ミシュランガイドに掲載!三重県の絶品とんかつと中華料理の名店を紹介!!

2019年5月18日 10:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版」(3240円)が、2019年5月17日(金)に発売。今回は掲載店のなかから、"価格以上の満足感が得られる料理"を提供するレストラン「ビブグルマン」に選ばれた三重県の名店を紹介する。

県外からのファンも多い!ロゼ色がおいしさの証の絶品とんかつ

「とんかつ野崎」(三重県松阪市)の名物は、注文の7割を占める「ひれとんかつ」(1180円)。店主は全国に名を知られた名店「八千代本店」で修業し、その味を忠実に再現している。音、色、時間、油の様子を見極め、約170度でトンカツを揚げていく様はまさに職人技だ。サクサクした衣とジューシーな肉に、店主のすごみが表われている。

【写真を見る】これぞ絶品!「ひれとんかつ」(1180円) / とんかつ野崎

【写真を見る】これぞ絶品!「ひれとんかつ」(1180円) / とんかつ野崎

人気の「ひれとんかつ」はヒレ肉をボール状に丸くカットして低温で揚げるため、中はしっとりレアになる。さらに柔らかいヒレ肉を噛んだ瞬間、洪水のように肉汁があふれだす!まずはなにも付けず、肉の味と衣のサクサク感を堪能したい。

揚がったトンカツは、少し時間を置いてからカット / とんかつ野崎

揚がったトンカツは、少し時間を置いてからカット / とんかつ野崎

すべての画像を見る(4件)

■とんかつ野崎 / 住所:三重県松阪市長月町9 / 電話:0598-23-9126 / 時間:11:30~14:00、17:00~21:00 / 休み:火曜

辛さは4段階から選べる!自家製にこだわった四川麻婆豆腐

四川料理ひと筋に技を磨いた「熊猫飯店(くまねこはんてん)」(三重県四日市市)の店主が作る「麻婆豆腐」(850円)は、吟味して選んだ材料それぞれの味がきちんと感じられる仕上がり。辛さは控えめの小辛からパンチの効いた激辛まで4段階でオーダーできるのが特徴。1時間かけてじっくり炊き込んだ豚挽き肉や、店で粉状にひいている花椒など、料理に使うものはできる限り自家製で用意している。

「麻婆豆腐」(850円)は、しびれを抑えて食べやすさを考慮した、ベーシックな一品 / 熊猫飯店

「麻婆豆腐」(850円)は、しびれを抑えて食べやすさを考慮した、ベーシックな一品 / 熊猫飯店

独自でブレンドした豆板醤、豆チ、花椒、豚挽き肉が味の決め手 / 熊猫飯店

独自でブレンドした豆板醤、豆チ、花椒、豚挽き肉が味の決め手 / 熊猫飯店

■熊猫飯店 / 住所:三重県四日市市芝田1-5-8 / 電話:059-356-5053 / 時間:11:30~15:00(LO14:30)、18:00~22:00(LO21:30)、土曜・祝日 11:30~、17:00~ / 休み:水曜、日曜の昼

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る