ラーメンWalker九州と西鉄電車がコラボ!「ラーメンはしごきっぷ」10/1発売

2019年9月30日 15:00更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

西日本鉄道では、2019年10月1日(火)より、ラーメンWalker九州とタイアップした企画乗車券「ラーメンはしごきっぷ」を販売する。このきっぷは西鉄電車の往復割引乗車券とラーメン券2杯分がセットになったもので、ラーメンWalker九州が厳選した人気店や老舗、オープンしたばかりの注目店など沿線の計20店舗が対象だ。

このきっぷには福岡版と久留米版の2種類があり、行きたいエリアに合わせてきっぷを選択することができる。また、対象エリアは乗り降り自由となっており、好きなラーメン店をお得にはしごすることができる。このお得なきっぷを利用して、天神大牟田線沿線の美味しいラーメンを楽しもう!

西鉄電車「ラーメンはしごきっぷ」の概要


■発売日 2019年10月1日(火)

■内容「ラーメンはしごきっぷ【福岡版】」 / 往復乗車券(発売駅~西鉄福岡(天神)駅)※大橋駅~福岡(天神)駅間は乗り降り自由 / ラーメン券(2杯分) / 井尻駅~大牟田駅の各駅で発売 / 1560円〜

「ラーメンはしごきっぷ【久留米版】」 / 往復乗車券(発売駅〜西鉄久留米駅または花畑駅)※西鉄久留米駅〜花畑駅間は乗り降り自由 / ラーメン券(2杯分)※どちらも大人券のみの販売 / 西鉄福岡(天神)駅~櫛原駅の各駅、および試験場前駅~大牟田駅の各駅で発売 / 1440円〜

■有効期間 往復乗車券…発売当日を含め2日間※乗り降り自由区間の利用は発売当日限り / ラーメン券(2杯分)…当日含め1週間有効

■特典 きっぷを購入する際に1個押されるスタンプを10個集めた方には、西鉄特製どんぶりプレゼント!※どんぶりは、後日郵送

「ラーメンはしごきっぷ・福岡版」が利用できる店 10店


■「博多ラーメンShin-Shin 天神本店」(煮たまご入りラーメン) / 西鉄福岡(天神)駅

博多らーめんShin-Shin 天神本店 / 煮たまご入りラーメン


昼夜問わず大行列ができる天神エリア名物店。屋台出身の店主が作る王道の博多ラーメンが楽しめる。クリーミーな豚骨と極細麺の相性バツグン。

「博多ラーメンShin-Shin 天神本店」福岡市中央区天神3-2-19 / 092-732-4006 / 11:00~翌3:00(LO2:30) / 日曜休み / 28席(カウンター12、テーブル16)

■「博多純系豚骨らーめん まんかい 天神親不孝通り店」(純とん(純系博多らーめん)) / 西鉄福岡(天神)駅

【写真を見る】博多純系豚骨らーめん まんかい / 純とん


親不孝通りに19年7/11オープン。「純とん」「潮とん」「トマとん」の、"革新博多ラーメン"が楽しめる。店内はシャレたカフェのようなしつらえ。

[博多純系豚骨らーめん まんかい 天神親不孝通り店]福岡市中央区天神3-4-14 / 092-406-6811 / 11:00~23:00(LO) / 第1・3火曜休み / 33席(カウンター23、テーブル10)

■「博多一幸舎 西中洲店」(ラーメン) / 西鉄福岡(天神)駅

博多一幸舎 西中洲店 / ラーメン


熟成追い炊き製法で作る"元祖泡系"ラーメンの人気店。西中洲店はオープンキッチンスタイルで、羽釜でスープをブレンドする様子が見られる。

[博多一幸舎 西中洲店]福岡市中央区春吉3-11-18 / 092-741-7771 / 11:30~翌3:00(LO2:50)、日曜~翌2:00(LO1:50) / 休みなし / 19席(カウンター11、テーブル8)

■「めんくいや 薬院本店」(お得ラーメン) / 薬院駅

めんくいや 薬院本店 / お得ラーメン


19年で開業40周年を迎えた博多ラーメンの実力派。臭みを徹底的に取り除いたスープは女性にも好評。柔らかい豚バラチャーシューも定評がある。

[めんくいや 薬院本店]福岡市中央区渡辺通2-3-27待鳥ビル1階 / 092-712-9551 / 11:00~24:00、土日祝日~23:00 / 休みなし / 33席(カウンター10、テーブル23)

