東京・八王子市のご当地麺を名古屋で!秘伝の醤油ダレで作るさっぱり系ラーメン

2019年11月16日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

栄4丁目にあった「東京八王子ラーメン 八麺」が錦3丁目に移転オープンしてできた「麺や 玄八(げんぱち)」(名古屋市中区)。東京・八王子市出身の店主が東海地区の人にも食べやすい、ご当地の味にこだわった八王子ラーメンの専門店だ。今回は、同店で食べられる秘伝の1杯を紹介する。

朝5時まで営業しており、掘りごたつ式の座敷席でゆったりくつろげる

朝5時まで営業しており、掘りごたつ式の座敷席でゆったりくつろげる

刻みタマネギをトッピングしたさっぱり醤油味の定番ラーメン

醤油ダレと刻みタマネギがクセになる、看板メニューの「八王子ラーメン」(680円)

醤油ダレと刻みタマネギがクセになる、看板メニューの「八王子ラーメン」(680円)

すべての画像を見る(3件)

人気メニュー「八王子ラーメン」(680円)は、旨味の深い豚骨、鶏ガラ、魚介のトリプルスープに秘伝の醤油ダレ、刻みタマネギの甘味で仕上げた自慢の1杯。八王子ラーメンのかなめであるタマネギは、その時1番おいしい産地のものを厳選している。辛味が少なく、食感がいいのもこだわりだ。+80円でタマネギ増しもできる。また、卓上にある豆板醤(トウバンジャン)ベースの特製辛味噌・赤玉を入れるのもおすすめだ。刺激的な味の変化が楽しめる。

辛いもの好きにはたまらない、旨辛麺もおすすめ!

【写真を見る】「味噌麻婆麺」(880円)は、モチモチの太麺と旨辛麻婆豆腐の相性が抜群の1品!

【写真を見る】「味噌麻婆麺」(880円)は、モチモチの太麺と旨辛麻婆豆腐の相性が抜群の1品!

熟成秘伝味噌を使った旨辛麻婆豆腐とモチモチの太麺が好相性の「味噌麻婆麺」(880円)。辛さは5段階まで調整可能で、好みの辛さで味わうことが出来る。

東京・八王子で誕生した味を、ぜひ名古屋で堪能しよう!

■麺や 玄八(げんぱち) / 住所:愛知県名古屋市中区錦3-17-3 M-1 NISHIKI / 電話:090-2310-8889 / 時間:19:00~翌5:00(LO 4:30) / 休み:日曜

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る