コーヒーで旅する日本/九州編|たまに、ふと寄りたくなる。そんな何気ない日常に溶け込む店を目指して。「square coffee&bake」

2022年5月9日 09:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

全国的に盛り上がりを見せるコーヒーシーン。飲食店という枠を超え、さまざまなライフスタイルやカルチャーと溶け合っている。なかでも九州はトップクラスのロースターやバリスタが存在し、コーヒーカルチャーの進化が顕著だ。そんな九州で注目のショップを紹介する当連載。店主や店長たちが気になる店へと数珠つなぎで回を重ねていく。

入口側は一面ガラス張りと、オープンな造り

九州編の第24回は、長崎県・長崎市にある「square coffee&bake」。2022年3月1日にオープンしたばかりながら、すでに地域の人たちの憩いの場となり、焼き菓子やパンは昼過ぎになると、売り切れになることもあるほど。店は良い意味で個性を主張しない、まるで真っ白なキャンバスのような空間。だれでも気兼ねなく立ち寄れるニュートラルなスタイルを選んだ「square coffee&bake」。オーナーの伊藤さん夫妻に店に込めた思いを聞いた。

Profile|伊藤千晶
1987(昭和62)年、長崎県長崎市生まれ。もともと病院で専門職として働いていたが、違う世界も見てみたいと、ワーキングホリデー制度を利用して、1年間オーストラリアへ。帰国後、知人だったKARIOMONS COFFEE ROASTERのオーナーの誘いもあり、同店で働き始める。それを機に抽出やコーヒーショップならではのサービスの世界の奥深さに魅力を感じ、本格的にコーヒーの道へ。結婚、出産を機に、KARIOMONS COFFEE ROASTERを退職。その後、長崎市出島にあるスペシャルティコーヒー店、Atticにてバリスタとして約7年間勤務。2022年3月1日、アパレル業界一筋だったご主人の洋介さん(写真左)と一緒に「square coffee&bake」をオープン。コーヒーの抽出や焼き菓子・パン作りは千晶さん、サービスや店舗の運営管理は洋介さんが主に担当。

だれでも気軽に利用できるニュートラルな店に

店内はできるだけ無駄を削ぎ落としたデザイン。テーブル席とカウンター席を用意

長崎市の観光名所の一つ、新地中華街。そんな異国情緒漂う飲食街と同じ町内に「square coffee&bake」はあるが、店の周辺はマンションやアパート、雑居ビルなどが建ち並ぶ、ローカルな雰囲気。車道に面さず、マンションの間の路地にあり、店の存在を知らなければ、見落としてしまいそうだ。そんな目立たない立地ながら、客は次々と訪れる。

「今まで、KARIOMONS COFFEE ROASTERさん、Atticさんで働いてきて、コーヒーショップって本当にさまざまな人が訪れる場所だと実感したんです。だから、自分で店をやるなら、どなたでも気軽にフラリと立ち寄れるようなオープンな店にしたいと思いました」とオーナーバリスタの伊藤千晶さん。

その言葉通り、ファサードは一面ガラス張りで、通りに開けた造り。外からも様子がわかる店内は白と木目で統一されており、シンプルだ。

ショーケースに焼き菓子やパンが並ぶ

ドリンクもドリップコーヒー(450円)、水出しコーヒー(450円)、ラテ(500円)といったコーヒー系以外に、ルイボスティー(350円)、ホットレモネード(400円)、ミックスベリーソーダ(400円)などを用意し、コーヒーが苦手な人の選択肢も豊富。子供はどのドリンクを注文しても150円引きに設定しているのは、自身も子育て中である伊藤さん夫妻らしい心遣いだと感じた。

産地や品種による違いを、味わいを通して

コーヒーの味わいで大切にしているのは、一口目から感じる優しさや、丸みのあるアフターテイスト

2022年5月現在、店で使用しているコーヒー豆はブラジル パッセオ農園、エチオピア イルガチェフェの2種。豆は前職で勤めていたAtticから仕入れている。焙煎度合いはともに中煎りとほぼ同じながら、ブラジルはナッツやチョコレートを思わせる香ばしいフレーバー、エチオピアはナチュラル(※1)由来のフルーティーさと、味わいがガラリと異なる。千晶さんは「私自身、最初にスペシャルティコーヒー、しかもシングルオリジンを飲んだ時、産地や生産処理の仕方で、こんなに味わいが変わるんだっていう発見があり、それもまたコーヒーの世界に引き込まれた理由の一つになりました。当店をご利用いただくお客様にも、そんな出合いをしていただけたらうれしいです」と話す。

ドリップコーヒーと抹茶のパウンドケーキ(300円)

ドリップコーヒーは2種の豆からセレクトでき、エスプレッソにはミルクとの相性が良いブラジルを採用。豆の個性を理解した上でのセレクトで、さらに水出しコーヒーはブラジルをベースにエチオピアを少量ブレンドするなど、随所にバリスタとしてのこだわりが光る。

「水出しコーヒーはアイスで飲んでいただくので、華やかさも少しプラスしたかったんです。ちょっとしたことですが、コーヒー好きの方にもご満足いただけるような工夫はこれからも考えていきたいです」(千晶さん)

【写真】約12時間かけて抽出する水出しコーヒー。ブラジル由来の香ばしさがテイストの柱。最初にフワッと感じるエチオピアの華やかさがエッセンスに

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る