超行列の“豚骨カプチーノ”から“非豚骨勢”まで!博多でオススメのラーメン5選

2017年12月28日 12:00更新

九州ウォーカー 久保田 学

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

地元民を唸らせる麺処が点在する博多には、主流のド豚骨から味噌、鶏、つけ麺とバリエーション豊かな5軒がそろい踏み!自信をもってイチオシする旨い一杯をご堪能あれ。

駅前でクリーミー豚骨に舌鼓み!「博多 牧商店」

「博多 牧商店」の「白とんこつ」(600円)。とろみのある豚骨100%スープが美味

全ての画像を見る(11件)

【写真を見る】ランチタイムはラーメン+チャーハンのセットが850円

2017年7月にオープンした「博多 牧商店」。店前に置かれた大きな寸胴が営業中の目印となる。「白とんこつ」(600円)をはじめとする3種類のメニューは、豚の頭やゲンコツを大量に使い、砕きながら煮込んでいく濃厚なスープが持ち味だ。こす作業を徹底しているため、重厚感がありながら口当たりはなめらかで、ほんのりとした甘さを感じる。シンプルな博多ラーメンらしいビジュアルだが、細ストレート麺にねっとりと絡むスープは、ひと口食べるとその違いが分かるはず。焦がしニンニクのマー油入り、辛ダレ入り(各+50円)にすることも可能だ。ランチタイムはどのラーメンを選んでもチャーハンセットが850円とお得。

[ 博多 牧商店 ]福岡県福岡市博多区博多駅前3-12-3 / 092-710-5619 / 11:00~15:00、18:00~翌3:00(LO) / 休みなし

鶏のすべてが詰まった渾身作「鳥鶏研究団」

「鳥鶏研究団」の「塩ラーメン」(650円※ランチは600円)

ブランド鶏「はかた地どり」のチャーシュー

“鶏のすべてを食べ尽くす”がコンセプトの「鳥鶏研究団」は、「塩ラーメン」(650円※ランチは600円)などの3種類がラインナップ。鶏の旨味を最大限に引き出し、臭みを抑えたスープは、塩・醤油・白湯から選べ、ブランド鶏「はかた地どり」のチャーシューをトッピングする鶏づくしの一杯だ。串料理や一品料理など鶏にこだわったサイドメニューにも注目。

[ 鳥鶏研究団 ]福岡県福岡市博多区博多駅前4-31-11 / 092-516-2347 / 11:30~14:00、18:00~23:00※売切れ次第終了 / 日曜、第1・3月曜休み

旨味重なる“豚骨カプチーノ”「博多一双 博多駅東本店」

「博多一双 博多駅東本店」の「らーめん」(600円)。スープは濃度が高く、旨味が深い

「チャーハン」(500円、ミニチャーハン300円)。売切れ次第終了なので、お早めに

「餃子」(400円)。ひと口サイズでつまみにもいい

ストイックに“究極の直球豚骨ラーメン”を追い求める、うら若き兄弟が腕を振るう意欲店「博多一双 博多駅東本店」。「らーめん」は1杯600円。豚骨を強火でとことん炊き込み、攪拌(かくはん)させながら空気を程よく取り込むスープは、“豚骨カプチーノ”と称される細かい脂泡が特徴だ。すすった瞬間に豚骨本来の旨味をガツンと感じることができ、食べたあとは濃厚豚骨フレーバーの余韻が口に広がる。「博多駅東本店」のほか、深夜まで営業する「中洲店」なども展開し、いずれも行列必至!

[ 博多一双 博多駅東本店 ]福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6 / 092-472-7739 / 11:00~24:00(LO)※売切れ次第終了 / 不定休

味噌ラーメンの名店「博多川端どさんこ」

「博多川端どさんこ」の「特製みそラーメン」(650円)。豚骨スープに味噌ダレがマッチ

肉厚なチャーシューをオン!

川端商店街内に店を構え、創業40年以上になる「博多川端どさんこ」。ラーメンは「しょうゆ」「バター」など3種類があり、なかでも2種類の九州産味噌をブレンドした「特製みそラーメン」(650円)が看板だ。味噌以外にも豚骨、丸鶏、野菜を煮込んだスープを加え、よりコクのある味わいを出す。素材の味を最大限に引き出した、まろやかで優しいスープは毎日でも食べ飽きない。中太縮れ麺のツルっとした喉越し、強火で炒めた野菜のシャキシャキ食感もいい。ちなみに麺は、「やきめし」(600円)との黄金コンビで味わうのが常連客の定番スタイルだ。

[ 博多川端どさんこ ]福岡県福岡市博多区上川端町4-229 / 092-271-5255 / 11:15~19:55、日曜は~19:00 / 火曜、第3月曜休み

高濃度のつけ汁を極太麺で食らう「とまと家」

「とまと家」の「綱場つけ麺」(並780円)。濃厚つけ汁にうなる

備長炭で炙る豚バラチャーシュー

東京の人気つけ麺店からヒントを得て完成させた、オリジナル麺メニューが味わえる「とまと家」。つけ麺専用の小麦粉でコシがあり、喉越し抜群に仕上げた極太麺で食べる「綱場つけ麺」(並780円)が人気だ。豚骨と魚介ベースのつけ汁は、一日中火を絶やすことなくじっくり煮ることで麺にしっかりと絡む高濃度タイプ。豚バラチャーシューは備長炭で炙り、香ばしさをプラスしたこだわりのトッピングがのる。仕上げにカツオ節、サバなどをふんだんに使った魚粉をオンし、ガツンとくる魚介の風味がたまらない。残った汁にカツオダシを入れて味わう、シメのスープ割り(無料)もオススメ。

[ とまと家 ]福岡県福岡市博多区綱場町3-11 / 092-262-5128 / 11:30~14:00、18:00~21:00、土曜は11:30~14:00※スープがなくなり次第終了 / 日曜、祝日休み、土曜は不定休(月2回程度)

博多駅から徒歩圏内とアクセスがよく、普段使いや、福岡を訪れた客をもてなす場としても利用したいラーメン店ばかり。最新豚骨から塩、つけ麺まで、幅広いジャンルのなかからチェックしてみて!【九州ウォーカー編集部/文=久保田学(J.9)】

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る