木村文乃「30代半ばっていろいろ迷う時期」最新作でこれまでと異なる芝居にアプローチ

2022年9月15日 19:31更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
撮影=久保田司

矢野顕子のアルバム「LOVE LIFE」に収録された同名楽曲をモチーフに、愛と人生に向き合う夫婦の物語を描いた映画『LOVE LIFE』。『淵に立つ』や『よこがお』などの深田晃司が監督を務めた本作で主演を務めた木村文乃に、撮影秘話や共演者とのエピソード、さらにはオフの日の過ごし方などを語ってもらった。

自分がやるべきことのすべては「台本に書かれている」

――本作のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

【木村文乃】オファーをいただいた時は、これまで自分がやってきたのとは違うお芝居のアプローチに挑戦したいと思っていた時期だったので、深田晃司監督の作品ならばそれができるのではないかと思いました。なので、すごくいいタイミングで声をかけていただけてありがたかったです。

――深田監督の作品に対してどのような印象を持っていましたか?

【木村文乃】何人かで観賞しても同じ感想を持つ人がひとりもいないというか、“観る人によって異なる解釈ができる作品を撮る監督”という印象を持っていました。

――実際に監督の演出を受けてみていかがでしたか?

【木村文乃】とても繊細な演出をされるので、“監督の言葉をひとつでも聞き漏らすと大変だ”という緊張感が常にありました。例えるならば細〜いピアノ線の上をゆっくり歩いていて、ふとした瞬間に足がツルッと滑って落ちてしまうような感覚というか(笑)。集中力が試される現場でしたね。

映画『LOVE LIFE』場面写真(C)2022映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS


――木村さんが演じた妙子は息子を連れて再婚し、そのあと、ろう者の元夫と再会するという複雑な展開となっていきますが、どんなことを大事に演じましたか?

【木村文乃】本作は監督が20年間温めた作品なので、“自分がやるべきことのすべては台本に書かれている”という意識で挑みました。窮屈さを感じることも特になかったですし、もしもわからないことがあっても監督に聞けば明確な答えが返ってくるので、とにかくワンシーンワンシーン丁寧に表現することを大事に演じていました。

――監督とのやり取りの中で印象に残っているエピソードを教えていただけますか?

【木村文乃】監督は、台詞の言い方に関して基本的にはこちらに任せてくださったのですが、ラストで妙子が言う「行こうか」だけは「トーンを抑えて言ってみてください」とリクエストがありました。だけど妙子を演じていく中で、どうしても明るいトーンで「行こうか」を言いたかったので、そのことをお伝えしつつ抑えたトーンと明るいトーンの両方をやらせていただいたんです。

それで完成を観たら明るいトーンの「行こうか」を採用してくださっていたのでホッとしましたし、正直な気持ちをぶつけて良かったなと思いました。

撮影=久保田司


曖昧なニュアンスがない手話は「私に合っている」

――劇中で、息子の敬太くんや元夫のパクさんと手話で会話をするシーンがありましたが、挑戦されてみていかがでしたか?

【木村文乃】劇中では韓国の手話をやっていたのですが、特に難しさはあまり感じませんでした。おそらく日本の手話を先に覚えていたら逆に覚えるのが大変だったのではないかと。手話に挑戦してみて思ったのが、言葉よりも自分の感情を伝えやすいということ。

手話には“たぶん”のような曖昧なニュアンスがないので、日本人特有の“多くを語らずに察してもらう”みたいなことがなく、そのほうが私には合っているなと思いました(笑)。

――夫・二郎役の永山絢斗さん、元夫・パク役の砂田アトムさんとは現場でどのようにコミュニケーションを取っていらっしゃったのでしょうか?

【木村文乃】永山さんは年が近いこともあって、「最近どう?」みたいな身の上話で盛り上がっていました(笑)。砂田さんとは台詞で覚えたことや簡単な手話での会話になりましたが、とてもポジティブで明るい方なので私もスタッフさんも元気を貰っていました。

クランクアップの時に砂田さんが「きっとやりにくかったと思うけど、みなさんがちょっとしたことでも手話で会話をしてくれたのですごくうれしかったです」と仰っていた言葉が印象に残っています。

――パクさんは奥さんと子供を置いて失踪してしまうような人ですが、砂田さんが魅力的に演じられているからか憎めないキャラクターに感じました。

【木村文乃】「お芝居中は“お茶目さ”を抑えめでお願いします」と監督から指摘されるほど砂田さんはチャーミングな方なので、それがパクさんのキャラクターにも反映されているのかもしれませんね(笑)。手話で冗談を仰っているのがわかるほど現場で砂田さんが楽しそうにされてる姿を見て、“素敵な方とご一緒できて良かった”と何度も思いました。

(C)2022映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS


――お芝居の部分で砂田さんから刺激を受けたことはありましたか?

【木村文乃】現場で手話の先生と砂田さんがやり取りしているのを見ていると、「ここが違う」とか「この表現はこのほうがいいんじゃないか」と手話で議論しているのがなんとなくわかるんです。それはすごく参考になりました。というのも、先生から教えていただく手話は丁寧な言葉遣いと似ていて、日常で使われる手話とは少し違ったりするんですよね。

でも手話の先生と砂田さんのやり取りはリアルな手話の会話なので、見ているだけで“こういう風にやればいいんだな”といろいろ気付けたりするんです。そういう意味でとても刺激になりましたし、参考にさせていただきました。

撮影=久保田司

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る