「ミシュランガイド」掲載店!名古屋のビブグルマン認定の名店5選

2019年5月19日 8:50更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」が2019年5月17日(金)に発売され、愛知県からも多くの店舗が紹介された。今回はその中でも「ビブグルマン」に選ばれた名古屋の料理店5軒を厳選!ミシュランにも認められた名店の魅力を紹介する。

ビブグルマンって?

「ビブグルマン」とは、ミシュランガイドに導入されている評価基準のひとつ。“価格以上の満足感が得られる”という評価となり、“良質な食材で丁寧に仕上げており、5000円以下で楽しめる”というものだ。

並んでも食べたい!名古屋で味わえる風味豊かな十割そば

鼻に抜けるそばの香りがたまらない!「十割ざるそば(冷)」(800円)/十割蕎麦 七里庵

鼻に抜けるそばの香りがたまらない!「十割ざるそば(冷)」(800円)/十割蕎麦 七里庵

すべての画像を見る(5件)

国産のそばの実を使ったひきぐるみの十割そばが味わえる「十割蕎麦 七里庵」(名古屋市西区) 。看板メニューの「十割ざるそば(冷)」(800円)は、粘りを引き出すため、使用するそばの実の状態に合わせて粉のひき方や打ち方を調整する。「ダシで食べるそば」をコンセプトに、ツユはダシの割合を多くして余分な味付けをしないのもポイント。そうすることで力強いそばの香りを楽しめる。

■十割蕎麦 七里庵 / 住所:愛知県名古屋市西区枇杷島3-19-11 / 電話:052-531-7672 / 時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00※売切れ次第終了 / 休み:月曜、火曜

赤酢のシャリで握る本格江戸前寿司

「たまご」(写真右端、100円)、「赤貝」(同右から2番目、500円)、「本マグロ中トロ」(同左から2番目、400円)、「かすご鯛」(同左端、200円)/鮨屋 とんぼ

「たまご」(写真右端、100円)、「赤貝」(同右から2番目、500円)、「本マグロ中トロ」(同左から2番目、400円)、「かすご鯛」(同左端、200円)/鮨屋 とんぼ

「鮨屋 とんぼ」(名古屋市中区)は、リーズナブルな立ち食い寿司店。東京・日本橋の名店「吉野鮨本店」で修業した店主が赤酢のシャリで握る。価格は100円から500円程度で、カウンターのメニュー札を出して注文するシステムだ。見た目も特徴的な「たまご」(100円)は、玉子焼きをシャリにおおいかぶせるように握る。お値打ちな価格で食べられる「本マグロ中トロ」(400円)も人気だ。

■鮨屋 とんぼ / 住所:愛知県名古屋市中区東桜2-18-30 / 電話:なし / 時間:11:30~14:00、17:00~22:00 / 定休日:日曜、祝日

青ウナギで大人気の行列店

【写真を見る】スタミナ満点な「肝入り上ひつまぶし」(7090円 ※金額の変更あり) / 炭焼 うな富士

【写真を見る】スタミナ満点な「肝入り上ひつまぶし」(7090円 ※金額の変更あり) / 炭焼 うな富士

鶴舞公園の近くたたずむ「炭焼 うな富士」(名古屋市昭和区)。厳選された最高級の肉厚の青ウナギを、たっぷりの備長炭で一気に焼き上げる。表面はカリッと香ばしく、中はふっくら。そのおいしさを、あっさりしていてコクのあるタレが引き立てる。新潟産の硬めに炊かれたご飯との相性も最高だ。大ぶりで脂がのる青ウナギの香ばしさは格別で、深いコクのタレと相まった味わいは並んででも食べる価値あり!

■炭焼 うな富士 / 住所:愛知県名古屋市昭和区白金1-1-4 / 電話:052-881-0067 / 営業時間:11:00〜14:00(LO)、17: 00〜20:00(LO) / 定休日:水曜、第1・3火曜

職人技が光る ワイルドな丼型のひつまぶし

三河一色産のウナギがまるっと1尾入ったボリュームが自慢の「まぶし丼」(3600円)/うな豊

三河一色産のウナギがまるっと1尾入ったボリュームが自慢の「まぶし丼」(3600円)/うな豊

名古屋でも指折りのウナギ料理の老舗として知られる「炭焼きの店 うな豊」(名古屋市瑞穂区)。研究熱心な店長がこだわるのは、まろやかさと香ばしさが両立する絶妙な焼き加減だ。手早く身を開き、注文を受けてから焼くなど、細部に手を抜かないことでウナギ本来のおいしさを引き立てている。三河の醤油を使ったタレは長年にわたって熟成させたもので、コク深くまろやか。炊きたてご飯も自慢で、いつもアツアツが味わえる。

■炭焼きの店 うな豊 / 住所:愛知県名古屋市瑞穂区豊岡3-40 / 電話:052-851-2632 / 営業時間:11:00〜14:00、17:00〜21:00(LO20:30)、日曜・祝日11:00〜15:00(0 LO14:30)、16:30〜21:00(LO20:30) / 定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

国産食材にこだわり素材の旨味をギュッと凝縮

「焼餃子(7個)」(380円)/天一

「焼餃子(7個)」(380円)/天一

海外で30年近く飲食業に携わった店主が営む餃子専門店「天一」(名古屋市西区)。世界の味を研究して、あえての和風餃子にたどり着いた。八角以外はすべて国産の素材にこだわった「焼餃子(7個)」(380円)のあんは、野菜と肉が半々。薄めの皮で包み、水を少なめにして香ばしく焼き上げている。ニンニクは別添えなのでランチでも臭いが気にならないのも嬉しい。

■天一 / 住所:愛知県名古屋市西区天塚町1-73-2 レインボー天塚1F / 電話:052-521-4101 / 時間:11:30~14:00、17:30~23:00(LO22:00)、日曜は17:30~22:00(LO21:00) / 休み:木曜、第3水曜

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る