【江口のりこ】とりあえず現場を見て、やってみるっていう、それだけですね。今回は自分が実際に行ってみて、さまざまなソロ活を素直に楽しめばいいのかなと。1話で恵はリムジンを貸し切って夜景を見に行きますが、夜景を見てキレイだと思えばキレイだし、そう思わなかったらそのままでもいいのかなとも思っています。

――脚本を読まれてみて、恵に共感する部分はありましたか?

【江口のりこ】人に対して用心深いところは、共感できますね。恵は、ソロ活をやっていく中で自分の意識も変わっていきます。ひとりでいることを周りにどう見られているかを気にしていましたが、寂しい人だと思われていると感じる自分がいるから、気になるんだということに気付いていく。おもしろい脚本だなと思いました。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


――ソロ活というと、ひと昔前は少しネガティブなイメージがあったように思いますが、最近ではひとりで楽しむということをポジティブにとらえることも多くなってきましたよね。

【江口のりこ】そうですね。でも、本当にそうなのかなっていう思いもありますよ。ひとりで胸を張って動物園にいる女を「寂しそう」って思う人もいてもいいと思うし、私自身も普段、ひとりで何かしているときに、誰かいたら「おいしい」「楽しい」などの感情を共有できて、もっとおもしろいのになと思うこともあります。

一方で、ひとりでいろいろ満喫できてうらやましい、素敵って思う人もいてもいいですし。受け取り方は本当に人それぞれなので、自身の素直な感情で見ていただけたらと思います。個人的には、みんなといる時間、ひとりでいる時間、どちらも楽しみたいです。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


今、気になっているソロ活は“陶芸”

――今、気になっているソロ活はありますか?

【江口のりこ】陶芸ですかね。この前、マグカップを割ってしまい、何かいいのはないかなと探していて、いっそ作った方がいいんじゃないかなと思っています。取っ手が持ちやすいのが欲しくて、だったら自分の手に合わせたものをそのまま焼けばいいだけなのかと(笑)。物を作るのは好きですね。

――江口さんはアクティブなタイプですか?今はなかなか出かけにくい状況ですが、コロナが落ち着いたら訪れてみたい場所はありますか?

【江口のりこ】私はあまりアクティブではないですね。静かな所に行きたいと思ったら、歩いてそういう所を散歩するくらいはしていましたが、わざわざ新幹線などに乗って遠出することはあまりしたことがなくて。ですが、コロナが落ち着いたら、どこか遠くに出かけたいですね。四季を感じられる自然がある場所で、リラックスしたいです。

あと、「愛媛県立とべ動物園」に行ってみたいですね。テレビのドキュメンタリー番組で見た、ホッキョクグマのピースと飼育員さんの関係性が愛情に溢れていて、ものすごくおもしろかったんです。ピースに会ってみたいです。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


――世間はお花見シーズン真っ最中ですが、今年はソロ活でお花見を楽しむのもありですよね。

【江口のりこ】今年は集まって飲み食いするのが難しいので、散歩しながら桜を楽しめたらいいですよね。私、お花見は人生で2回しかしたことがなくて、寒かったという思い出しかないんです(笑)。でも、お天気がいい昼間に外でご飯を食べるのは、すごく気持ちがよかったですし、気分が上がりました。

――日常とはまた違った感覚を楽しめますよね。このドラマでは、恵を通して、贅沢な時間を満喫できるさまざまなソロ活情報が紹介されますが、緊急事態宣言も明けたこの時期、ひとりや少人数でおでかけするうえでいろいろ参考になりそうですね。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


【江口のりこ】そうですね。このドラマでは、恵を通してこんな遊びもあるんだと、新たな楽しみ方を発見できると思うので、ぜひご覧になってください。

作品は自分ひとりで作っているわけじゃない

――同時期にさまざまな作品に出演されていますが、役の切り替わりなどで意識されていることはありますか?

【江口のりこ】役の切り替えは特に意識していないですね。現場に行くと、その役の衣装やメイクが用意されていて、そこにいる人たちの中で過ごしていると、その役のモードになるんです。役者だからということじゃなくて大抵そうだと思うんですが、人って雰囲気にのまれません?キレイな場所に行ったら感動するし、暗いどんよりした所に行ったらそういう気持ちになる。特別なことではなく、自然に環境に対応してるだけのような気がしますね。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


――『半沢直樹』で注目を集めてから、周りの反応は変わったりしましたか?

【江口のりこ】それが何も変わらないんですよね。しいて挙げるとしたら、取材のときにこの質問がくるってことぐらいですね(笑)。引っ越しもしていないし、周りの人間も本当に変わらないです。

――自身の中での芝居に対する意識なども変わりないですか? 

【江口のりこ】役への向き合い方なども、何も変わってないです。ただいつものようにやっていた仕事がたまたま視聴率が良かっただけで、私としては何も変わらず仕事をしているだけですから。上京した18歳の終わりから芝居に対する気持ちは全然変わっていないです。あまりに変化がないので、今40歳というのが信じられないですね(笑)。

――今年は映画『事故物件 恐い間取り』で「日本アカデミー賞」優秀助演女優賞にノミネートされましたが、そのときの気持ちはいかがでしたか?

【江口のりこ】そんなこと、まったく思ったこともなかったので、「あれ、なんで?」「アカデミー賞どうしたんやろう」って思いましたね。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


――「日本アカデミー賞」をはじめ周りから芝居への賛辞を受けることも多いと思いますが、江口さん自身は手応えを感じる部分はあったりするのでしょうか?

【江口のりこ】やはりうまくいった、いかないっていうのは、やっていていちいち感じたりもします。けど、作品は自分ひとりでやっているわけじゃなくて。映像作品では、自分が考えた演技も編集によって雰囲気がまったく違ったものになっていたりするんです。例えば、私が間を10秒空けたとしても、編集で3秒になっていたり。そのような体験をしていると、自分がいくら考えたところで、自分だけのものが作れるわけではないので、いい意味で肩の力を抜きながら自分のやるべきことができています。

――役作りに関しても、周りに染まっていく感じなのでしょうか?


【江口のりこ】そうですね。自分が考えていることは、自分が今まで経験してしたことでしか想像できないじゃないですか。こうかなと思ってやったことに対して、まったくの他人である監督にこうしてほしいと言われたら、自分にとって違和感があることでも、多分そうした方がおもしろくなるような気がするんですよね。なので、監督の言うことは聞いてみようっていう気持ちがいつもありますね。

ドラマ「ソロ活のススメ」で、主人公の早乙女恵を演じる江口のりこ


――1999年に劇団の研究生になられてから22年、ずっと役者業をされていますが、江口さんにとってお芝居とはどういったものですか?

【江口のりこ】すごく楽しいものでもあり、難しいものですね。正解がなく、難しいからこそずっと続けていられるし、これからも続けたいです。本当に楽しくて、その気持ちは最初からずっと変わらないですね。

――今後、挑戦したい役や作品はありますか?

【江口のりこ】作品の中で陶芸をやりたいですね。自分じゃなかなか行かないと思うので、陶芸家の役がきたらうれしいです。そして、ついでにマグカップが作れれば(笑)。

撮影=冨永智子
取材・文=高山美穂

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る