開校100年 きたれ、バウハウス 造形教育の基礎

開催中

2020年2月8日(土)~3月22日(日)
※月曜(2月24日開催)、2月25日(火)休み

開催時間
9:30~19:00 最終入室18:30
日曜は17:00まで 最終入室16:30
  • 学生達は自由な雰囲気の中で創造力を養った
    フリッツ・シュライバー《学生たち(アトリエのバルコニー) バウハウス、デッサウにて》1932年頃 写真(リプリント) ミサワホーム株式会社蔵

  • 授業で学生が制作した紙の造形
    作者不詳《紙による素材演習 アルバースの授業》制作年不詳、1997年(再制作)紙 ミサワホーム株式会社蔵

  • 金属パイプを用いた歴史的名作椅子
    マルセル・ブロイヤー《クラブ・アームチェア B3(ヴァシリー)》1925年(デザイン)、1928/29年頃(製造、スタンダードメーベル社) スティールパイプ、牛革 ミサワホーム株式会社蔵

  • シンプルかつ力強い名作ポスター
    ヨースト・シュミット《1923年の「バウハウス展」のポスタ−》 1923年 リトグラフ ミサワホーム株式会社蔵 ※オリジナルの展示は2月24日まで

今もなお世界のデザイン界に影響を与えるバウハウスの真髄を知る

1919年、ドイツで建築家ヴァルター・グロピウスにより開校され、2019年にその誕生から100年目を迎えた造形学校「バウハウス」を紹介。バウハウスはナチスの弾圧を受け1933年に閉鎖されるまで、わずか14年という短い活動期間だったが実験精神に満ちあふれ、造形教育に革新をもたらし、今日に至るまでアートとデザインに大きな影響を及ぼしている。本展ではバウハウスの基礎教育を中心に各教師の授業内容を紹介。さらに、そこから発展した様々な工房での成果や資料など約300点を展示。また、バウハウスに入学した日本人留学生である水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝、4名の活動を一堂に紹介する初めての機会だ。

[公式ホームページなど、開校100年 きたれ、バウハウス 造形教育の基礎の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
香川県の天気
本日14℃2℃
明日14℃2℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】香川県 × 美術展・博物展

香川県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

2月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る