石川県で今週末(2月24日・2月25日)に開催されるおすすめイベント8選

最終更新日:

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今からでも間に合う、今週末(2月24日・2月25日)に開催される石川県のイベントの中から、ウォーカープラス編集部が人気のおすすめイベントをピックアップ。

※ イベントが中止になっている場合があります。また、開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

フードピア金沢2024

食材の豊富な冬に、石川の食(FOOD)文化とそれを育てた風土(フード)を満喫できるイベントで、今回で39回目を迎える。今も多く残る金澤町家を散策し、風情ある町家の中で食を楽しむ「金澤町家“食”めぐり」等地域資源を活用した企画に加え、市内ホテル等でも多彩な催しが行われる。また、お家でもフードピアを楽しめるよう、香箱ガニの「カニ面」や甘えびまるごとパスタなどのレシピ動画を公式YouTubeに掲載。

開催場所 金沢市内各地 [地図]
料金 有料。催しにより異なる
開催日

2024年2月1日(木)~29日(木)

催しによって開催日時が異なる

住所 金沢市木ノ新保町1-1

DXP(デジタル・トランスフォーメーション・プラネット) -次のインターフェースへ

Keiken (Morphogenic Angels: Chapter 1) インスタレーション・デザイン
Keiken (Morphogenic Angels: Chapter 1) インスタレーション・デザイン (C)Keiken

アーティスト、建築家、科学者、プログラマーなど、さまざまな分野の専門家が協力して企画された展覧会。AI、メタバース、ビッグデータなど現代のテクノロジーに、アートの視点から焦点を当てる。現代のテクノロジーがどのように進化し、生活や感性にどのような影響を与えるのかを予見する先駆的な作品が展示される。また、テクノロジーが日常生活のあらゆる側面に、どのように組み込まれていくかを示す展示物やコンセプトも紹介される。現代美術を通してテクノロジーの進歩について、より深く理解することができる。

開催場所 金沢21世紀美術館 [地図]
料金 有料。一般(大学生以上)1200円(1000円)、大学生800円(600円)、高校生・中学生・小学生400円(300円)、65歳以上1000円。※( )内は団体料金(20人以上)及びWebチケット料金
開催日

2023年10月7日(土)~2024年3月17日(日)

休館日:月曜(祝日の場合は翌日)10月31日(火)、12月29日(金)~2024年1月1日(祝)、1月4日(木)

予約 予約不要 。日時指定Webチケットは公式サイトにて受付
住所 石川県金沢市広坂1-2-1

輪島・白米千枚田あぜのきらめき

太陽の光をエネルギーに変えて千枚田を美しく彩る
太陽の光をエネルギーに変えて千枚田を美しく彩る 画像提供:輪島市

2万5000個のLED電球(愛称ペットボタル)が、日没を感知すると自動的に明かりが点灯し、夜の千枚田に壮大なイルミネーションがきらめく。2019年度から設置エリアを拡大し、4色に変化する新型ペットボタルを設置。日没前後は混雑が予想されるため、ゆっくり観るなら19:00以降がおすすめだ。

開催場所 白米千枚田 [地図]
料金 入場無料。
開催日

2023年10月21日(土)~2024年3月10日(日)

予約 予約不要
住所 石川県輪島市白米千枚田ハ部99-5

金澤老舗百年展 四の巻

金沢の老舗60店舗が加入する金澤老舗百年會の協力で、各老舗に伝わる生活諸道具をならべた展示会を開催。数か月に一度展示替えが行われ、今回は「四の巻」。

開催場所 金沢市老舗記念館 [地図]
料金 有料。大人100円、高校生以下無料
開催日

2023年11月28日(火)~2024年3月31日(日)

休館日は月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)。入館は16時30分まで。※能登半島地震により、安全及び設備機器等の確認を行うために1/4、5は臨時休館

住所 金沢市長町2丁目2番45号

企画展 あにいもうと―人生の悪を吐きつくせ

作家の中期の名作を多角的に洞察する展示
作家の中期の名作を多角的に洞察する展示 画像提供:室生犀星記念館

小説家として活躍した金沢三文豪の一人、室生犀星(むろおさいせい)。一家の愛憎をむきだしに描いた中期の小説である「あにいもうと」は、名も無き市井の人々の本能をえぐりだし、人間を見つめなおす「市井鬼もの」と呼ばれる作品群を生みだす先駆けとなった。加えて室生犀星の作品のなかで最も多く舞台化、映画化、ドラマ化され、現代にも読み継がれている作品。今回の企画展では、「あにいもうと」の魅力をさまざまな角度から紹介する。

開催場所 室生犀星記念館 [地図]
料金 有料。一般310円、65歳以上210円、高校生以下は無料
開催日

開催中~2024年2月25日(日)

休館日:火曜、2023年12月29日(金)~2024年1月3日(水)は休館

予約 予約不要
住所 石川県金沢市千日町3-22

機具岩ライトアップ

しめ縄で結ばれた「能登二見」がライトアップされる
しめ縄で結ばれた「能登二見」がライトアップされる 画像提供:志賀町商工観光課

能登金剛の代表的な奇岩の一つである機具岩のライトアップイベント。機具岩は、伊勢の二見岩によく似ていることから能登二見とも呼ばれている岩で、夕日の名所としても知られている。

開催場所 機具岩 [地図]
料金 入場無料。
開催日

2023年12月1日(金)~2024年2月29日(木)

予約 予約不要
住所 石川県羽咋郡志賀町富来七海

金沢湯涌夢二館企画展 夢二の新聞小説「秘薬紫雪」

この展覧会では、夢二の絵入小説「秘薬紫雪」を中心に、物語の舞台である会津若松や金沢と夢二の関わりなどについて紹介する。

開催場所 金沢湯涌夢二館 [地図]
料金 有料。一般・大学生310円、団体(20名以上)260円、65歳以上210円、高校生以下無料
開催日

2024年1月20日(土)~4月21日(日)

休館日は毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)。最終入館は17:00。

住所 金沢市湯涌町イ144-1

中川一政 絵画(え)と随筆(ことば)

中川一政は文筆家としても知られ、生涯に多くの随筆を遺している。「画は生きていなければならない」、「感動は物指でははかれない。芸術の世界に物指はいらない」など、その本質を射抜く言葉や喩えは今も私たちの心を捉える。この展示では、中川一政の至言ともいえる言葉や創作にまつわる随筆などを、絵画や書、陶芸作品と共に紹介する。

開催場所 白山市立松任中川一政記念美術館 [地図]
料金 有料。入館料:大人200円、高校生100円、中学生以下無料、団体割引あり
開催日

2023年12月1日(金)~2024年2月25日(日)

月曜日休館(祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始休館(12月29日~1月3日)

住所 白山市旭町61-1
  • ※ 掲載内容は取材時点の情報です。掲載内容は状況により変更になる可能性があります。最新情報は、公式サイト等でご確認ください。
  • ※ 新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

【エリア別】今週末に開催されるおすすめイベント

ページ上部へ戻る