■ 「中華そば まるげん」(つけそば) / 西鉄平尾駅

中華そば まるげん / つけそば


中華そば まるげん / つけそば


福岡における魚介系ラーメンのパイオニア的存在。豚骨、鶏のモミジ(足)を炊く肉系に、煮干し主体の魚介ダシ、さらに昆布などの和風ダシを合わせる。

[中華そば まるげん]福岡市中央区平尾2-2-18 シティマンション1階 / 092-522-8848 / 11:30~23:30、日曜祝日~23:00※売り切れ次第終了 / 月曜休み / 16席(カウンター8、テーブル8)

■ 「らーめん酒場 八十一」(ラーメン+トッピング1種) / 西鉄平尾駅

らーめん酒場 八十一 / ラーメン+トッピング1種


ランチ営業あり、夜は翌5:00まで営業する使い勝手のいいラーメン居酒屋。ラーメンはホウレン草、ウズラの卵、海苔などをのせた豚骨醤油系。

[らーめん酒場 八十一(ヤソイチ)]福岡市中央区薬院4-3-12 / 092-523-8080 / 11:30~16:00、18:00~翌5:00(LO4:00) / 日曜休み / 20席(カウンター8、テーブル12)

■「麺屋 我武者羅」(半熟味玉ラーメン) / 高宮駅

麺屋 我夢者羅 / 半熟味玉ラーメン


19年5/1にオープンした野間の最新豚骨ラーメン店。羽釜炊きスープは香り高く濃厚。¥200、300、400のつまみをそろえる気軽な麺酒場としても使える。

[麺屋 我武者羅]福岡市南区野間4-4-35 / 092-287-6836 / 11:00~15:00、17:00~24:00(LO23:30) / 不定休 / 12席(カウンター8、テーブル4)

■「呼び戻しとんこつ 光四郎」(光四郎ラーメン+替え玉(チャーシュー・ネギつき)) / 大橋駅

呼び戻しとんこつ 光四郎 / 光四郎ラーメン+替え玉(チャーシュー・ネギ付き)


煮込み時間、濃度の異なる複数の釜のスープをブレンドする久留米伝統"呼び戻し"を取り入れた店。豚骨を継ぎ足し煮込むスープは深いコクがある。

[呼び戻しとんこつ 光四郎]福岡市南区大橋2-11-14 西村ビル1階 / 092-511-1717 / 11:30~15:00、18:00~翌1:00、金土祝前日の夜は19:30~翌2:00、日曜は昼のみ営業 / 木曜不定休 / 16席(カウンター6、テーブル10)

■「博多玉」(DAMAの半熟玉子ラーメン) / 大橋駅

博多玉 / DAMAの 半熟玉子ラーメン


脂を抑えたあっさり豚骨、自家製細麺のスタンダードな博多ラーメンが楽しめる。辛いもの好きは、シビれる"辛玉"も。サイドメニューはシャケ丼が推し。

[博多玉]福岡市南区大橋1-14-8 / 090-4772-5328 / 11:00~16:00、18:00~24:00(各LO) / 日曜休み、月曜が祝日の場合月曜休み / 14席(カウンター8、テーブル6)

■「海豚や 大橋店」(らーめん) / 大橋駅

海豚や 大橋店 / らーめん


具も個性的な豚骨醤油でブレイクし、深夜まで客が途切れない名店。濃厚な豚骨スープには、黄金色の鶏の上澄み油「鶏油」を隠し味で加えている。

[海豚や 大橋店]福岡市南区大橋2-12-12 / 092-552-7666 / 11:30~翌3:00 / 休みなし / 20席(カウンター8、テーブル12)

「ラーメンはしごきっぷ・久留米版」が利用できる店 10店


■「大栄ラーメン」(特製ラーメン) / 西鉄久留米駅

大栄ラーメン / 特製ラーメン


豚骨100%のあっさりスープに、豚脂の揚げ玉「カリカリ」がのる、古の久留米ラーメンが食べられる。表面を香ばしく炙るホルモンもラーメンと並ぶ名物。

[大栄ラーメン]福岡県久留米市東町30-25 馬場ビル1階 / 0942-39-3977 / 11:30~15:00、17:30~21:30 / 月曜休み / 20席(カウンター8、テーブル12)

■「花畑丸福」(ラーメン+替え玉) / 西鉄久留米駅

花畑丸福 / ラーメン+替え玉


30年以上の歴史を誇る店が、16年にシティプラザ近くに移転。伝統の継ぎ足し手法で作るラーメンや、同じスープがベースのチャンポンも好評。

[花畑丸福]福岡県久留米市六ツ門町21-1 / 0942-39-0344 / 11:30~15:30、17:30~22:30(LO各30分前) / 木曜休み / 19席(カウンター4、テーブル15)

