テイクアウトできる愛知の人気ラーメン店5選!定番麺のほか、幻のメニューも楽しめる

2020年5月20日 08:30更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア


テイクアウトでもガッツリ食べたい!「らーめん まるはち 小牧本店」


トロトロ食感のチャーシューの存在感がハンパない「男気まぜ」


ボリュームある極太麺と極厚チャーシューに、パンチの効いたスープで食べ応え抜群のラーメンが好評の愛知県小牧市の名店「らーめん まるはち」も早くからテイクアウトを実施中。イートインメニュー同様、味やボリュームはそのままに、大盛(麺+100g)、各種トッピング(税込110円ほか)、ニンニクの量などの調整も可能だ。

テイクアウトは「男気まぜ」(税込880円、大盛税込930円)や「台湾まぜそば」(レギュラー税込820円、麺と具がダブルサイズ税込1550円ほか)といった、まぜそば中心のスープなしタイプならば注文が可能。店舗の人気メニューをテイクアウト用にリメイクした「男気味噌2食入り」(税込1760円)もある。

味玉入りテイクアウト仕様の「台湾まぜそば」


テイクアウトの一番人気は「男気まぜ」。パンチある醤油ベースの自家製専用ダレで味わうまぜそばで、極太男気麺200gに野菜200g、さらに厚さ約2㎝の男気肉までのる、超ボリューミーな一杯。“男気”の名が付くメニューの一つで、文字通り、店主の男気を感じるガッツリ系麺はもはや店の代名詞でもある。柔らかめに茹でたまるはち極太男気麺に自家製ミンチがよく絡む「台湾まぜそば」も好評。ノーマルのほか、カレー味にもできるので、注文時に伝えよう。テイクアウトは卵黄の代わりに味玉が入るが、自分で卵黄を追加して、イートインメニューを再現してみるのも手だ!

「まるはち」の看板メニュー「男気味噌」も外せない! ※写真は盛り付け例でイメージ(野菜のトッピングは付属しない)


数種類の味噌をブレンドした、甘味のあるコク深い味わいのスープが自慢の看板メニュー、「男気味噌」のテイクアウトバージョンは、家で調理するタイプ。麺とスープにチャーシューが付く2人前のセットで、モヤシなどの野菜を用意すれば、店の味が完成できるというもの。自分好みの具材を用意して、マイ「男気味噌」にカスタマイズするのも楽しそう。

見た目、量共に大迫力の「男気味噌土鍋Ver.」 ※写真は鍋の盛り付け例でイメージ(天ぷらのトッピングは付属しない)


土鍋や鍋などの入れ物を持参すれば作ってくれる「男気味噌土鍋ver.」にも注目。2人前から注文でき、こちらも大盛りやトッピングが可能(ともに有料)。ボリューム満点の「男気味噌」の2倍の量からの注文なだけに、スープの量も当然多くなるので、できるだけ大きな鍋を用意したい。また同メニューは、通常よりも麺を固めに茹でて販売してくれるが、「どんどん伸びていくので、なるべく早く食べてほしい」と店主の八木さんが語るとおり、すぐに味わえる近隣に住む人向け。家族で食べるなど分けて食べたあと、残ったスープにご飯や卵を入れて温め直し、おじやにするのもおすすめ。

持ち帰りの容器代は無料なのでイートインと同価格で楽めるのもうれしい限り。麻婆麺や唐揚げといったテイクアウト専用メニューも考案中とのことなので、気になる人は発売時期など聞いてみよう。

系列店の「らーめん まるはち 春日井店」(住所:愛知県春日井市高山町3-9-3 / 電話:0568-33-8388)でも、同メニューにてテイクアウトを行っている。

■らーめん まるはち 小牧本店 / 住所:愛知県小牧市間々原新田1900-1 / 電話:0568-41-0088 / 時間:11:00~14:00、18:00~20:00 / 休み:月曜日(祝日の場合翌平日) / テイクアウト注文方法:店舗にて注文。※予約不可


いずれの店もイートインと変わらないクオリティの麺が味わえるのはもちろん、店によっては新麺や復活麺といった、今だけのメニューも登場中。テイクアウトをどんどん利用して人気店のラーメンを楽しみたい。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。
商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※各店舗とも新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。
ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約をおすすめします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

この記事の画像一覧(全17枚)

キーワード

ページ上部へ戻る