ブタとヒツジどちらがお好み!?全国的にも珍しい、名古屋の“二毛作”ラーメン店

2019年11月15日 17:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2018年11月にオープンした「羊麺めぇ~でん」(名古屋市中村区)は、全国でも珍しい羊麺の店だ。同店が、2019年6月からG系のラーメンを携えパワーアップ!土日に営業する「羊麺めぇ~でん」に加えて、火曜から金曜までは、G系ラーメン店「ラーメン豚」(名古屋市中村区)の営業を始めた。多彩な飲食店経験を持つ店主が、豚と羊それぞれの個性を生かした調理法やスパイス使いで、存在感のある味を創作する。

丁寧な仕込みや調理法の工夫などで、素材の旨味を引き出すのが得意な店主の福島好優さん / 羊麺めぇ~でん、ラーメン豚

丁寧な仕込みや調理法の工夫などで、素材の旨味を引き出すのが得意な店主の福島好優さん / 羊麺めぇ~でん、ラーメン豚

今年オープン!平日限定の個性派G系ラーメン

2019年6月にオープン。火曜から金曜にかけて営業する「ラーメン豚」で食べられるG系ラーメンが、「小ラーメン」(税込 600円)だ。クリーミーな豚骨スープにうどん並みの極太麺250gで、小とはいえど重量級。醤油で炊いた背脂や選べるチャーシューもこだわりの1つだ。

G系の店主自信作「小ラーメン」(税込 600円) / ラーメン豚

G系の店主自信作「小ラーメン」(税込 600円) / ラーメン豚

すべての画像を見る(4件)

土日は別業態に!

土日は、100%羊ガラを使用した羊麺の店「羊麺めぇ~でん」に様変わり。ラムのガラを贅沢に使った「羊の汁なし担々麺」と「羊つけ麺」(各税込 900円)の2本柱で営業している。

「羊の汁なし担々麺・羊のロースト付き」(税込 900円)は、羊肉独特の香りを絶妙なスパイス使いで引き立てる、唯一無二の味。自慢の羊スープを入れて汁ありにもできる。羊モモ肉のローストや2種類のチャーシューも旨い。

【写真を見る】ラムのガラを使用した唯一無二の味を堪能しよう「羊の汁なし担々麺・羊のロースト付き」(税込 900円) / 羊麺めぇ~でん

【写真を見る】ラムのガラを使用した唯一無二の味を堪能しよう「羊の汁なし担々麺・羊のロースト付き」(税込 900円) / 羊麺めぇ~でん

■ラーメン豚、羊麺めぇ~でん / 住所:愛知県名古屋市中村区烏森町1-122-2 / 電話:052-886-0241 / 時間:11:00~14:00、17:00~21:00(各LO)※食材がなくなり次第終了、火~金は「ラーメン豚」、土日は「羊麺めぇ~でん」として営業 / 休み:月曜

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る