■「久留米ラーメン道 麺志」(ラーメンセット) / 西鉄久留米駅

久留米ラーメン道 麺志 / ラーメンセット


気鋭の若手店主が濃厚豚骨を追求する一軒。豚骨を継ぎ足し煮込む"呼び戻し"で重厚感のあるスープを取る。サブメニューはダルム丼や高菜飯がテッパン。

[久留米ラーメン道 麺志]福岡県久留米市東町39-2 / 0942-65-8543 / 11:00~15:00(LO14:30)、18:00~24:00(LO23:30)、日曜祝日夜は~22:00(LO21:30) / 休みなし / 18席(カウンター10、テーブル8)

■「らーめん八」(ラーメン+替え玉) / 西鉄久留米駅

らーめん八 / ラーメン+替え玉


「太宰府八ちゃんラーメン」で修業した店主が営む激込み店。自慢の一杯は、ゲンコツを強火で炊き、背脂を加えたパンチ力が持ち味。焼き飯も人気。

[らーめん八]福岡県久留米市東合川5-6-11 / 0942-44-5995 / 11:30~14:30、17:30~22:00 / 水曜、第3木曜休み / 27席(カウンター9、テーブル18)

■「潘陽軒 本店」(ラーメン) / 西鉄久留米駅

潘陽軒 本店 / ラーメン


1948(昭和23年)創業と、現存する久留米ラーメンのなかでも古株。豚骨と鶏ガラをブレンドする昔ながらのあっさりラーメンにファンが多い。

[潘陽軒 本店(バンヨウケン)]福岡県久留米市六ツ門町7-52 / 0942-35-2237 / 11:30~14:30、17:30~翌2:00 / 月曜、第2日曜休み / 24席(カウンター12、テーブル12)

■「モヒカンらーめん 味壱家」(モヒカンらーめん) / 花畑駅

モヒカンらーめん 味壱家 / モヒカンらーめん


豚頭とゲンコツから旨味を取り、辛ダレ「モヒレッド」がアクセントを加える独創的な一杯。モヒカンの店主やスタッフのこまやかな接客も好評だ。

[モヒカンらーめん 味壱家]福岡県久留米市津福本町221-11 / 0942-39-6786 / 11:30~20:30(LO) / 第3水曜休み / 24席(カウンター6、テーブル18)

■「らーめん二刀流 真麺 武蔵 津福店」(レモンらーめん) / 花畑駅

らーめん二刀流 真麺 武蔵 津福店 / レモンらーめん


和食出身の店主が、五輪の書にちなみ5種のラーメンで勝負する。豚骨ベースの麺のなかでも、女性人気が高いのが個性派「レモンらーめん」。

[らーめん二刀流 真麺 武蔵 津福店(シンメン タケゾウ)]福岡県久留米市津福今町238-1 / 0942-80-6698 / 11:00~22:00(LO) / 月曜休み / 47席(カウンター19、テーブル28)

■「拉麺 久留米 本田商店」(ホンダラーメン1号「純味」(半熟煮卵入り)) / 花畑駅

拉麵 久留米 本田商店 / ホンダラーメン1号「純味」


継ぎ足し続ける"呼び戻し"スープに、強いコシが自慢の「自家製麺」、そしてトロトロの「自家製焼豚」。これぞ"王道"と呼ぶにふさわしい「久留米とんこつ」。

[拉麺 久留米 本田商店]福岡県久留米市南3-27-29 / 0942-55-4065 / 11:00~15:00、18:00~22:00 / 木曜休み / 35席(カウンター7、テーブル10、座敷18)

■「久留米ラーメン 清陽軒 本店」 (屋台仕込みラーメン(並)) / 花畑駅

久留米ラーメン 清陽軒 本店 / 屋台仕込みラーメン


1952(昭和27)年に屋台から始まった久留米ラーメンの代表格。「屋台仕込みラーメン」ほか、ラード不使用の「すっぴんラーメン」の豚骨2本柱。

[久留米ラーメン 清陽軒 本店]福岡県久留米市諏訪野町1798-6 / 0942-32-9736 / 11:30~21:30(LO)、土日祝11:00~22:00(LO) / 第3火曜休み、元日休み / 66席(カウンター22、テーブル20、小上がり24)

■「ラーメン龍の家 上津店」 (とんこつ こく味) / 花畑駅

ラーメン龍の家 上津店 / とんこつ こく味


99年に久留米で創業し、今やロサンゼルスや東京都内にも店を構える実力派。コクと旨味が凝縮された豚骨スープと自家製麺の相性は抜群だ。

[ラーメン龍の家 上津店(タツノヤ)]福岡県久留米市上津1-2-1 / 0942-22-7811 / 11:00~15:00、18:00~22:00 / 火曜休み / 48席(カウンター24、テーブル12、座敷12)

九州ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全21枚)

キーワード

ページ上部へ戻る