岩田剛典が最新作で肉体美を披露!自信があるのは「死ぬほど鍛えました」と話すあるパーツ

2022年2月28日 10:10更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2022年2月14日にNetflixで配信がスタートした『金魚妻』。累計300万部超えの同名漫画を原作に、DVやモラハラで傷ついた主人公の平賀さくら(演・篠原涼子)と禁断の恋に落ちる春斗を、岩田剛典(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が演じている。

Netflixシリーズ「金魚妻」で禁断の恋に落ちる青年・春斗を演じる岩田剛典(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)


タワーマンションに暮らす妻たちが一線を越えていくラブストーリーを、全8話のオムニバス形式で描く本作で、“大人の恋愛”に挑んだ岩田はこの作品をどのようにとらえて演じたのか。また、俳優としての自身についても語ってもらった。

【写真】岩田剛典の色気溢れる撮り下ろしカット多数!


“年上の女性と年下男子の純愛”という解釈で演じた春斗

――本作『金魚妻』は配信開始からさっそく注目を浴びていますね。まず、岩田さんはこの作品に対してどういった印象を抱きましたか?

【岩田剛典】すごくセンシティブな題材ではあると思うんですけど、僕の中では“年上の女性と年下男子の純愛”みたいな、そういった解釈をしていたんです。実際、僕が演じる春斗は、真っ当な純愛作品に見えるシーンの積み重ねが多かったので。

――春斗役としてオファーを受けた時、ご自身のどんなところが求められていると感じましたか?

【岩田剛典】まさに、年下男子的な要素を感じていただいてオファーをくださったと思うので、そこをより強調する演技を目指しました。

Netflixシリーズ「金魚妻」メインカット


――岩田さんの中での年下男子のイメージというと?

【岩田剛典】なんですかね…純粋さじゃないかな?いろいろなことに対してフラットでいて、純粋でいて。あとは、ちょっとドジというか(笑)。母性本能をくすぐるようなところっていうのはありますよね。

――ご自分にも、年下男子要素はあると思いますか?

【岩田剛典】昔からそういった要素があると言われることはありました。笑顔とか。ただ、今回は年齢的に“ギリギリじゃない?”って思ったけど(笑)。そういう意味では、年下男子キャラをできるタイミングも限られてると思うので、いいチャンスをいただいたなと思います。


年上女性の魅力は「余裕や懐の深さ、包容力だと思う」

――年上の女性に惹かれていく春斗の気持ちに共感できる部分はありましたか?

【岩田剛典】知識や経験というものからくる、余裕や懐の深さ、包容力があるところが年上の女性の魅力だと思うんです。春斗とさくらの場合は、単純に一目惚れという関係ではないので共感とはまた違うかもしれないですけど。そういう部分に惹かれる気持ちは共感できますね。

――今作はインティマシー・コーディネーター(センシティブシーンの撮影において俳優の精神的・身体的サポートをするコーディネーター)が入ったうえでのラブシーンが多いのもポイントだと思いますが、そういう現場に携わってみていかがでしたか?

【岩田剛典】やっぱり、ほかの現場との違いはそういうセクシャルな部分ですよね。そういうシーンがいきなり差し込まれるから、もし僕がテレビで観てたらビックリする(笑)。でも、そういう部分は、見てはいけないものを見ているような、ドキドキを求める気持ちに応えられていると思います。

Netflixシリーズ「金魚妻」劇中カット


――まさに第1話では、篠原涼子さんとお風呂場でのラブシーンもありましたよね。撮影時、心がけていたことはありましたか?

【岩田剛典】そこは第1話のクライマックスで、視聴者が息を呑むシーンだと思うんですよ。だから、すごく緊張感がありました。撮影が結構序盤の方だったから、篠原さんとも信頼関係があまり築けていない状態だったんです。それも、いい緊張感に繋がったのかもしれない。

――緊張感をほぐしてというよりは、むしろそれを活かして。

【岩田剛典】そうですね。全身が濡れている状態での撮影だったので、寒くて!熱いシャワーをかけながら撮影していました。


――篠原さんとは、現場でどのようにコミュニケーションを取りながら撮影されていたんでしょうか?

【岩田剛典】第1話の船に乗るシーンは2人で考えながら段取りを組んで、自然な笑顔も出せるようにお互いにアドリブを入れていきました。屋上でビールを飲むシーンは、僕がふざけたのに対して篠原さんが笑ってくれたのを覚えていますね。


死ぬほど鍛えた背中が自信のあるパーツ?

――ちなみに、篠原さんは岩田さんの肉体美をすごく絶賛されていましたが、ご自身としては一番自信があるパーツはどこでしょう?

【岩田剛典】撮影時は本当に何もしていない時期だったんですよ(笑)。褒めてもらえるのはありがたいんですけど、今回の役のために何かをしたわけでもなく、普段通り。役柄としても、金魚店の店主ということであんまりいい体過ぎるのもどうかな?と思って。ただ、『HiGH&LOW』の撮影時に背中を丸出しにして拷問されるシーンがあって、その時に死ぬほど背中を鍛えたんです(笑)。その名残がまだあるので、強いていえば背中ですかね。


――作中でも体を見られるシーンがたくさんありますが、魅せ方についてはどんなこだわりを?

【岩田剛典】そこは並木(道子)監督からもいろいろ指導を受けて、演出を付けてもらいました。手の寄りとか体のパーツを撮っていく部分では大げさに意識したり、画角によって手の位置を変えたりしましたね。正直、手や足に寄られるって、照れ臭かったですけど、足の指先までしっかり見てもらえたらと思います。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全18枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る