大野城の大自然をバックに!福岡「大野城いこいの森 中央公園」で多彩な遊具を遊び尽くそう

2018年8月29日 16:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

牛頸ダム湖を中心に整備された、福岡県・大野城市「大野城いこいの森」。約36万3000平方メートルと広大な敷地面積を誇り、キャンプ場と水辺公園、スポーツ公園などで構成された大型施設だ。

【写真を見る】ローラー滑り台は高さ20mを豪快に滑る。ローラー式で小さな子どもも安心して遊べる


人気の中央公園は、特に子ども連れのファミリーでにぎわうエリア。アスレチック遊具の豊富さが魅力だ。

公園の中央にある「21世紀の丘」。シンボリックなオブジェが置かれる


アスレチック階段。ローラー滑り台のゴールからスタート地点までの斜面に設置され、楽しく登れる遊具


全長90mのローラー滑り台、木製トリムや斜面ネット登りなどを遊びながら渡る「アスレチック階段」などが園内各所に設けられる。

新たに設置された「ふわふわドーム」。無料で利用できる


2018年4月には新たに巨大トランポリン「ふわふわドーム」が仲間入り。より充実した遊具に、園内では子どもたちが思い思いには遊び回る。また、東屋やベンチも置かれ、パパママも休憩しながら、ゆっくり過ごせるのもいい。

ロープスライダーなど、無料アスレチック遊具が充実


「牛頸ダム」の南側に位置し、牛頸山をはじめ、山々の眺望も見事。ファミリーでにぎわう


さらに、大野城市街地を一望できるなどロケーションは抜群。山間から心地よい涼風が吹き、ピクニックにもピッタリだ。

「21世紀の丘」からの景色。大野城市街地を一望する絶景名所だ


[アウトドアDATA] 期間:通年 / 料金:入場無料 / 予約:予約不要

[大野城いこいの森 中央公園] 福岡県大野城市牛頸481-1 / 092-595-2300(中央公園管理事務所) / 中央公園9:00〜18:00、11〜2月〜17:00 / 月曜休み(祝日の場合営業、翌日休み)、12/27〜1/5休み※7、8月は無休 / 240台(1日/210円) / 車=九州自動車道筑紫野ICより約30分

J.9

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る